バリ島ウブド便り

バリ島ウブド便り

バリ島現地旅行会社・バリ島旅行.comの公式ブログです。バリ島ウブドからバリ島旅行や観光に関する情報などをお届けします

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島アクティビティ人気ランキング

バリ島には日本では体験できないような海や山のアクティビティが沢山あります。
これらアクティビティでは楽しい体験ができ、バリ島旅行の素敵な思い出になるでしょう。

こんなアクティビティですが、バリ島には沢山の種類があるため、どのアクティビティを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。
旅行日程の関係で、すべてのアクティビティを体験するわけにはいかないです。

そこで、今回は当店が2019年1年間に扱ったアクティビティの中で予約数が多いもの5つをランキング形式でご紹介します。

この記事を読んで頂ければ、もうアクティビティに迷うことなどありません。
気に入ったアクティビティを予約して、素敵なバリ島旅行をお楽しみください。

 

 

バリ島アクティビティ比較表

バリ島アクティビティ人気ランキング1~5位を比較表にしてみました。

順位 施設名 料金(大人一人) 体験時間 レア度
1 ウォーターボム 3,500円/1日 4-6時間 B
2 マリンスポーツ 5,200円/パッケージ 1-2時間 B
3 キャメルサファリ 4,200円/30分 30分 A
4 バリサファリ&マリンパーク 8,300円/1日 4-6時間 A
5 エレファントサファリーアク 9,200円/パッケージ 30分 A

 

体験時間には往復の移動時間や現地での準備時間は含みません。

 

バリ島アクティビティの選び方

アクティビティを選ぶには次のような項目で選んでみましょう。

1.コスパが良い

安い料金で長時間遊べたら、すごくお得ですね。
料金/体験時間で1時間当たりの料金を計算して比較してみましょう。

2.日本で体験できるか?

せっかくバリ島に来ているのですから、日本では体験できないようなアクティビティを体験したいですよね。
動物系のアクティビティは規制などの関係もあり、なかなか日本では体験できないようなものが多いですよ。

3.体験時間

アクティビティには丸一日かかるようなものも、サクッと短時間で遊べるものもあります。
その日一日は、徹底的に遊ぶぞという事でしたら、体験時間の長い物を。
スパやショッピング、観光の間に楽しみたいというのなら体験時間の短い物を選びましょう。

 

 

各アクティビティの簡単な説明

1位:ウォーターボム

ウォーターボムの絶叫系スライダー

ウォーターボムはバリ島の中心地クタにあるウォーターパークです。

パーク内には10本以上の絶叫スライダーがあり、若者を中心に大変人気があります。
絶叫系が苦手な方には、ノンビリ流れるレジ―プールやまったり系スライダーなどがおススメ。
また、子供向けスライダーやキッズプールなどもあるので、ファミリーで来ても楽しいです。

パーク内にはレストランや休憩用のガゼボ(東屋)などもあるので、丸一日楽しむことができますよ。

料金(2020年度)
大人:3,500円/人
子供:2,600円/人

詳細・予約は
>>ウォーターボムの予約なら|バリ島旅行.com

 

2位:マリンスポーツ

バリ島マリンスポーツ

バリ島と言えばビーチリゾート。
ビーチリゾートと言えばマリンスポーツですよね!

バリ島ヌサドゥアのタンジュンブノアビーチはマリンスポーツのメッカ
多くのマリンスポーツが楽しめます。

その中でも特に人気なのが、ウォータージェット、バナナボート、フライフィッシュ、パラセイリング。
スリル満点のアクティビティで、若い人中心に人気があります。

マリンスポーツをお得に楽しむ秘訣は複数の種目がセットされたパッケージを利用すること。
当店No1人気のパッケージは「パラセイリング+バナナボート+ジェットスキー+ランチ」のパッケージA。
体験時間もランチ込みで2時間程度と、お手頃なのも人気の秘密です。

パッケージA料金(2020年度)
5,200円/一人

詳細・予約は
>>マリンスポーツの予約なら|バリ島旅行.com

 

3位:キャメルサファリ

バリ島キャメルサファリ

バリ島のビーチでキャメルライド(ラクダ乗り)

