バリ島ウブド便り

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

失敗しないホテル選びは目的や計画にあったエリア選択が大切

バリ島のホテル選びは旅の目的や計画にあったエリア選びが重要

ホテルがたくさんあって選べない!
ホテル選びに失敗して後悔したくない
どういうポイントでホテル選びをしていいのかわからない

 

バリ島旅行で、こんなホテルの悩みをお持ちの方多いですよね。

 

バリ島は、世界的なリゾートエリア。
ホテルも小さな民宿やホステルから’5つ星、6つ星といった超高級ホテル、ヴィラまで無数にあります。
そんなたくさんのホテルの中から、最適なホテルを選ぶのは、本当に至難の業かと思います。

 

かくゆう、私もツーリストのころはホテル選びに悩んだものです。

ホテル選びは楽しい作業でもありますが、同時に悩みどころでもあります。

特に、20~30代のカップル旅行だと、お互いの好みや主張、意見があり、ホテル選びでお互いの中が険悪になる・・・なんてこともあります。

 

では、失敗しないホテル選びはどうやったらいいのか?

 

旅行の目的、計画を明確にし、それに合ったホテルエリアを選ぶこと
これが、まず最初にやらなくてはいけない事であり、もっとも大切なことだと思います。

 

それはなぜでしょう?

まず、バリ島の中で観光客向けのホテルは何か所かのエリアに集まっています。
そして、そのエリアはそれぞれ違った特徴、キャラクターを持っています。
例えばウブドだったら静かな山間のエリア、クタは夜遊び好きが集まる派手なエリア
といったように・・・

そして、旅行の目的に合わないエリアのホテルを選択してしまうと、旅行の効率が悪くなります
ビーチで遊びたいのに、山間のエリアを選んでしまったら、ビーチまで移動しなくてはいけませんよね?

このように効率が悪くなると、時間もお金も余計にかかってしまったり、最悪やりたいこと、行きたいところといった希望が叶えられなくなってしまうのです。
だから、旅行の目的や計画にあったエリアの選択がホテル選びで最も大切な事なのです。

旅行の目的、計画にぴったり合ったエリアのホテルを選べば、やりたいこと、行きたいことがすべて満足でき、一生心に残るバリ島旅行が実現できるのです。

 

ということで、今回はバリ島旅行でのホテル選びの第一歩、エリア選びの方法や注意点などについてまとめさせていただきます。

特に、バリ島が初めてという若いカップルの方々に参考にしていただきたいと思います。

 

<目次>

 

旅行の目的を整理しよう

 

旅行の目的を整理しよう

まず最初にやっていただきたいことは、旅行の目的を整理することです。

このバリ島旅行は、だれと何のために行くのか?
そして、その目的を達成するには、どこで何をするのか?
こんなことをリスト化して考えてみましょう。

 

例えば・・・

旅行の目的
いつも忙しくて、ゆっくりとできない彼とバリ島でのんびりリフレッシュする

行きたいこと・やりたいこと

  • ホテルのプールでのんびりと日光浴
  • 二人で夕方のビーチを散歩
  • 長時間のスパで体をリフレッシュ
  • おいしいインドネシア料理を食べ歩き
  • 可愛い雑貨を買う

 

やりたいこと、行きたいところをリストアップするとき、絶対に詰めすぎないように気を付けてください。
あれもやりたい、これもやりたいと考えてしまうと、ついつい、オーバーロードになりがちです。
旅行の目的から外れない事に絞るようにしましょう。

リストに優先順位をつけたり、絶対に外せないことを決めておくと、作業しやすいと思います。

それと、このリスト化の作業は絶対、パートナーと一緒に行ってくださいね。
一人でやっていくと、聞いてなかったとか、勝手に決めて、なんて喧嘩のもとになりますよ。
また、一緒に決めていくと、バリ島に行くんだという期待感がどんどん高まり、ワクワクしてきますよ。

 

行きたいところをマッピングしよう

行きたいところを地図にマッピング

行きたいこと、やりたいことが決まったら、それをバリ島の地図にマッピングしていきましょう。

Google-Mapなどを使い、マッピングしていくとすごくわかりやすいと思います。
また、Google-Mapなら、経路や距離、移動時間もわかるので、計画も立てやすいと思います。

Google-Mapの使い方はこちらのサイトをご覧ください。

Google Mapの使い方(公式ヘルプページ)

Google Map使い方解説一覧(できるネット)

 

こうやってマッピングしていけば、どこのエリアのホテルを選んだら一番効率的かわかってきます。
これで、まずホテルエリアを大体絞り込んでいきましょう。

 

ホテルエリアの特色が目的に合うか確認しよう

バリ島のエリアは各々違った特徴があります

 マッピングにより、一番効率の良いエリアを選んだとしても、まだ安心はできません。
バリ島の各エリアにはそれぞれ個性があり、その個性と、旅行の目的が合わないと、満足いく旅行はできないのです。

例えば、ホテルでのんびりリフレッシュしたい、という目的でクタエリアを選んだとしましょう。
クタエリアは、どちらかというと積極的にホテル街に出て街歩きや夜遊びを楽しむ場所。ちょっとホテルステイはもったいない、となるわけです。

ここでは、代表的なエリアの特徴(キャラクター)を説明しますので、マッピングで選んだ場所が、旅行の目的に合っているか確認してください。
もし、あっていなければ、また別の場所を探した方がいいと思います。

 

ヌサドゥエリア

ヌサドゥアエリアは、政府主体で開発されたリゾートエリア。

特にBTDC(Bali Tourism Development Corporation)と呼ばれるエリアは、高い塀と3か所のセキュリティーエリアで完全に外科医と分断された高級リゾートです。
このエリア内には、高級ホテルやショッピングモール、レストランしかありませんので、街歩きやローカルフード探しには向いていません。

ホテルにこもって、のんびりと過ごすという事でしたらお勧めできますが、積極的なアクティブ派には、物足りなく感じるでしょう。

 

ジンバランエリア

ヌサドゥエリアと空港に挟まれたこのジンバランエリアは、特にサンセットの美しさでは定評があります。
そのため、ホテルの大半は、ビーチを望む形で作られ、海に沈むサンセットを見ながらまったり過ごすのに適しています。

しかし、ホテルの周りには、ローカルの民家やお店が並ぶだけ。
スパやレストランもありますが、とても歩いて行ける距離ではありません。
街歩きは楽しめませんが、ホテル前のビーチでまったり遊ぶにはいいかもしれませんね。

また、空港に近いという事で、到着日や最終日にスポット的に使う方もいらっしゃいます。

 

クタ・レギャンエリア

このエリアがバリ島では一番華やかなエリアになります。
街中には、ショッピングモールやクラブ、ディスコが並び、ビーチではサーフィンスクールが開催されています。
また、ちょっと裏道に入れば安い食堂や怪しげなお土産屋さんと、混とんとしたアジアンリゾートそのものです。

ショッピング、グルメ、マッサージ、そして夜遊びや街歩きなどが大好きな若い方にはとても魅力的な街です。
しかし、その分騒がしく、治安も少々気を付けなくてはいけないレベルです。

 

スミニャック・クロボカンエリア

クタ・レギャンエリアから北に上がったスミニャック・クロボカンエリアは、クタエリアほど騒がしくはありませんが、ハイセンスでおしゃれなお店やレストランがそろった街です。

特にクロボカンエリアは、「ここってバリ島?」と思えるほど、ハイセンスなお店が多く、街歩きも楽しくなってしまいます。

他のエリアに比べ少々物価は高く感じますが、おしゃれな旅行を楽しみたいという方にはうってつけの街と言えるでしょう。

 

チャングーエリア

チャングーエリアはサーファー天国エリアです。

安定した波が打ち寄せるチャングービーチは一年中サーフィンが楽しめるので、主にサーファーたちが集まってできた街です。
そのため、街の中にはサーファーや若い方たちが喜びそうなおしゃれなレストランやカフェが多く、またナチュラルフードやオーガニックフードも揃っています。

海が好き、サーフィンが好きという方には本当に楽しい街ですが、その反面、他には何もないといったのが現状です。
ですので、海好きの方以外はあまりお勧めできないエリアでもあります。

 

サヌールエリア

サヌールはバリ島の中でも最初に開けたリゾートエリアです。

街を南北に走るタンブリンガン通りを中心にホテルやレストランが広がっていますが、町全体が落ち着いていて、どちらかというとシニア層向けの街と言えます。
バーなどもありますが結構早い時間にしまってしまうので若い方には物足りないと感じるかもしれません。

しかし、このサヌールは位置的に空港やクタなどにも近く、さらにウブド方面にもアクセスが良いため、いろいろな場所に観光に行くにはよい場所とも言えます。
ウブドをはじめ、キンタマーニや東部バリなどいろいろな場所に観光に行きたいという方にはよい場所かと思います。

