バリ島ウブド便り

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島到着から空港を出るまでの時間はどのくらい?

バリ島空港での時間

バリ島に到着したら、すぐにでもスパやアクティビティなどに行きたいですよね。
短い旅行日程、1分1秒でも無駄にしたくないです。

 

でもちょっと待ってください!
空港では、入国審査や税関などに時間がかかり、すぐにはホテルに向かう事はできません。
そのため、予約していたスパに間に合わない、なんてこともよく起こっています。

 

今回は、飛行機が空港に到着してから空港を出るまでのおよその時間をご案内します。
この記事を参考にすれば、到着日のスケジュール管理も完璧!
スパに間に合わなくて泣く泣くキャンセルなんてこともありませんよ~

 

<目次>

 

到着から空港を出るまでのおよその時間

飛行機が空港に到着してから空港を出るまでには、

  • 入国審査
  • 預け荷物の受け取り
  • 税関審査

と3つの関門があり、混雑具合によって、すごく時間がかかることがあります。

では、実際どれくらいかかるのか、お客様の体験談をもとにまとめてみました。
(ただし、混雑具合によっては時間にばらつきが出ますので、ご了承ください)

1)午前便の場合

午前中に到着する便はそれほど多くないので、入国審査もそれほど混みあいません。

おおよそですが、到着から空港出発まで1時間程度だそうです。

 

2)午後便の場合

午後になると到着する便もだんだん増えてくるので、入国審査や税関も混雑してきます。

お昼過ぎから3時ごろに到着する便なら、空港出発まで1~1.5時間程度。

夕方になると、さらに混雑が激しくなるので、3時以降の到着便は空港出発まで1.5~2時間くらいを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

3)深夜便の場合

夜中到着の便なら、数も少ないので、それほど混雑しないと思われますが、入国審査の窓口も半分くらいしまっていますので、やはり時間はかかるようです。

夜の10時以降到着する便ですと、空港出発まで1時間程度は見ておいたほうがいいかもしれません。

 

空港出発時間を早くするための対策

このように、入国審査や税関で時間を食ってしまい、到着から空港出発まで時間がかかることがあります。

でも、それを早める方法もあるのですよ。

1)飛行機のビジネスクラスを使う

飛行機のビジネスやファーストなど上位クラスで搭乗すると、座席が搭乗口近くになるので他の方より早く機外に出ることができます。
また、預け荷物も優先的に出してくれるので、荷物待ちの時間も少なくて済みますね。

2)LCCを避ける

Air AsiaなどLCC航空機は、飛行機のゲートが遠かったり、荷物の引き渡しに時間がかかったりします。
なるべく早く飛行場から出るには、LCCではなく、レガシー航空会社(LCCではない航空会社)を選ぶといいでしょう。

特にガルーダインドネシア航空は、インドネシアを代表する航空会社ですので、搭乗ゲートも中央の近い場所になりますし、荷物の引き渡しも早く行われる傾向にあります。

3)飛行機が到着したら、なるべく早く入国審査に向かう

とにかく、早めに入国審査に向かうのがいいでしょう。
途中、トイレによると時間のロスになりますから、トイレは着陸前に機内で済ましておくといいと思います。

4)入国審査の列は日本人が多い列に

入国審査に人が並んでいたら、並んでいる人をチェックしてみましょう。
実は、日本人は他の国の方に比べ、入国審査の時間が短いのです。
多分、日本という国の信用度の問題かと思います。

ですので、もし行列ができていたら、日本人が多い列を選ぶといいかもしれないですよ。

5)60歳以上と子連れの方は専用ゲートへ

入国審査の窓口ですが、60歳以上の方と、小さなお子様連れの方は専用ゲートがあります。
そちらは、ほとんど混雑がなく、スムーズに入国審査が受けられます。

シニアの方や、お子様連れの方は、ぜひそちらの専用ゲートを利用してみましょう。

6)預け荷物には目印を

機内に預けた荷物は、専用コンベアーに流れてきますが、似たような荷物が多いので、自分の荷物を見失う事があります。
見失っても、コンベアーに乗ってまた来るのですが、時間のロスとなります。
自分の荷物がすぐにわかるように、目立つマークなどがあるといいですね。

また、荷物が2つ、3つと複数あると、すべてバラバラに出てきますので、荷物はなるべくまとめて1個にしておくのもいいでしょう。

7)税関申告書は機内で書いておきましょう

バリ島では入国審査に使う入出国カード(EDカード)は廃止されありませんが、税関で使う税関申告書はまだ提出しなくてはいけません。

よく、税関の前で申告書を書いている旅行者を見かけますが、これも時間の無駄ですね。

税関申告書は、たいてい機内で配られますので、飛行機内で必要事項をすべて書いておくと時間のロスがなくなります。
もし、機内で配られなかったら、CAさんに機内に置いていないか聞いてみましょう。

 

 まとめ

飛行機は電車やバスとは違い、入国審査や税関審査などがあるため、到着してから空港を出るまでに早くても1時間、長ければ2~3時間かかることがあります。

この時間をなるべく短くするための裏技的なものもありますが、それでも夕方の混雑時では2時間以上かかるのです。

タイトなスケジュールの中、到着したらすぐにスパやレストランに行きたいのはよくわかりますが、空港出発までの時間も考えて、到着日はなるべく予定を入れずに、臨機応変に立ち回ることをお勧めします。