ちょっとアンマッチな感じもしますが、これがなかなか楽しいのです。

ラクダはおとなしい動物。
しかもベテランのガイドさんがいるから、すごく安心です。

背の高いラクダに乗って、の~んびりと海を見ながら散歩していると、ストレスなんか吹っ飛んじゃいますよ。

30分ライド料金(2020年度)
大人:4,200円
子供:2,900円

詳細・予約は
>>キャメルサファリの予約なら|バリ島旅行.com

 

 4位:バリサファリ&マリンパーク

バリサファリ&マリンパーク

バリサファリ&マリンパークは、バリ島唯一のサファリパーク。

トラム(専用バス)に乗って、ガイドさんの案内で野生の状態のまま暮らす動物たちのエリアを回るサファリジャーニーが一番人気。

他にも、エレファントライドや動物と一緒に写真を取るアニマルフォトもおススメ。
さらに、かしこい動物たちのアニマルショーやエレファントショー、そして勇壮なスケールのアグンショーなどショーも充実。
本当に1日いても飽きないアニマルパークです。

このパークのご利用はパッケージチケットが必要。
サファリジャーニーとアニマルショーのみというベーシックなプランから、エレファントライドや豪華ランチなどが付いたライノパッケージなど様々なパッケージをご用意してあります。

パッケージの中でも最もコスパがいいのがドラゴンパッケージ。
エレファントライドはできませんが、サファリジャーニーや各種ショーを楽しめ、さらにランチも付いたパッケージ。かなりお得です。

ドラゴンパッケージ料金(2020年度)
大人:8,300円
子供:6,600円

詳細・ご予約は
>>バリサファリ&マリンパークのご予約は|バリ島旅行.com

 

5位:エレファントサファリパーク

エレファントサファリパーク

バリ島に来たのなら、エレファントライド(象乗り)をぜひお試しください。

大きな象の背中に付けられた椅子に乗って、園内や林などを散歩するエレファントライドは、日本ではなかなか体験できないアクティビティです。

バリ島内ではエレファントライドが楽しめる施設が5か所ありますが、特におススメなのがウブドの北、タロ村にあるエレファントサファリパーク。
ここのオーナーが超が付くくらいのエレファントオタク。
パーク内には、象の博物館やお土産ショップ、そして象を見ながら眠れるコテージもあるんです。

さらに夜、真っ暗な林の中を象に乗って散策するサファリ・アンダーザ・スター(ナイトサファリ)が楽しめるのはここだけです。

こちらのパークにもいろいろなパッケージがありますが、イチオシはエレファントライドパッケージ。
ホテルからの往復送迎と30分のライド、そして象との記念写真撮影や餌やり体験、さらにおいしいランチも付いていますよ。

エレファントライドパッケージ料金(2020年度)
大人:9,200円
子供:6,300円
幼児:2,900円

詳細・ご予約は
>>エレファントサファリパークの予約なら|バリ島旅行.com

 

 

バリ島アクティビティ注意事項

楽しくて快適なバリ島アクティビティですが、油断するとトラブルに巻き込まれることも。ここでは、バリ島のアクティビティを快適に楽しむための簡単な注意事項を解説します。

 

1.日射病、熱中症に注意

バリ島のアクティビティはほとんどが屋外で行われます。
南国の強い太陽と湿度の中では、注意しないと日射病や熱中症になってしまう事も。

以下の事に気を付けて楽しく遊びましょう。

  • こまめに水分を補給する
  • 帽子や日傘など直射日光を防ぐ手段を
  • Tシャツや短パンなど涼しい服装で
  • 疲れたり、軽い頭痛を感じたら無理をせずに休憩を
  • 十分な睡眠や余裕のあるスケジュールなどなど体調管理は万全に

 

2.履物に注意

動き回るアクティビティですから、スニーカーのような動きやすい履物を
ハイヒールなどヒールの付いたものは絶対にNG
サンダルも、かかとストラップ付の物を用意しましょう。

 

3.海外旅行保険に入りましょう

各アクティビティには保険が掛かっていますから、万一事故があっても補償はしてくれます。
ただし、ローカルの保険なので、日本人からしたら補償額などちょっと不満があるかも