 

ウブドエリア

ウブドエリアは他のエリアと違い、空港から1時間以上離れた山間部にある街です。

大変小さな町で中心部は日中混みあいますが、周囲には田んぼや渓谷など自然が広がる美しい街です。
古くから芸術の街として毎晩、伝統舞踊や音楽の公演が行われています。
また、最近ではヨガの聖地として多くのヨギーニが集まる場所でもあります。

短期旅行では、ちょっと滞在するのは難しいかもしれませんが、ウブドの魅力にはまってしまい、ヘビーリピーターになる人が多くいるように、不思議な魅力がある街です。

ビーチや街で遊ぶより、伝統的な文化や宗教、そしてヨガに興味のある方にお勧めの街と言えます。

 

まとめ

今回は、バリ島のホテル選びで最も大切なエリア選択についてお話ししました。

簡単にまとめますと

  • エリア選びをする前に、旅行の目的ややりたいこと(ToDo)を整理しよう
  • 目的やToDoを基に行きたいところを地図上にマッピングする
  • マッピングから最適なエリアを選ぶ
  • エリアの特徴を見て、旅行の目的に合っているかを確認する

というステップで、最適なホテルエリアを選択してからホテルを選ぶと、失敗のないホテル選びができると思います。

それでは、最高のホテルで最高のバリ島旅行をお楽しみください。

 

 

 

 

 

バリ島で両替!やり方や注意点、おススメの両替所BEST3をご紹介

バリ島で両替!やり方や注意点おススメの両替店Best3などご紹介

バリ島のあるインドネシアでは法律により国内での支払いはルピア以外はできなくなっています。
そのため、バリ島を旅行するには日本円からルピアへの両替が必要なのです。

海外旅行やバリ島旅行が初めてだったり、経験が浅い方だと

「両替ってどこでやったらいいのだろう?」

「いつ、いくらくらいしたらいいのかしら?」

「両替詐欺の話をネットで見たけど大丈夫かなぁ」

といった不安があると思います。

ここでは、そんな不安を解決するために、両替の方法や騙されないための注意点、そしておススメの両替所BEST3、さらにクレジットカードなどについての情報等をご紹介します。

両替は正しい知識がないと騙されたり損をしてしまう事があります。
情報をしっかりと自分のものとして、楽しいバリ島旅行にしてください。

 

<目次>

 

 

インドネシアの通貨について

両替の話をする前にインドネシア・バリ島の現地通貨について説明します。

通貨単位はルピアです

日本の通貨単位は円(えん)ですが、インドネシアの通貨単位はルピアです。
ルピアは省略して Rp とか IDR とも書かれます。

時々、ルピーと言っている方がいますが、それはインドの通貨単位ですので、お間違えの無いように。

 

紙幣とコインの種類

紙幣はRp100,000(10万ルピア)、Rp50,000(5万ルピア)、Rp20,000(2万ルピア)、Rp10,000(1万ルピア)、Rp5,000(5千ルピア)、Rp2,000(2千ルピア)、Rp1,000(千ルピア)の7種類あります。

コインはRp1,000、Rp500、Rp200、Rp100、Rp50、Rp20の6種類ですが、Rp50とRp20は、ほとんど流通していませんのでRp1,000~Rp100の4種類と覚えておいてもいいでしょう。

 

日本円とルピアの両替レート

日本円の1円がルピアだといくらになるかというのが両替レートです。

この両替レートというのは、その時の経済状況などによって日々変わります。
2019年4月時点では、1円はおよそRp127くらいです。
つまり、1万円を両替してもらったら、Rp1,270,000になります。

インドネシアの最高額紙幣はRp100,000なので、Rp1,270,000という事は、Rp100,000札が12枚とRp50,000札が1枚、Rp20,000札が1枚帰ってきます。
急にお札の枚数も桁数も増えるので、一瞬大金持ちになったかと錯覚しますが、落ち着いてくださいね

 

簡単な計算方法

円からルピアへ、またその逆でルピアから円に換算するには、電卓をはじかなくてはいけませんが、簡単にざっくりと計算する方法をお教えします。

以前は、ルピアを100で割る、つまり数字の後ろのゼロを2つ取ると、言われていましたが、今はレートが変わってその計算だと誤差が出ますので以下の方法をお試しください。

 

◆円をルピアに換算する

円の数字に1.2をかけてゼロを2つ付ける

1,000円でしたら、1.2をかけて1200

これにゼロを2つ加えて120,000がルピアでのおおよその金額です。
1,000円→Rp120,000

 

◆ルピアを円に換算する

ルピアの数字からゼロを3つ取って8をかける

Rp100,000でしたら、まずゼロを3つ取って100

それに8をかけて800が円でのおおよその金額です。
Rp100,000→800円

 

これでも誤差は出ますので、正確に知りたい方は、電卓ではじいてください。

 

 どこで両替したらいいのか?

日本円からルピアへの両替はいろいろな所でできます。
しかし、場所によっては両替レートが悪かったり、お金をごまかされたりと、損をしてしまう事があります。

一番のおススメは街の両替専門店です。
両替専門店ならレートもよく、ごまかしなどの詐欺事件も発生していません。

とはいえ、状況によっては両替専門店が使えないこともありますので、両替ができる場所についてご紹介をします。
また、両替すると損をする場所もご紹介しますので、情報としてご覧ください。

 

日本での両替は損をします

バリ島では言葉がわからなかったり、ごまかされたりして怖いという事から、日本で両替される方もいますが、日本での両替はお勧めできません。

日本では銀行や空港で両替はできますが、バリ島に比べて極端にレートが悪いです。
現在バリ島での両替レートは1円=Rp127程度ですが、日本で両替すると1円=Rp80程度になります。
およそ30%悪いレートです。

1万円を両替したら3,000円くらい損をしてしまいますので、日本での両替は避けたほうがいいでしょう。

 

バリ島の空港

バリ島の空港の到着フロアーには銀行の両替窓口があります。
銀行の窓口ですので、安心して両替できますが、両替レートが街中の両替専門店に比べ3~4%悪くなっています。
1万円両替して300~400円の違いですが、ここではタクシー代など当面のお金だけ両替すればいいと思います。

 

ホテルのフロント

中規模以上のホテルならフロントで両替をしてくれます。
大変便利なのですが、ここも街中の両替店に比べ3~5%ほどレートが悪いので、早朝や深夜など両替店が閉まっている場合だけ利用するようにしたらいいと思います。

 

スーパーやショッピングモールの両替店

観光客向けのスーパーやショッピングモールの入り口にも両替店があります。
ここも、若干両替レートが悪いことがありますので、お金が足りない時などに利用する程度にしておきましょう。

 

街の両替専門店

一番のおススメがこの町の両替専門店です。
レートが良く、またお金のごまかしなどがないので、旅行者も安心して利用できます。
クタ、スミニャック、サヌール、ヌサドゥア、ウブドと言った観光客が多いエリアに何件もあり、広くて明るくきれいなお店が安心できると思います。

両替専門店の中でも特におススメのお店をこの後ご紹介いたします。

 

怪しい両替店(ここは避けてください)

観光客の多いエリアには、怪しい両替店があり、ここでは、お金のごまかしなどの詐欺事件が多く発生しています。
怪しい両替店の特徴を記載しますので、このようなお店では決して両替しないように注意してください。

  • お土産物屋の奥など、独立したお店ではない
  • 薄暗く、店内が良く見えない
  • 周りのお店に比べ両替レートが極端に良い

 

 いつ、いくら両替するのがよいか

両替は1日1回1万円 

両替をするタイミングやいくら両替をしたらいいのか、というのは結構悩むところです。
最初に宿代を支払わなくてはいけない、とか、豪華なスパに行くので多額のお金が必要など、両替のタイミングと金額はケースバイケースで違いますが、私はよくこのようにお勧めしています。

両替は1日1回1万円

高額なスパなどに行く場合は別ですが、ふつうバリ島旅行で使うお金は1日1万円前後です。
また、一度にまとめて両替したら、大量のお札が返ってきて財布がパンパンになるのと、不用心です。
ですので、基本的には必要な時に必要な額を両替するのがいいのですが、そうも言ってられないので、1日1回1万円をお勧めしています。

もし、お金が余ってしまったり、足りなくなってしまったら、その時は調整してください。

 

土日祝日は両替レートが悪くなる

土日と祝日は銀行がお休みになり、為替取引がストップする関係から、両替レートが若干悪くなります
多めの両替をする場合は、土日祝日を避けたほうがいいでしょう。

 

両替の方法

両替の方法ですが、空港の両替所でも、街の両替店でも基本的には手順は変わりません。

 

両替時に用意するもの

両替する際には、日本円を用意するのはもちろんですが、パスポートとホテルの名刺を用意しましょう。
銀行や両替店などちゃんとしたお店では、両替時に申込書を書かせるところがありますが、そこにパスポート番号とホテル住所が必要です。