だから、旅行に行く前には必ず海外旅行保険に入っておきましょう。

万一の時は保険会社の契約病院でキャッシュレスで治療をしてくれます。
また、カメラなど携行品の保険や飛行機の遅延保険なども特約でつけられます。

海外旅行に行くときは、忘れずに海外旅行保険に加入しておきましょう。

 

現時点で営業中のバリ島スパ【2020年7月20日調べ】

営業中のスパ

世界的なコロナウイルス感染拡大を受け、バリ島では3月21日より外国人入国規制が始まりました。

それにより、バリ島内の多くのスパは休業となりましたが、7月13日からのバリ州内規制の一部緩和を受け、営業を再開したスパが何店舗かあります。

 

今回は、バリ島旅行.comでおススメするスパの中で、営業を再開したスパをご紹介いたします。

 

とはいえ、まだバリ島は外国人観光客の受け入れを行っておりません。
日本からバリ島においでいただくのは、かなり困難な状況となっております。

が、島内に滞在されていらっしゃる方で、スパ好き、マッサージフリークの皆様に向けて営業情報を発信させていただきます。

まだ、自由に楽しめる状況ではございませんが、状況が許す限る、ご利用いただけると嬉しく思います。

 

ヌサドゥアエリアのスパ

フランジパニ・エステティックス

フランジパニ・エステティックス

日本人観光客に絶大な人気を誇る、バリ島を代表する街スパ。
インドネシアの秘薬ジャムウを取り入れたトリートメントと、ヌサドゥアエリアを一望できる眺望がすばらしいスパヴィラが人気です。

営業時間
ご予約があった時のみ、オープン
メニュー制限
なし
注意事項
ご予約があった時のみの営業となりますので、必ず事前予約して頂きますようお願いします。
>>フランジパニ・エステティックスのご予約はこちら

 

ロイヤルオーキッドスパ

ロイヤルオーキッドスパ

マリンスポーツのメッカ、タンジュンブノアビーチにあるスパ。
クタのバリ・オーキッドスパとは姉妹店で、リーズナブルな料金設定でバリ島スタンダードなトリートメントが受けられます。
初バリさんや、あまりスパの経験がない方におススメです。

営業時間
ご予約があった時のみ、オープン
メニュー制限
なし
注意事項
ご予約があった時のみの営業となりますので、必ず事前予約して頂きますようお願いします。

>>ロイヤル・オーキッドスパのご予約はこちら

 

ジンバランエリア

アナンタラ・ウルワツスパ

アナンタラウルワツスパ

ウルワツの断崖に立つ高級リゾートホテル・アナンタラウルワツ内のスパ。
高級リゾートに負けない、豪華な施設とトリートメントで、心からリッチな気分になれます。

営業時間
09:00-21:00
メニュー制限
なし
注意事項
只今、アナンタラウルワツ・リゾートがお得なプロモーションを行っている関係上、大変込み合っております。
必ず事前予約をお願いいたします。

>>アナンタラ・ウルワツスパのご予約はこちら

 

アユタヤスパ

アユタヤスパ

ジンバランの小高い丘にある隠れ家的なスパ。
部屋数は5室だけととても小さなスパですが、日本人経営による細かい心配りと、ベテランセラピストの確実な施術が人気です。
裏のお庭で頂くランチも絶品!

営業時間
09:00~21:00
メニュー制限
なし
注意事項
大変わかりにくい場所にございますので、必ず事前予約の上、スパの送迎サービスをご利用くださいませ。

>>アユタヤスパのご予約はこちら

 

ラヴィ

ラヴィ

痛いけど気持ちいい、不思議な感覚のノンオイルマッサージ・スパ
タイマッサージをベースにしたオリジナルマッサージは、ツボを刺激し、コリや疲れを取ると、大評判です。

営業時間
14:00~21:00
メニュー制限
なし
注意事項
必ず事前予約をお願いいたします。

>>ラヴィのご予約はこちら

 

クタエリア

バリ・オーキッドスパ

バリオーキッドスパ

DFSギャラリア(免税店)がある、クタ・シンパンシュール・ロータリーの近くにある、老舗スパ。
バリらしい施設とセミオープンのバスルームが、とっても快適。
トリートメントも丁寧で、初バリさんからバリフリークの方まで、人気があります。

営業時間
ご予約があった時のみ、オープン
メニュー制限
なし
注意事項
ご予約があった時のみの営業となりますので、必ず事前予約して頂きますようお願いします。

>>バリ・オーキッドスパのご予約はこちら

 

スミニャックエリア

ディシニスパ

ディシニスパ

スミニャックの人気高級ヴィラ・ディシニ・ヴィラ内のスパ。
トリートメントルームはスパヴィラで、プライベート感はたっぷり!
シングルルームもヴィラタイプなのげ嬉しいですね。

営業時間
10:00~16:00
メニュー制限
なし
注意事項
必ずご利用日の1日前までにご予約をお願いします。
当日予約の場合は、バリニーズマッサージしか対応できません。

>>ディシニスパのご予約はこちら

 

バリギフトスパ

バリギフトスパ

スミニャックの大通りの裏にある隠れ家スパ。
リーズナブルな価格設定なので、お手軽に楽しめる人気スパです。

営業時間
09:00~17:00
メニュー制限
なし
注意事項
営業時間が短くなっていますので、ご注意ください。

>>バリギフトスパのご予約はこちら

 

ウブドエリア

ウブドボディワークスセンター

ウブドボディワークセンター

営業時間
11:00~19:00
メニュー制限
ボディマッサージのみ
注意事項
現在、ボディマッサージのみ、ご利用いただけます。
また、アルサナ氏のマッサージは現在予約は受けておりません。

>>ウブドボディワークスセンターのご予約はこちら

 

サンティカスパ(ゼスト)

サンティカスパ

営業時間
10:00~16:00
メニュー制限
ワークショップはご利用いただけません
注意事項
サンティカスパ3店舗のうち現在営業しているのは、ゼスト店のみとなります。

 >>サンティカスパ・ゼストのご予約はこちら

バリ島のスパは男性でもOKなんですよ、おススメのスパも紹介しますね

バリ島男性向けスパ

バリ島と言えば、やっぱりスパですよね

でも、男性の中には
「裸になるのがはずかしいな~」
「身体にオイルを塗られるのが嫌」
「女性にマッサージしてもらう事に抵抗がある」
といった理由で、スパを敬遠されている方がいます。

はっきり言って、これはもったいない!
男性ももっとバリ島のスパを楽しんだ方がいいと思いますよ。

という事で今回は、男性の方にお勧めのスパを3店舗紹介します。

紹介するスパは
・オイルを使わないノンオイルマッサージ
・がっつりと揉んでくれてコリや疲れを取ってくれる
・男性のセラピスト(マッサージ師)が対応
といった観点から選んでおります。

本来バリニーズマッサージは体のコリや疲れを取って体調を整えるマッサージ。
今のように医学が発達していなかった時代は、医療の一環として行われていたそうです。
そんなバリ島の伝統文化をしっかりと体現し、疲れやコリを取ってリフレッシュしましょう。

 

ラヴィ

ラヴィ

 

 

ラヴィは、ジンバランにある痛気持ちいいマッサージで人気のお店です。

こちらのマッサージは、タイマッサージや指圧を基にしたオリジナルのノンオイルマッサージ。
お店で用意したパジャマに着替えて、マットの上で受けます。

マッサージはタイマッサージに似て、ツボ押しやアクロバティックなストレッチが中心。
筋肉のコリや疲れをほぐしてくれます。

裸にならないノンオイルマッサージという事で、在住の男性にも人気で、特にゴルフ帰りに受けられる方も多いです。

肩こりや腰痛、体全体の疲れなどを感じている方はぜひこちらのラヴィを試されてみてはいかがでしょうか?