パスポートは原本ではなくパスポート番号が載っている面のコピーで大丈夫です。
ホテルの名刺は、ホテルのフロントに用意してあります(ネームカードやホテルカードと言います)。

ホテルの名刺は両替の時だけではなく、タクシーでホテルに帰るときなどにも重宝しますから、2~3枚もらっておきましょう。

 

両替の手順

両替店に入ったら窓口に日本円を両替してもらいたいことを告げますが、言葉ができない時は、日本円を見せるだけでもOKです。

係員が両替申込書に、必要事項を書くように促します。
氏名、パスポート番号、ホテルの名前、住所を書きます。
場合によってはパスポートを見せてと言われる場合もありますが、パスポートのコピーで大丈夫です。

両替するお金と申込書を渡すと、係員が電卓でいくらになるか提示します。
桁数が多いので暗算は難しいですが、ざっと見て間違いがないようならOKを出しましょう。

両替前にスマホなどの電卓で、いくらになるか計算しておくといいですね。

係員が両替されたルピア札と、両替のレシートを渡してくれます。
お札の量が多いので大変ですが、レシートをよく見て渡されたお金に間違いがないかをしっかり確認しましょう。
あとで、金額が合わないとクレームをつけても受け付けてくれませんので、かならず受け取ったらすぐに確認してください。

 

 両替時の注意点

両替時のトラブルや詐欺にあわないための注意点をご紹介します。

 

怪しい店には行かない

詐欺にあわないための絶対条件は怪しい店には行かないという事です。

専門店ではなく、お土産屋さんの奥にあるようなお店
お店が薄暗く、手元がよく見えないお店
周りにお店に比べ両替レートが極端にいいお店

このようなお店には近づかないほうがいいでしょう

 

事前に両替金額を計算する

ルピアに両替すると、いきなり桁数が増えてしまうので、混乱してしまう事があります。

両替店の店頭や店内には、その日の両替レートが掲示されていますので、まずはスマホの電卓機能などで両替したらいくらになるかを計算しましょう。

両替する日本円×その日の両替レート=受け取る金額

これが、計算式です。
例えば、両替レートが125.50で、5000円両替すると
5,000円X125.5=627,500ルピアになります。

事前に計算すれば、お金を確認するときも安心ですね。

 

受け取ったら必ず確認する

いくらまじめな両替専門店でも間違いというものはあります。
ですので、渡されたお金をすぐに財布にしまうのではなく、必ず金額を確認しましょう。
窓口を離れてからお金が足りないとクレームしても受け付けてもらえません。

後ろに他のお客さんがいると、つい遠慮して確認もそこそこに、窓口を離れてしまいますが、大切な事なので、必ず確認をしてから窓口を離れるようにしましょう。

 

おススメの両替所BEST3

それでは、おススメの両替所BEST3をご紹介します。
ここで紹介する両替所は、バリ島の中でも大手両替商で、クタ、スミニャック、ヌサドゥア、ウブドなど観光客の多いエリアに支店があります
大手ですので両替レートもよく、詐欺事件も発生しておりません。

両替をする場合は、まずこの3店舗が近くにないか探してみましょう。

 

ディルガハユ両替所

緑色の看板が目印のディルガハユ両替所は、ウブド、クタ、スミニャック、サヌール、ヌサドゥアといった観光エリアに多く出店しています。
店舗数も多く、レートもよいので、おススメです。

ディルガハユ両替所の各支店詳細はこちらのページに記載されています。
>>http://www.balibestrate.com/money-changer.php

サイトのトップページには本日のレートも記載されていますので、事前に確認しておきましょう。
>>http://www.balibestrate.com/

 

BMC両替所(マスピン)

BMC両替所も、バリ島では大手両替店なのでお勧めできます。
BMCという名前なのですが、正式な会社名から「マスピン両替店」とも呼ばれています。

以下のアドレスが公式サイトですが、情報がちゃんと更新されていないようです。

>>http://www.balimaspintjinra.com/

 

セントラルクタ両替所

もしかしたら、バリ島内で最も支店が多いかもしれない両替所です。
名前の通り、本店はクタにあり、ドライブスルー両替も行っている大きな両替所です。

支店、窓口も多いのですが、中にはコンビニの中に支店があるところもあります。コンビニの中の支店はちょっと避けておいた方がいいかもしれません。

公式サイトもあるのですが、アクセスしようとしたら、どうもハッキングされているようですので、サイトアドレスは記載しません。

 

今回はBEST3という事で3店舗紹介しましたが、私はその中でもディルガハユ両替所を一押しでおススメしています。
サイトの情報更新も早く、お店も明るく入りやすいので、おススメです。

 

 余ったルピアはどうするか?

バリ島旅行が終わり、日本に帰るとき、財布に残ったルピアはどうしますか?

古いルピア札は使えなくなる

頻繁には行っていませんが、インドネシアは時々お札のデザイン変更をします。

古くなったお札はすぐにではないのですが、何年か経つと使えなくなります。
ですので、すぐにインドネシアを再訪する予定がない方は、余ったルピア札は持ち帰らないほうがいいかと思います。

もちろん、記念に持って帰るという事でしたら、問題ありません。

 

バリ島の空港で日本円に両替しましょう

残ったルピア札はバリ島の空港の両替所で日本円に両替しちゃいましょう

ただし、両替所には1,000円以下のお金は用意されていませんので、1,000円以下の端数は、ルピア札で戻ってきます。

また、コインは両替できません。

 

余った細かいお金は空港で使いましょう

日本円に両替できない細かいお金やコインは、最後に空港で使いましょう。
ジュースやお菓子、お土産などを買うのもいいですね。

また、出発ロビーには募金箱がありますので、残りのお金を募金していただけると、うれしいです。

 

クレジットカード、デビットカードについて

もしかしたら、現金は持たないカード派の方もいるかもしれませんので、バリ島でのカードの状況も少しお知らせしておきます。

 

デビットカードでお金の引き出し

以前は日本の銀行のキャッシュカードも海外で預金引き出しに使えました。
しかし、現在、海外で使えるキャッシュカードはなく、代わりにデビットカードで現金引き出しが可能となっています。

デビットカードの場合、銀行ごとに引き出し手数料や為替レートが違います。
調べたところ、ジャパンネット銀行の海外デビットカードが手数料が無料で為替レートもいいようです。

 

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能でATMから現金を引き出すことができます。

こちらも、カード会社によって手数料(利子)や為替レートが違ってきます。
また、バリ島ではVISAやMastarは使えますがJCBはあまり使えませんのでご注意ください。

 

クレジットカードでお支払い

バリ島は外国人観光客が多いので、ほとんどのお店でクレジットカードが使用できます
ただし、ローカル向けのワルン(大衆食堂)や小さなお店、屋台などでは使えません。

カードはVISA,Masterならほとんど使用できますが、JCBはまだ普及率が低いので、使えないお店が多いです。

日本では、カード利用の際、手数料を取られることはありませんがバリ島では手数料として支払金額の3~5%が加算されることがありますので、ご注意ください。

 

スキミング被害には注意

現在、バリ島ではデビットカードやクレジットカードのスキミング被害が多発しています。
特に、ATM機械でお金を引き出す際、スキミングされているようです。

  • 街中にある無人のATM機械は絶対使わない
  • コンビニ内にあるATM機械もできたら使わないほうが良い
  • 使うのなら、24時間警備員がいる銀行のATM機を使う
  • こまめにカード支払い記録をチェックして、不審な点があればすぐにカードをロックする

といったような注意が必要です。

 

まとめ

 かなり盛りだくさんの内容となりましたので、簡単にまとめたいと思います。

  • インドネシアの通貨はルピア(Rp)で1円=約Rp127くらい
  • 日本円からの両替は町中の大手両替店で行う。日本国内や怪しい両替所は避ける
  • 両替のタイミングと金額は1人1日1万円が基本
  • 両替する場合は、パスポートコピーとホテルの名刺が必要
  • 両替するときは事前にいくらになるか計算をしておき、お金を受け取ったら必ずその場で確認する
  • 一押しの両替店はディルガハユ両替所
  • 余ったルピアは空港で日本円に両替
  • クレジットカードは使えるがJCBは使えないことが多い
  • クレジットカード利用時に3~5%の手数料を取られることがある

こんな内容を頭に入れて、バリ島での両替、損をしないようにしてくださいね~

 

 

 

 

 

【バリ島人気のオプショナルツアー】カシコイ選び方や予約方法、おススメのツアーを一挙公開!

【おススメ現地オプショナルツアー】人気のスパ、アクティビティ、マリンスポーツ、ゴルフ観光を一挙公開

オプショナルツアーは、旅行中のフリータイムに楽しむ観光やアクティビティなどの事を言います。 
以前は、飛行機、ホテル、そして現地での行動がすべて決まっていたパッケージツアーが主流でしたが、現在は飛行機とホテルだけ決め、あとはすべてフリータイムになっているツアーが多くなっています。

フリータイムが多いと、好きなスケジュールで好きなことが楽しめるのですが、バリ島に詳しくないと、何をしていいのか、何ができるのかよくわからないですよね。
また、予約手配もちゃんとできるか不安です。

そんな方は、現地旅行会社のオプショナルツアーをご利用ください。
最新情報や人気スポットをなどに精通した現地旅行会社のオプショナルツアーですので、初バリの方も、リピーターもきっと満足していただけるでしょう。

 

今回はこのオプショナルツアーについて、探し方、カシコイ選び方、予約手配方法、そしておススメの人気オプショナルツアーなどをまとめてご紹介します。

バリ島に行くけど、まだ何をするか決まっていない、って方、ぜひ参考にしてください。

 

<この記事の概要と目次>

 

 

オプショナルツアーってなに?

  • オプショナルツアーとは現地ツアーの事
  • 観光ツアー以外にもたくさんの事ができます
  • オプショナルツアー専門の現地旅行会社も検討しよう

オプショナルツアーとは、現地ツアーの事

 旅行会社や予約代行店が手配する現地ツアーの事をオプショナルツアーと呼んでいます。
日本からバリ島までの航空券や現地で泊まるホテルなどはHISやJTBといった大手旅行会社に依頼して、バリ島についてから楽しむ現地ツアーは、現地旅行会社に依頼するという方が増えています。

 

観光ツアー以外にもたくさんの事ができます

 オプショナルツアーというと、車やバスで観光地巡りをする観光ツアーの事、と思われるかもしれません。
確かにオプショナルツアーには、観光ツアーも含まれますが、他にもスパの予約手配やラフティング、エレファントライドといったアクティビティ、話題のレンボンガン島やダイビングなどのマリンスポーツ、そしてカーチャーターなどもこのオプショナルツアーの一部と理解ください。

 

オプショナルツアー専門の現地旅行会社も検討しよう

このオプショナルツアーですが、航空券やホテルを手配している大手旅行会社でも予約手配できますが、現地にはオプショナルツアー専門の現地旅行会社がたくさんあります。

現地旅行会社のオプショナルツアーは、大手旅行会社に比べ安かったり、まだ知られていない最新ツアーなどお得なことがたっぷりあります。
現地旅行会社のツアー情報は日本国内ではなかなかお目にかかれませんが、ネットなどを使ってぜひご検討ください。

 

 オプショナルツアーの探し方

  • 旅行会社のパンフレット
  • ガイドブック
  • Webサイト
  • 旅行記、ブログ、口コミ
  • 現地旅行会社窓口
  • 現地の旅行案内所(ツーリストインフォメーション/ツアーデスク)

 旅行会社のパンフレット

日本国内の大手旅行会社でもオプショナルツアーは扱っており、パンフレットなどにはお勧めのツアーが載っています。
そのパンフレットを見て、バリ島にはどんなオプショナルツアーがあるのか、どんなことができるのかを一通り調べておきましょう。

 

ガイドブック

街の書店で売っているガイドブックにも、オプショナルツアーの情報がたくさんあります。
最近は、一押しのツアーや、読者の好み別や条件別、宿泊日数別のおススメも載っていますので、ガイドブックから情報を仕入れるのもいいでしょう。

 

Webサイト

インターネット時代の現代、多くの情報はインターネットで調べることができます。
Google検索で「バリ島オプショナルツアー」「バリ島スパ」「バリ島アクティビティ」などといったキーワードで調べてみましょう。

現地旅行会社は小規模なところが多いので、情報をガイドブックに載せたり、日本でパンフレットを配るような事はできません。
その代わり、Webサイトに力を入れている会社が多いので、Google検索を活用すれば、現地旅行会社のお得なお宝ツアーが見つかることがありますよ。

 

旅行記、ブログ、口コミ

パンフレットやガイドブックなどには、実体験や評価などはあまり載っていません。
そんな時は、いろいろな方の旅行記やブログ、口コミサイトなどを見てみましょう。
有名な所では、4トラベルトリップアドバイザーなどが多くの口コミ情報が載っています。
また、日本ブログ村には、現地在住者たちのブログがたくさん載っていますので、そこで現地の生情報を仕入れてもいいですね。

 

現地の旅行会社窓口

HISやJTBなど大手旅行会社はバリ島にも支社や営業所を持っています。
そのような大手旅行会社の現地窓口に相談されてもいいかと思います。
日本の旅行会社ですので、日本語で対応してくれますし、飲み物サービスなどしてくれるところもありますので、積極的に使ってみましょう。

 

現地の旅行案内所(ツーリストインフォメーション/ツアーデスク)

クタ、スミニャック、サヌール、ウブドといった観光客が多く集まるところには、旅行案内所があります。
そこでは、オプショナルツアーの案内や予約手配をすることができますので、ここでツアーを探してもいいでしょう。

ただし、これら旅行案内所はほとんどが現地の方が運営されているので、日本語が通じないところが多いです。
英語は通じますので、英会話に自信がある方は、ぜひトライしてみてください。

 

 オプショナルツアーのカシコイ選び方

  • プライベートツアーか乗り合いツアーか
  • 日本語は対応しているのか
  • オリジナルツアーか予約代行か
  • 料金と支払い方法
  • 時間、スケジュール、送迎、対象年齢など
  • 人気度、口コミ評価

 プライベートツアーか乗り合いツアーか

主に観光ツアーの場合、専用車で行くプライベートツアーと、バンやマイクロバスなどで他のお客さんも一緒に参加する乗り合いツアーがあります。
乗り合いツアーの方が料金は安くなりますが、他のお客さんもいますので、時間が厳しかったり、わがままが効かなかったりと自由度が下がってしまいます。

どちらも長所短所がありますので、ツアーがプライベートか乗り合いかは、まず最初に確かめましょう。

 

日本語は対応しているのか?

スパやレストランの送迎だけなら、言葉があまり通じなくても問題ありませんが、観光ツアーやアクティビティ、マリンスポーツで言葉が通じないのはちょっと辛いですよね。

そのツアー、日本語対応ができるのか、できないのかもしっかりと確認しましょう。

 

オリジナルツアーか予約代行か

観光ツアーなどは予約手配する旅行会社が主催するオリジナルツアーがほとんどですが、スパ、アクティビティ、マリンスポーツなどは、旅行会社は予約代行だけをしているという事が多いです。

この違いって結構大きいですよ。

オリジナルツアーなら、トラブル時の責任や対応はすべてその旅行会社が持ちますが、予約代行だと通訳などの補助はしてくれますが責任は主催施設となります。
また、料金やスケジュールなどに関しても、オリジナルツアーの方が融通が利きます。

ツアーが旅行会社のオリジナルツアーか、単なる予約代行かの確認も重要項目です。

 

料金と支払い方法

料金と支払い方法は大きく分けてツアー当日に現地通貨(ルピア)で支払うのか、事前に銀行やクレジットカードで支払うのかの2つに分かれます。
現地払いの方が、キャンセルや予定変更などにフレキシブルな対応が出来そうですが、事前払いもお金を持ち歩かなくていい、両替が不要といったメリットがあります。

現地旅行会社は現地払いが多いですが、これからはカードなどによる事前払いが増えていくと思いますよ。

 

時間、スケジュール、送迎、対象年齢など

他にも多くの検討事項があります。

ツアー時間やスケジュールなどは、旅行期間の短い日本人観光客には重要な事。
ちゃんとスケジュールが説明されているツアーを選びましょう。

送迎の有無も重要です。特にスパやアクティビティなどは、送迎可能範囲や無料、有料などしっかりチェックして比較検討しましょう。

特にアクティビティ、マリンスポーツは保険などの関係で対象年齢に制限がかかっています。
お子様連れのファミリー旅行の場合は、参加対象年齢もしっかりチェックしておきましょう。

 

人気度、口コミ評価

実は、オプショナルツアーを選ぶうえで一番重要なのがこの項目であったりします。

先ほど紹介した4トラベルやトリップアドバイザーなどの口コミサイトで評価するのも重要ですが、各旅行会社のサイトにある口コミも結構参考になりますよ。
ただし、旅行会社の口コミをみるばあい、良い口コミだけでなく、悪い口コミもしっかり載せているところを選びましょう。

お客様の評価を星の数などで表示してあるサイトは見やすくて判断しやすいですよね。

 

オプショナルツアーの予約手配方法

  • 日本国内の旅行会社窓口で予約
  • ネットなどを使って現地旅行会社に予約
  • 催行会社に直接予約

 日本国内の旅行会社窓口で予約

自宅近くの旅行会社窓口で予約手配するのが一番簡単ですね。
その場で、ツアーの選択、申し込み、支払いまででき、旅行後のクレームなどのトラブル対応も安心してできます。