ラヴィの詳細ご予約は>>ラヴィの予約と手配ならお任せ!|バリ島旅行.com

 

 

ルリフレクソロジー

チルリフレクソロジー

 

チルリフレクソロジーは、スミニャックにあるリフレクソロジーとツボ押しの専門店です。

リフレクソロジーとは足裏にある反射区というツボを刺激することにより、体の体調を整えるフットマッサージの一種です。
一般的にリフレクソロジーと言えば台湾足つぼマッサージのように、かなり痛いマッサージですが、このチルリフレクソロジーは心地よい痛みで、悶絶するという事はありません。

足裏からふくらはぎ、膝の裏までマッサージしてくれますので、特に足の疲れやむくみなどの改善が実感できます。

施術は専用のチェアーが並んだワンフロアーの部屋で行います。
薄暗く静かなお部屋でアイマスクをし、i-Podから流れるヒーリング音楽を聴きながらマッサージを受けますので、足の疲れだけではなく、体全体の癒しになります。

また、ツボ押しマッサージ(背中のみ)もありますので、腰や背中、肩の凝りを感じている方はこちらもお試しください。

マッサージの時は、指の滑りをよくするために少量のクリームを使いますが、気になる方はクリームなしでもOK。
また、ご自分の服を着たままマッサージを行いますので、着替えるのが面倒とか、恥ずかしいといった事はありません。

フットマッサージが中心のお店ですので、ショッピングや観光などで足の疲れを感じたり、腰痛、肩こりが気になる方におススメです。
場所も、スミニャックの中心部近くという事で、夕方から混みあいますので、予約必至のお店です。

チルリフレクソロジーの詳細・ご予約は
  >>チルの予約手配ならお任せ!|バリ島旅行.com

 

ウブドボディーワークセンター

ウブドボディワークセンター

 

ウブドボディワークセンターはウブドにあるスパです。

こちらで行われるのは伝統的なバリ島のオイルマッサージ。
オイル嫌いな方は、腰が引けてしまうかもしれませんが、こちらのマッサージはよくあるスパの癒し系トリートメントではなく、がっつりとした治療系マッサージ。
イメージとしては、日本の整体といった感じでしょうか?

このスパのオーナー・セラピストであるクトゥ・アルサナ氏は、バリ島でも最も有名なセラピストです。
バリ島に来る観光客以外にも国内外のVIPなどからマッサージを依頼されることがあります。

アルサナ氏以外にも彼の指導を受けたセラピストが多く在籍し、マッサージを行っています。

マッサージはオイルを使ったバリニーズマッサージですが、かなり力を入れたマッサージですので、どちらかというと指圧に近い感覚を受けるかもしれません。
場合によっては、痛みを感じることも。
しかし、終わってみたら、体全体が軽くなり、気分もすっきりします。

もちろん、腰痛や肩こり、首の痛みもすっきり解消。
アルサナ氏は何も言わなくても悪いところが分かってマッサージしてくれるのですが、さすがにお弟子さんはそこまでの力はありません。
しかし、事前にどこが痛い、つらいと言っていただければ、ちゃんとマッサージで直してくれます。

バリニーズマッサージ、オイルマッサージは苦手という方、ぜひ一度こちらのマッサージを受けてみてください。
スパに対する考え方が変わるかもしれませんよ

 

ウブドボディーワークスセンターの詳細・ご予約は
  >>ボディーワークスセンター・ウブドの予約と手配なら | バリ島旅行.com

 

 

ということで、今回はバリ島スパは男性でもOKですよ!というテーマでバリ島スパを紹介させていただきました。

ここで紹介したスパ以外にもバリ島には沢山のスパがあり、土のスパも男性の利用は可能です。
ぜひ、恥ずかしがらずに男性もバリ島スパを楽しんでみてくださいね。

 

バリ島旅行で絶対に忘れてはいけないもの【旅行に行けなくなるかも】

バリ島旅行で忘れてはいけないもの

バリ島旅行の際、万一忘れ物があっても、現地で何とかそろえることができます。

しかし、中には現地では手に入らないものがあります。
それは

  • パスポート
  • 帰りの航空券
  • 海外旅行保険

の3つです。
この3つは、出発前にちゃんと用意しておかないと、日本から出国することもできません。

今回は、この絶対に忘れてはいけないもの3点について詳しく説明します。

 

<目次>

 

パスポート

パスポート

パスポートを持たずに海外旅行には行けないことはどなたでもご存知かと思います。

しかし、たまにパスポートを家に置き忘れて、空港で真っ青なんて方もいますから、まずはパスポート忘れが無いか確認してください。

 