ただし、日本国内の旅行会社となると、料金も若干高めになりますし、現地の最新情報など細かい内容まで即時対応は難しいところがあります。
使いたいオプショナルツアーがすでに決まっていて、料金的にも納得できる場合でしたら、この方法がおススメできます。

 

ネットなどを使って現地旅行会社に予約

現地旅行会社に依頼する場合は、ネットでのやり取りが中心となります。

ツアーの選択は、Webサイトとなりますが、質問や問い合わせ、予約依頼はメールやLINEでできます。現地のレアな情報や細かい対応は現地旅行会社の方が上手でしょう。
支払いに関しては、ご利用当日に現地通貨でお支払いが一般的ですが、銀行振り込みやクレジットカードによる事前振り込みも増えてきました。

日本向けのサイトを公開している旅行会社でしたら、メールやLINEのやり取りもすべて日本語で大丈夫ですが、英語サイト、インドネシア語サイトしかないところは日本語が通じない可能性がありますので、ご注意ください。

 

催行会社へ直接予約

旅行会社のオリジナルツアーでなければ、催行会社へ直接予約も可能です。

スパやアクティビティなどは、自社サイトも公開していますので、そちらでツアーを選択し、サイトの問い合わせページや予約ページから、質問、予約依頼を行います。

ただし、日本語が通じなかったり、料金割引がない、回答が遅いなどといったトラブルもありますので、直接予約は海外旅行に慣れたベテラン向きと言えるでしょう。

 

おススメの人気オプショナルツアーご紹介

それでは、数あるオプショナルツアーの中から、特におすすめなものを紹介します。
このラインナップは、当店の予約実績で上位の物、口コミ評価で優秀なものを集めておりますので、ぜひ参考にしてください。

 

人気のスパ&エステ

  • 日本人人気No1・フランジパニエステティックス
  • これぞバリのスパ・バリオーキッドスパ
  • カリスマヒーラーのスパ・ウブドボディワークスセンター
  • 髪が肌が生き返る・サンティカスパ

日本人人気No1・フランジパニエステティックス

フランジパニエステティックス

フランジパニエステティックスは、ヌサドゥアのバイパス沿いにあるスパです。
ここらのスパの特徴は、インドネシアの秘薬ジャムウを用いたトリートメントと、日本人経営によるきめ細やかなおもてなし。
GWや夏休みなどは予約が取れないほど人気のスパです。

フランジパニエステティックスの詳細・ご予約はこちら>>

 

これぞバリ島のスパ・バリオーキッドスパ

バリオーキッドスパ

バリオーキッドスパはクタエリア・バイパス沿いにあるスパです。
店内には大きなガゼボ(東屋)があり、トリートメントルームも半屋外のバスルームと、バリ島らしいお部屋とトリートメントがそろっています。
料金もそれほど高くないので、バリ島スパ初めてという方にお勧めします。

バリオーキッドスパの詳細・ご予約はこちら>>

 

カリスマヒーラーのスパ・ウブドボディワークスセンター

ウブドボディーワークスセンター

このスパのオーナー・クトゥ・アルサナ氏は世界中のVIPからご指名がかかるほどのバリ島で最も有名なヒーラー。
そのアルサナ氏のスパですので、癒しというより体の悪いところを直す治療院のようなスパです。
アルサナ氏の予約は取りにくいですが、お弟子さんたちのマッサージも超一流ですよ。

ウブドボディワークセンターの詳細・ご予約はこちら>>

 

髪が肌が生き返るサンティカスパ

サンティカスパ

サンティカスパはウブドエリア内に3店舗を構えるスパです。
どのお店も、自然の中に溶け込む、素朴でかわいらしい店作りが人気です。
このスパの特徴はオーナーのイブ・ジェシーお手製のマテリアルを使ったトリートメント。自然素材によるクリームやシャンプーで傷んだお肌や髪が生き返ると評判です。

サンティカスパの詳細・ご予約はこちら>>

 

 人気のアクティビティ

  • 一日動物と遊べるバリサファリパーク
  • 日本じゃできないエレファントライド
  • スリル満点の川下りラフティング
  • ラクダに乗ってキャメルサファリ

一日中動物と遊べるバリサファリパーク

バリサファリパーク

バリサファリパークはバリ島唯一のサファリパークです。
広大な敷地に野生そのままに生きる動物たちを専用のトラム(バス)に乗ってみて回るサファリジャーニーが一番人気。
バリサファリでは、サファリジャーニーの他に、アニマルショー、エレファントライド、動物との記念写真、アグンショー、ナイトサファリなどいろいろなアトラクションがあって、一日中動物と遊べるアニマル天国です。

バリサファリパークの詳細・ご予約はこちら>>

 

日本じゃできないエレファントライド

エレファントライド

大きな象さんの背中に乗って、森や街をゆっくりとお散歩。
こんな楽しいアクティビティがエレファントライドです。
バリ島ではエレファントライドが楽しめるエリアが何か所かありますが、当店ではその中でも人気が高い4か所をご紹介しております。
日本ではできないエレファントライドをバリ島でお楽しみください。

エレファントライドの詳細・ご予約はこちら>>

 

スリル満点の川下りラフティング

ラフティング

ゴム製のボートに乗って、ジャングルの中の川を下るスリル満点のアクティビティがラフティングです。
当店がご紹介するラフティングツアーはどれも送迎・ランチ付き。
時間も早朝出発や、お昼過ぎに出発など各種取り揃えています。
また、下る川もビギナー向けのアユン川とちょっとスリル度が高いトラガワジャ川の同地らでもお選びいただけます。

ラフティングの詳細・ご予約はこちら>>

 

ラクダに乗ってキャメルサファリ

キャメルサファリ

バリ島では象乗りの他にラクダにも乗れちゃうんです。
ラクダに乗って、ビーチの砂浜を歩けば気分は千夜一夜物語の世界でしょうか?
時間も30分コースト1時間コースがありますので、スケジュールに合わせて楽しむことができますね。

キャメルサファリの詳細・ご予約はこちら>>

 

 人気のマリンスポーツ

  • 大人気レンボンガン島マングローブツアー&シュノーケリング
  • 王道!ヌサドゥアビーチでマリンレジャー
  • お手軽ダイビング・シーウォーカー

大人気レンボンガン島マングローブツアー&シュノーケリング

レンボンガン島マングローブ&シュノーケリング

今、バリ島で一番人気がレンボンガン島へのツアーです。
レンボンガン島はバリ島の南に浮かぶ小さな島。バリ島のように開発が進んでいないので、美しい自然が多く残っています。
そのレンボンガン島でシュノーケリングとマングローブの森を探検するツアーが大人気。
綺麗な熱帯魚やサンゴ礁と不思議な植物マングローブの神秘を覗いてみてください。

レンボンガン島マングローブ&シュノーケリングツアーの詳細・ご予約はこちら>>

 

王道!ヌサドゥアビーチでマリンレジャー

マリンレジャー

マリンスポーツと言ったら、バナナボートやジェットスキー、フライフィッシュ、パラセイルといったマリンレジャーが王道ですね。
当店では人気のマリンレジャーをまとめてご紹介・ご予約対応しております。
まずは、バリ島の海ではじけちゃってください。

マリンレジャーの詳細・ご予約はこちら>>

 

お手軽ダイビング・シーウォーカー

シーウォーカー

シーウォーカーは新鮮な空気が常に供給される特殊ヘルメットをかぶって海中を散歩するマリンスポーツです。
免許や特殊な技術もいらず、メガネをかけたままでも楽しめるシーウォーカーは、だれでも海中散歩が楽しめるお手軽ダイビングなのです。
安全で楽しいダイビング体験をバリ島で楽しんでください。

シーウォーカーの詳細・ご予約はこちら>>

 

人気のゴルフコース

  • バリ島No1のコース・バリナショナルゴルフ
  • 戦略的で腕が鳴る・ニュークタゴルフ
  • パー3でも本格派・ブキットパンダワゴルフ

バリ島No1のコース・バリナショナルゴルフ

バリナショナルゴルフ

バリナショナルゴルフは、ヌサドゥアのホテルエリアに隣接するリゾートゴルフ場です。

ビーチサイドのリンクスエリアと、丘陵地帯のヒルエリアに分かれ、プレイヤーを飽きさせないダイナミックなコースが特徴的です。
クラブハウスやコースコンディションは常に最高の状態でバリ島No1のコースと評価されています。

バリナショナルゴルフの詳細・ご予約はこちら>>

 

戦略的で腕が鳴る・ニュークタゴルフ

ニュークタゴルフ

ニュークタゴルフはバリ島南部のウルワツエリアにあるプロトーナメントも行われる本格的チャンピオンコースです。
このコースは風の計算が必要な海に面したリンクスコースが多く、コース自体も微妙なうねりなどがある、とてもタフなコースです。
ちょっと難しい面もありますが、攻略できた時の爽快感は格別なテクニカルコースとして有名です。

ニュークタゴルフの詳細・ご予約はこちら>>

 

パー3でも本格派・ブキットパンダワゴルフ

ブキットパンダワゴルフ

ブキットパンダワゴルフはバリ島最南端のパンダワビーチにある全ホールパー3のゴルフコースです。
全ホールパー3といっても、中には200mを超えるコースもあり、ショートコースと侮ったら、痛い目を見る事もあります。
また、コースやクラブハウスのコンディションも最高ランクで、まさしく本格派のショートコースと言えるでしょう。

パー3コースですので、ビギナーや女性におススメのゴルフコースです。

ブキットパンダワゴルフの詳細・ご予約はこちら>>

 

人気の観光ツアー

  • 人気のウブド、キンタマーニ高原を観光・定番ツアー
  • ケチャダンスは見ておかなくっちゃ・ウルワツ寺院ツアー
  • バリ島の州都をサクッと観光・デンパサールツアー

人気のウブド、キンタマーニ高原を観光・定番ツアー

定番ツアー

バリ島の観光スポットの定番、バトゥブラン(バロンダンス鑑賞)~ゴアガジャ遺跡~キンタマーニ高原(ビュッフェランチ)~ウブド市内を回る定番ツアー。
バリ島観光のツボをしっかりと抑えたツアーで、バリ島の文化、宗教、自然、街並み、ショッピングを一日で楽しんで頂けるお得ツアーです。

特にバリ島初めてという方にお勧めしたいツアーですね。

定番ツアーの詳細・ご予約はこちら>>

 

ケチャダンスは見ておかなけりゃ・ウルワツ寺院ツアー

ウルワツ寺院ツアー

バリ島でも特に有名な文化がバリ舞踊です。
その中でも、とくに有名なのがケチャダンス、別名モンキーダンスともいわれる大人気の舞踊で、バリ島に来たなら一度は見ておかなくてはいけないと言われています。

このケチャダンスを見るのなら、絶対にウルワツ寺院。
インド洋に沈む夕日をバックに演じられるケチャダンスは感動的です。

ウルワツ寺院でケチャダンス鑑賞とジンバランビーチのシーフードBBQをセットにしたウルワツ寺院ツアー、バリつの文化とグルメを一気に味わえる人気ツアーです。

ウルワツ寺院ツアーの詳細・ご予約はこちら>>

 

バリ島の首都をサクッと観光・デンパサールツアー

デンパサールツアー

デンパサール市は、バリ州の州都であり、バリ島で一番栄えている街です。

その街をサクッと半日で回るのがこのデンパサールツアー。
市民の憩いの場ベジェラサンディやバドゥン市場、ジャガナタ寺院、バリ博物館など人、街並み、文化、歴史を学ぶことができる教養高いツアーです。

デンパサールツアーの詳細・ご予約はこちら>>

 

まとめ

 今回はオプショナルツアーについて、ご案内やおススメのご紹介をさせていただきました。

オプショナルツアーというと、現地での観光ツアーと思われるかもしれません。
たしかに、観光ツアーもオプショナルツアーですが、他にもスパやアクティビティなど、旅行会社が現地で手配するすべての事がオプショナルツアーとご理解いただけたらと思います。

スパやアクティビティは、現地手配と言っても予約代行ですので、旅行会社に依頼しなくてもお客様ご自身で直接予約、手配が可能です。
ただし、言葉の問題や、割引、特典などを考えると旅行会社に依頼したほうがぐっとメリットが大きくなります。

そうぞ、快適なバリ島旅行の為、ホテル、航空券だけでなく、現地オプショナルツアーも旅行会社にご相談、ご依頼くださいませ。

 

 

バリ島ウブドおすすめのポイント

バリ島ウブドおすすめのマイベストポイント

バリ島ウブドと言えば、人気の観光スポット。
芸術の村、伝統の村として古くから多くの観光客やアーティストたちが集まる場所で、自然と芸術と宗教がうまくミックスされたとてもスピリチュアルな村です。

筆者は、このウブドに魅力を感じ、10年前に日本から移住してきました。
ウブド大好きの筆者の目が選んだウブドのマポイントをご紹介いたします。

ウブドのどこに行ったらいいのかなぁ?
そんなことが体験できるのかなぁ?
といったお悩みをお持ちの皆様、ぜいこの記事を参考にして、ウブドに一度来てみてください。
お待ちしております。

 

<この記事の目次>

 

ウブドのおすすめ大好きポイント

まずは、筆者がこのウブドのどんなところに魅力を感じたのか、そのポイントをご紹介します。

 自然が残っている

ウブドには自然がいっぱい

観光客が多く訪れるエリアですが、街中にも多く自然が残っています。
表通りからはよくわかりませんが、カフェやホテルに入ると、すぐ裏に田んぼが広がっていたり、ちょっと郊外に出れば渓谷や川が流れていたりと、本当に自然と隣り合っている街という事がよくわかります。

 

宗教文化が色濃く残っている

ウブドの待ちに色濃く残る宗教文化

バリ島は神々が棲む島と言われるくらい、独特のヒンドゥー文化が残る島です。
特にウブドは寺院も多く、祭礼日にはお寺へのお参りを欠かさないなど、宗教文化が色濃く残っています。
それにより、他のエリアにはない独特の雰囲気があるのです。

 

人が優しい

ウブドの人はやさしい人が多い

バリ島の人たちは大変やさしく親切な方ばかりです。
その中でもウブドはちょっと田舎なので、ビーチエリアに比べ素朴さも残っています。
素朴でやさしく、笑顔が素敵な人たちが住む村、それがウブドです。

 

いい具合に田舎

ウブドはいい具合に田舎

ウブドにはビーチエリアのように大きなショッピングモールやクラブなど派手な施設やお店はありません。
しかし、インターネットなどのインフラも整っていて、生活には何ら不自由は感じません。
この、いい具合に田舎の感覚も素敵な魅力だと思います。

 

不思議空間

不思議空間ウブド

ウブドには昔から多くの精霊たちが住むと言われています。
さっきまで机の上に合ったものが急になくなったり、だれもいない部屋から音が聞こえたりと、精霊たちのいたずらがよく起きるのです。
科学が進歩した現代でも、ちょっと不思議な空間、それもウブドの魅力だと思います。

 

 ウブドのおすすめ観光ポイント

ウブドのおすすめ観光ポイントをご紹介します。

 テガラランライステラス

テガラランライステラス

ライステラスとは、傾斜面に沿って作られた棚田の事です。
バリ島では、多くの場所でこの棚田が見られますが、特にこのテガララン・ライステラスはウブドから近い事と、フォトジェニックなサイズなので、毎日多くの観光客が訪れています。
周囲にはカフェもあり、インスタポイントとしても人気があります。

テガララン・ライステラス | バリ島旅行.com

 

モンキーフォレスト

ウブド観光ポイント・モンキーフォレスト

ウブドエリアの南側にあるモンキーフォレストは、野生の猿が住む広い公園です。
内部には、この村のお寺・プラダラム・アグンやいろいろな彫刻があり、サルたちが自由に暮らしています。
のんびりと散歩するもよし、お猿さんたちと一緒に記念写真を撮るもよしの観光ポイントです。

モンキーフォレスト | バリ島旅行.com

 

ウブド王宮

ウブド観光ポイント・ウブド王宮

昔このウブドエリアを治めていた、スカワティ王家の末裔たちが住むウブド王宮もウブドの観光ポイントです。
現在は、一部エリアを観光客に無料開放していますが、夜になるとここの中庭で伝統舞踊の公演が開催されます。

ウブド王宮 | バリ島旅行.com

 

ウブド市場

ウブドの観光ポイント・ウブド市場

ウブド王宮の正面にあるウブド市場は、朝は地元住民に生鮮食品や日用品を売る市場ですが、10時ごろからは観光客相手にお土産物を売る観光市場となります。
多くの民芸品、美術品、雑貨が所狭しと並べられた市場ですが、定価はありません。
すべて交渉によって金額が決まりますので、思わにお宝が手に入ることもありますよ。

ウブド市場 | バリ島旅行.com

 

美術館

ウブドの観光ポイント・美術館

芸術の村ウブドには大きな美術館が4つあります。
古くからあった宗教美術にヨーロッパの近代美術が融合したバリ島ウブドの絵画は、多くの美術ファンも注目する世界的にも有名な美術品です。
時間があればぜひ、これら美術館巡りをお楽しみください。

 