さらにもう一点、確認して頂きたいことがあります。
それは、パスポートの有効期限。

バリ島では、入国時にパスポートの残存有効期限が6か月以上なければ入国できないという決まりがあります。
もし、6か月未満だったら、入国できずそのまま日本に帰ってくることになります。

また、パスポート不備の乗客を乗せた航空会社にもペナルティーがあるため、パスポート不備の方はチェックインカウンターで搭乗拒否されます。

 

ハワイなど残存有効日数は30日以上あればよい、という国もあるので、勘違いされる方も多いようです。
時々、パスポートの有効期限が短いので旅行をキャンセルするというお客様もいますので、有効期限、今一度確認してください。

ちなみに、残存有効期限が1年以内のパスポートは更新手続きができますので、早めの更新をおススメします。

 

帰りの航空券

航空チケット

ツアーなどでバリ島に行かれる方は、帰りの航空券がないという事はないと思います。
個人手配で帰りの日程がはっきりしていないので、帰りの航空券は手配していないという方はご注意ください。

バリ島から出国する航空券がない場合、バリ島行きの飛行機には乗れません!

 

バリ島では、日本からの観光客はビザなしで入国することができます。
ただし、その条件は滞在が30日以内で出国する航空券を持っていること。
つまり、帰りの航空券がない観光客は入国することができません。

入国拒否にあった場合、その乗客を乗せてきた飛行機会社にもペナルティーがあるため、帰りの航空券を持っていない乗客は飛行機に乗せてくれないのです。

 

これはビザなし入国やVOAで入国する人だけの規則です。
ソシアルビザやワーキングビザ、リタイアメントビザなど有効なビザを持っていれば、出国する航空券が無くても問題ありません。

 

では、本当に帰りのスケジュールが決まっていないという方はどうしたらいいのでしょうか?
その場合は、フライト日程を変更できるオープンチケットを用意されるといいでしょう。

 

海外旅行保険

海外旅行保険

旅行中の病気、けがの補償をしてくれる海外旅行保険も忘れずに加入しておきましょう。

海外旅行保険なら、大きな病院でキャッシュレスで治療が受けられるので安心です。
また、飛行機の遅延保険や携行物の補償などもしてくれます。

海外旅行保険は、いったん出国してしまうと、加入することができないので、出国前に必ず加入しておくことをおススメします。

 

クレジットカードをお使いの方はカードの付帯保険もありますね。
ただし、付帯保険の場合、利用条件や補償内容が海外旅行保険より厳しいので、必ずカード会社のサイトなどで保養内容などを確認しておきましょう。

 

海外旅行中でも、国民健康保険による補償は受けられます。
ただし、現地でのキャッシュレスはできず、いったん治療費を立替て、帰国後清算となります。
簡単な病気やけがでしたら立替も問題ありませんが、大きな病気、けがの場合、高額な医療費となりますので、国民健康保険があるから大丈夫というのは、あまり言えないかと思います。

 

という事で、バリ島旅行で絶対に忘れてはいけないものとして

  • パスポート
  • 帰りの航空券
  • 海外旅行保険

の3点を紹介いたしました。
中には、忘れると日本から出国できないものもあります。
そうすると、旅行自体キャンセルとなってしまいます。

絶対忘れないように、今一度ご確認をおススメします

バリ島おすすめゴルフ場Best3【2020年度版】

バリ島おすすめゴルフ場

バリ島には6つのゴルフ場があります。
(ただしそのうちの1か所ニルワナゴルフは現在クローズ中)

各ゴルフ場ともいろいろな個性があり、どこを回っても飽きることがありません。

とはいえ、旅行期間が決まっているとすべてのゴルフ場を回るわけには行きませんね。
どうしても、何か所かに絞らなくてはいけません。

そこで今回はバリ島のゴルフ場の中で時におススメのコースを3つご紹介します。

もちろん、選に漏れたゴルフ場がつまらない、行く価値がないと言っているわけではありません。
面白いゴルフ場もありますが、特に予約が多く評判がいいところを選びました。

次回のバリ島ゴルフ旅行、この記事を参考に、ゴルフ場選びをしてみてくださいね。

 

<目次>

 

バリナショナルゴルフ/Bali National Golf

バリナショナルゴルフ

 

バリナショナルゴルフはバリ島を代表するリゾートゴルフ場です。

ヌサドゥアにあるBTDCと呼ばれる高級ホテルエリアに隣接しており、アクセスはとても良いです。

このコースの特徴は、とにかく素晴らしいメンテナンスと、手ごわいグリーン。
よく手入れのされた南国の花々や樹木がホールを囲み、その美しさに一瞬心を奪われてしまいます。

あまり距離のないコースですので、パワーヒッターには少々物足りないかもしれません。
しかし、このコースの本領はグリーンにあります。
細かく手入れされた高速グリーンは微妙なアンジュレーションがあり、ちょっと気を抜けば3パット、4パットとなってしまいます。

スコアメイクの鍵はショットの正確さとパッティング。
力より技のホールと言えるでしょう。

 

バリナショナルゴルフのご予約詳細は
>>バリナショナルゴルフの予約手配ならお任せ!バリ島旅行.com

 

こちらのゴルフ場を動画でも紹介しております。

ぜひご覧ください。


【バリ島ゴルフ】バリナショナルゴルフ・バリ島で最も美しく手ごわいゴルフ場/Bali Golf Review Bali National Golf

 

 ニュークタゴルフ/New Kuta Golf

ニュークタゴルフ

 

ニュークタゴルフはウルワツの崖の上にあるリンクスコース。
サーフィンで有名なドリームランドビーチのすぐそばにあります。

リンクスコースという事で、一番のポイントは風!
しかも、乾季と雨季とで風向きが変わる厄介な海風です。

そして、コースも広く距離もあり、どちらかというと距離自慢のパワーヒッター向けと言えるでしょう。

とはいえ、フェアウェイやグリーン周りには随所に罠が仕掛けられています。
飛距離だけではなく、技術や知恵も試される、とってもタフなコースなんですね。

そして海風にさらされたグリーンは超高速!
芝目も難しく、タフさと繊細さが求められるのです。

戦略的でアグレッシブなニュークタゴルフ、わざと力を兼ね備えた腕自慢のゴルファーの挑戦をお待ちしております。

 

ニュークタゴルフのご予約詳細は

>>ニュークタゴルフの予約手配ならお任せ!バリ島旅行.com

 

ニュークタゴルフを動画でもご紹介しております。


【バリ島ゴルフ】ニュークタゴルフ・バリ島でも人気トップクラスのゴルフ場/Bali Golf Review New Kuta Golf

 

 

ブキットパンダワゴルフ/Bukit Pandawa Golf

ブキットパンダワゴルフ

 

 バリ島の南部パンダワビーチを望む崖の上に作られたパー3のショートコースがブキットパンダワゴルフです。

なんだ、ショートコースか!
なんて思われる方もいますが、こちらは単なるショートコースではありません。

200m超えのホールもありますし、フェアウェイ、グリーン、すべてが通常のレギュラーコース以上に素晴らしい。
距離が短いだけの本格コースなのです。

このコースのポイントは、海風と高低差。
時折強く吹く海風や細かく設計された高低差やレイアウトにより、距離感がくるってしまうのです。

さらに、浮嶋グリーンやガードバンカーなどもうまく設置されており、距離感、方向性がきっちりとあった正確なショットがないとスコアがまとまりません。
つまり、パワーで攻めるより、技術で挑むコースなんですね。

飛距離が短めな女性やシニアクラス、そしてビギナークラスの方に楽しくラウンドして頂きたいと思うコースです。

 

ブキットパンダワゴルフの予約詳細は
>>ブキットパンダワゴルフの予約手配なら・バリ島旅行.com

 

と今回は、バリ島おすすめゴルフ場BEST3をご紹介させていただきました。

あれ?ニルワナゴルフがないぞ!
と思われた方もいるかと思います。
ニルワナゴルフは、現在コース改修中で再開時期のめどは立っておりません。
そのため、名門コースですが、今回のBEST3からは外させていただきました。

 

ビギナーもレディースもパワーヒッターもテクニシャンもみんな楽しめるバリ島のゴルフ。
ぜひおいでくださいね。