ウブドのおすすめ体験ポイント

ウブドに来たら何をしましょう?単なる観光だけではつまらないですよね。
筆者おススメのウブドの体験ポイントをご紹介します。

 ショッピング

ウブドでショッピング

ウブドには、大きなショッピングモールはありませんが、ウブド市場をはじめ、小さなお店がたくさんあります。
しかも、どのお店もオーナーこだわりの品ぞろえばかり。
ウブドの街をのんびりと歩きながらウインドゥショッピングも楽しいですね。

 

グルメ

ウブドでグルメ

地元インドネシア料理、バリ島料理をはじめ、フレンチ、イタリアン、中華、和食、メキシカンなど、多くのグルメスポットがそろているのもウブドの魅力の一つです。
しかもリーズナブル。ビーチエリアに比べ1~2割程度安い価格設定になっています。

もし、おなかが大丈夫であればローカル向けのワルン(食堂)にチャレンジしてもいいですね。

 

伝統舞踊鑑賞

ウブドの魅力・伝統舞踊

ウブドを語る上で忘れてはならないのがこの伝統舞踊鑑賞です。
ウブド内には多くの劇団と劇場があり、毎晩どこかの劇場で伝統舞踊公演が行われています。
多くの種類の演目がありますが、大別すると、レゴンダンス、バロンダンス、ケチャダンスの3種類。
お好みの演劇をお楽しみください。

 

ヨガ

ウブドで人気のヨガ

ここ最近ウブドで人気なのがヨガ。
映画「食べて祈って恋をして」の影響もあるかと思いますが、現在ウブドは本家インドを抑えてヨガの聖地とまで言われています。
毎年大規模なヨガフェスティバルも開かれますが、長期滞在して町中のヨガスタジオに通う方も多くいらっしゃいます。
ぜひウブドで世界レベルのヨガを体験してみてください。

 

スパ&マッサージ

ウブドの魅力・スパ&マッサージ

癒しの島バリ島内には多くのスパ&マッサージ店がありますが、ウブドのスパ&マッサージ店は高級店と大衆店の二極化です。
渓谷や田んぼビューのホテルにある高級ホテルスパでは、長時間の贅沢メニューが人気。滞在中に一度は体験したいものです。
一方町中にある大衆マッサージ店は、リーズナブルな価格設定ですが、技術はしっかりしているお店ばかり。毎日でも受けたくなってしまいますね。

バリ島でのスパやエステの予約なら | バリ島旅行.com

 

ウブドのおすすめお土産

ウブドのお土産ならコレ!

 ナチュラルソープ

ウブドのおススメお土産・ナチュラルソープ

ウブドでのおススメのお土産と言ったら、まずはナチュラルソープ。
バリ島産の上質なココナッツオイルを使い、自然製法でじっくりと作られたナチュラルソープは、泡立ちもよく、常に人気のプロダクツです。
「マサ子さん石鹸」で有名なブラットワンギをはじめ、Kou、センセイシャなどいろいろなブランド石鹸がそろっています。

 

ナチュラルコスメ

ウブドおすすめお土産・ナチュラルコスメ

 ナチュラルソープに続いて、最近人気なのがナチュラルコスメ、特にスキンケアー用品がおススメです。
もともと、バリ島にはジャムウというハーブや植物を使った漢方薬があったのですが、その技法を使って自然の材料で作られたスキンケアーコスメがおススメです。

ウタマスパイス、ナディスハーバル、アンジェロストアといったお店が人気ですね。

 

アタ製品

ウブドのおススメお土産アタ製品

アタという細い草のつるで編み上げた、バックや雑貨類がアタ製品です。
もともとは、バリ島東部のトゥガナン村の名産品ですが、観光客が多いウブドで多く売られています。
ウブド市場などで売られていますが、アシタバという日本人が関係しているお店の商品が品質も安定していて、安心してお買い求めいただけると思います。

 

バリネコ

ウブドのおススメお土産・バリネコ

なぜか理由ははっきりわからないのですが、昔から木彫りのネコの人形がウブド土産として人気があります。
ウブドの南にあるマス村が木彫りの村と言われるほど、木工業が盛んだったことから、木彫り人形は昔から売られていましたが、なぜネコなのかはよくわからないです。

モンキーフォレスト通りにある茶々(チャチャ)というお店がバリネコを多く取り扱っています。

 

銀製品

ウブドのおススメお土産・銀製品

ウブドの南にあるチュルク村は昔から銀細工の村として有名です。
といっても、バリ島で銀が取れるわけではなく、神具や装飾品として銀製品が使われており、チュルク村にはその職人や工房が集まっているのです。

その関係でウブドにも多くのシルバーアクセサリーショップがあるのですが、特に日本人に人気なのが、きれいな音色を奏でるガムランボールです。
ボール自体は真鍮でできていますが、銀製の装飾がされていて、アクセサリーとして人気があります。

 

ウブドへのおすすめアクセス方法

南部のビーチエリアからウブドまでの移動方法はいろいろありますが、特に便利で経済的な方法をお知らせいたします。

 シャトルバス

クタエリアからウブドまで行くシャトルバスは、一人6~10万ルピアと格安なので、特に節約旅行をされている方や若い方に人気があります。

小さな現地旅行会社のシャトルバスもありますが、おススメなのは、プラマ社(PRAMA)シャトルバスクラクラバスです。
特にクラクラバスは、ビーチエリアを巡回するシャトルバスもあり、お得なパスも発売しているので、かなりおススメできると思います。

 

タクシー

ウブドへの移動方法・タクシー

ビーチエリアでメータータクシーを拾ってウブドまで来られる方もいらっしゃいます。
昼間でしたら、クタからウブドまで30万ルピア程度かかります。

ただし、ウブドには、メータータクシーの会社がないので、帰りはトランスポートと言われる交渉性のタクシーを使う事になります。

 

カーチャーター

ウブドおススメの移動方法カーチャーター

一日ウブドとその周辺を回るのでしたら、カーチャーターが一番お得です。
カーチャーターはガイド、ドライバー付きのレンタカーで、走行距離ではなく時間単位で料金が決まります。
日本語ができるガイドもいますので、観光案内や通訳もお願いできちゃいます。

バリ島カーチャーターの予約手配なら | バリ島旅行.com

 

観光ツアー

ウブドへの移動方法・ツアー

ウブドや周辺エリアを回る観光ツアーを利用するのもいい方法です。
ゴアガジャ寺院、ティルタエンプル寺院、テガラランライステラスといった観光名所を巡って、最後にウブドフリータイムというのが一般的です。

当社のツアーは、乗り合いツアーではなく、お客様だけのプライベートツアーですので、スケジュールの変更や途中の立ち寄りも可能です。

バリ島定番ツアーのご予約手配なら! | バリ島旅行.com

 

ウブドでのおすすめ移動法

ウブドエリア内での移動方法をご紹介します。

 徒歩での移動

ウブドおススメの移動方法・徒歩

ウブド中心部は、ゆっくり歩いても2~3時間で回れる広さです。
シャトルバスなどでウブドに到着したら、お店を見たりしながらのんびり歩いて回りましょう。

ただし、日中は暑くなりますので、途中カフェなどで休憩しながら脱水症、熱中症には十分気を付けてください。
また、一応道路は舗装されていますが、段差があったり、舗装がはがれていたりと危険な個所もありますので、歩きやすい履物でお越しください。

 

トランスポート

ウブドおススメの移動方法・トランスポート

 ウブドにはメータータクシーはありませんが、代わりにトランスポートと呼ばれる交渉性のタクシーが街の各所で客引きをしています。
このトランスポートはメーターはなく、乗車前に料金交渉をします。
ただ、メータータクシーの相場よりかなり高い料金を提示してきますので、あまりお勧めはできません。
荷物が多い、歩くのに疲れたといった非常時以外はあまり使わないほうがいいでしょう。

 

モンキーフォレストシャトルバス

ウブドおススメの移動方法・モンキーフォレストシャトルバス

ウブド中心部には無料で乗れるシャトルバスが運航しています。
このシャトルバスは、ウブド・パダンテガル村が運営しており、基本的にはモンキーフォレストの駐車場を利用した方は無料で利用できます。

モンキーフォレストを出発して、モンキーフォレスト通り、ラやウブド通り、ハヌマン通りとまわり、またモンキーフォレストに戻ってきます。

 

まとめ

今回は、ウブド在住10年の筆者がおススメするポイントをご紹介しました。
ウブドにはまだまだいっぱい、楽しい場所、楽しい経験などがありますが、とりあえず初ウブドの方は今回紹介した内容を中心にウブド観光を計画してみてください。

ウブドはビーチエリアに比べ質素で小さな街ですが、自然が身近にあり、スピリチュアルで美しいエリアです。

ぜひ、一度足を運んでみてください。

バリ島の人気ダンス・ケチャダンスはウルワツ寺院で楽しもう!

バリ島の人気ダンス・ケチャダンスはウルワツ寺院で楽しもう

バリ島観光の定番・伝統舞踊公演。
お寺のお祭りや村の行事などで行われる奉納舞踊や娯楽舞踊を観光客にも楽しめるようにしたので、バリニーズダンスとも言われています。

この伝統舞踊ですが、とても多くの種類があり、何を見たらいいのか迷ってしまいますが、イチオシなのがケチャダンスです。
ケチャダンスは、上半身裸の男たちが発する「チャッチャッチャ」というリズムに乗って行われる舞踊劇で、バリ島に興味がない方でも、テレビなどで一度は見たことがあるかもしれません。

じゃあ、ケチャダンス見よう!ってなった時
どこで見たらいいの?
どうやって見に行けばいいの?
って、考えちゃいますよね。

はい、その答えは「観光ツアーを使ってウルワツ寺院で見るのが一番!」
では、その理由やダンスの内容、そして楽しみ方などを解説いたします。

バリ島に来たら、見逃し厳禁のケチャダンス!
この記事を参考に、心に残るダンスをお楽しみください。

 

<目次>

 

ケチャダンスとは

バリ島の人気ダンス・ケチャダンスはウルワツ寺院で楽しもう

ケチャダンスは、たくさんの男性たちが発する「チャッチャッチャ」というリズムに乗せて行われる伝統舞踊。
舞踊と言っても、音と踊りに乗せて物語が進行する歌劇なのです。

ケチャダンスで演じられるのは、インドに古くから伝わる「ラーマヤナ物語」。

 

バリ島の人気ダンス・ケチャダンスはウルワツ寺院で楽しもう

ラーマヤナ物語の内容をすごく簡単に説明すると

陰謀によって国を追われ、深い森の中で暮らすアヨディア国のラーマ王子とシータ王妃。
ある日、美しいシータ王妃は魔王ラワナによってさらわれてしまいます。
森にすむ猿の将軍ハヌマンによる命がけの捜索でシータ王妃がとらわれている場所を知ったラーマ王子は、森の仲間達の協力により、魔王ラワナを倒し無事シータ王妃を救い出します。

という物語です。

 

なぜウルワツ寺院がいいの?

ケチャダンスは、バリ島内の多くの場所で演じられていますが、ウルワツ寺院での公演が一番おススメです。
その理由について説明いたしましょう。

自然を生かした素晴らしい演出

ウルワツ寺院のケチャダンス会場はインド洋に突き出た岬の先端。
海面から高さ70mの断崖の上にあります。
舞台のバックはインド洋。
公演開始が夕方6時なので、真っ赤な夕日が海に沈むその前でケチャダンスが繰り広げられるのです。

自然が作る素晴らしい演出と、ダンスに魅せられ、毎日1000名近くの観光客がウルワツ寺院を訪れるのです。

 

1時間の公演時間

通常、バリ島の伝統舞踊公演は1時間半から2時間かかります。

ウルワツ寺院のケチャダンスは1時間とコンパクトにまとまっているので、途中で飽きることなく、一気に楽しめてしまうのです。

 

抜群のエンターテーメント性

猿の将軍ハヌマンによる観客いじりは定番。
また、公演終了後には、ダンサーとの記念写真も取れると、エンターテーメント性は抜群です。

 

ウルワツ寺院ケチャダンス鑑賞方法

では、ウルワツ寺院への行き方や鑑賞方法などを説明していきましょう。

寺院への行き方

 ウルワツ寺院は、バリ島の最南端に位置しています。
デンパサール空港から22Km,車で1時以上かかります。
クタ、スミニャックエリアからだと、2時間程度かかってしまう事もあります。

交通ですが、バスなどの公共機関はありません。
タクシーやカーチャーターを使う事になりますが、寺院には客待ちタクシーはいませんので、タクシーを使う場合でも駐車場に待機させておく必要があります。

 

ケチャダンスの開始時間と寺院到着時間

ケチャダンスは夕方6時開始、7時終了です。

ただし、観光客の数がおおいので、遅くとも夕方5時ごろにはウルワツ寺院に到着していた方がいいでしょう。
早めに到着したほうが、よい席が取れますよ。

 

入場料、チケット代

まず会場があるウルワツ寺院の入り口受付で寺院入場券を購入します
入場券はRp20,000(約150円)になります。

ケチャダンスを見る場合は、さらに寺院敷地内にあるチケット売り場でダンス鑑賞チケットを購入します。
ダンス鑑賞チケットはRp100,000(約850円)です。

寺院入場券とダンス鑑賞チケット、合わせてRp120,000(約1,000円)となります。

寺院敷地内のチケット売り場ですが、公演開始の1時間前、夕方5時ごろからダンス鑑賞チケットの販売を開始しますが、お客さんの数が多いので、かなりの行列となります。

 

どの席がベストか

バリ島の人気ダンス・ケチャダンスはウルワツ寺院で楽しもう

ケチャダンスの会場は、野球のスタジアムのような形状となっており、その中央でダンスが行われます。
円形のスタジアムは海に面しているほうに割れ門がありそこから演者たちが入場してきます。

ベストな席は、ずばりこの割れ門の真正面です。
割れ門の後ろが海となっていますので、ダンスを見ながら海に沈む夕日も見る事ができるのです。

また、公演中は舞台中央で焚火をします。
あまり前の席だと、火の粉が飛んできたりしますので、中段くらいの席がいいでしょう。

この席ですが、予約はできず、すべて早い者勝ち。
良い席を確保するためにも、なるべく早く会場に到着するのがGoodです。

 

注意点

  • ウルワツ寺院内に入るにはサロン(腰布)とスレンダン(帯)が必要です。寺院入り口で貸してくれます。
  • 寺院ですので、キャミソールやタンクトップなど肌の露出が多い服はご遠慮ください。
  • 寺院内にはいたずらな猿が多く、メガネ、帽子、カバンなどをかすめ取ります。持ち物には十分注意してください。
  • ダンス終了後は一斉にお客さんが帰るので、渋滞となります。スケジュールが厳しい方はデンス終了前に帰るようにしてください。

 

ツアーを使って楽々鑑賞

バリ島の人気ダンス・ケチャダンスはウルワツ寺院で楽しもう

自分でウルワツ寺院に行って、ケチャダンスを見るのもいいのですが、タクシーなどの手配や、チケット購入など面倒なことが多いですね。

そこでおススメなのが観光ツアーを使った鑑賞です。

ツアーと言っても、大型バスで行くツアーではなく、普通車を使ったプライベートツアー。
プライベートですので、他のお客さんに気を遣う事もありません。

そして、日本語が堪能な現地ガイドも同行しますので、入場券やダンスチケットの購入、寺院の案内などもすべてお任せ。

言葉の不安も解消でき、初めての方も、リピーターの方も、観光ツアーがおススメです。

で、当店・バリ島旅行.comもウルワツ寺院のツアーを開催しています。
ウルワツ寺院だけではなく、GWKカルチュアルパークや、ジンバランでのシーフードBBQなどが付いたお得なツアーです。

ウルワツ寺院ツアーのご予約手配なら! | バリ島旅行.com

 

その他エリアでのケチャダンス

ウルワツ寺院以外でもケチャダンスの公演は行っています。
ここでは、その中でもおススメの2か所をご紹介します。

ウブドエリア

芸術の村ウブドでは、毎晩エリア内の複数の会場で伝統舞踊公演が行われています。

舞踊公演はバロンダンスやレゴンダンスなど多種にわたりますが、もちろんケチャダンスもほぼ毎晩行われています。

伝統舞踊の本場ウブドでのケチャダンス鑑賞、機会があればぜひご覧いただきたいと思います。

 

バトゥブラン

バロンダンスで有名なバトゥブラン村でも、毎晩ケチャダンス公演を行っています。

こちらの特徴はダンス終了後に、トランス状態に入った演者が火渡りをするサンヒャンや幼い二人の踊り子が寸分違わぬシンクロダンスを披露するドゥダリなども鑑賞できる点です。

 

まとめ

バリ島に方なら、伝統舞踊鑑賞は外せません。
その中でも特にエンターテーメント性が高く人気のケチャダンス。
これはぜひ見ておきたいものです。

そのケチャダンス、バリ島内のいたるところで行っていますが、やはり一番人気はウルワツ寺院の公演です。
自然の演出を巧みに取り入れた1時間の公演は毎日1000人近くの観客を集めています。

ウルワツ寺院ですが、バリ島最南端という事でアクセスが今一つ。
自分たちだけで行くのはちょっと難しいです。

言葉の不安などもありますので、ぜひ使っていただきたいのが観光ツアー。
日本語が可能な現地ガイドの案内で簡単、お手軽にウルワツ寺院観光とケチャダンス鑑賞、さらにシーフードディナーも楽しめます。

バリ島には、いろいろな楽しみがありますが、ウルワツ寺院のケチャダンス、ぜったいお見逃しなく!