バリ島ウブド便り

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島、ちょっとおかしな交通マナー

バリ島のおかしな交通ルールと交通マナー

バリ島の繁華街には、レンタルバイクのお店がたくさんあります。
観光客は、パスポートなど身分証明書があれば簡単に借りられ、料金も1日千円以下と大変安価です。
バイクがあれば、好きな時に、好きな場所に行けて、本当に便利ですよね。

ただし、当社では旅行者の皆さんがレンタルバイクを使うのはあまりお勧めしません。
それは、次のような危険があるからです。

  • 無免許による警察の検挙
  • 事故を起こした場合の保険の適応
  • 日本と違う交通ルールとマナー

特に、バリ島の交通ルールやマナーは日本と違いところが多く、慣れないと大変危険です。

今回は、そんな交通ルールの中でも私がびっくりしたルール、マナーをご紹介します。
これを読んでいただければ、バリ島でのバイクの運転がどれほど危険かご理解いただけると思います。

 

<目次>

 

信号機があっても油断大敵

バリ島でも信号機を守るルールは日本と同じ。
青は進めで、赤は止まれです。

しかし、信号機がある交差点でも油断は大敵です。
信号を守らない車やバイクが多く、こちらが青信号でも、平気で突っ込んでくることがあります。

また、大きな交差点には信号が赤でも左折は進んでよいという交差点もあります。
左折OKの交差点はちゃんと標識でそのように指示してあるんですが、そうでない交差点でも(勝手に)このルールを適応してくる人もいます。

そのため、バリ島の人は信号機が青でも、かなり注意をしながら交差点に入ります。
そのおかげで、交差点での事故が少ないということもありますけど・・・

 

直進優先?右折優先?いや、おれ様優先

日本では交差点などでは直進優先が常識ですよね。

バリ島では、先に入ったもの勝ちのような所があります。
つまり、おれ様優先

交差点でこっちが直進だからと進んでいったら、右折車が急に曲がってきて、なんてこともよくあります。
右折者側も、こっちが先だろう!って感じで睨んできます。
譲り合いの精神というのは、ほとんど期待できません。

 

ウインカーは手でヒラヒラ

バイクで右折や左折するときはウインカーを使いますよね。
もちろん、バリ島のバイクにもウインカーはついています。

しかし、時々曲がる方向の手を水平に上げてヒラヒラさせている人がいます。
こっちに曲がりますよーという合図だそうです。
ウインカーだけでは、信用できないってことでしょうか?

 

ウインカーは信じられない

バイクのウインカーなんですが、やっぱり信用できません。

よく見かけるのは、ウインカーをずっとつけっぱなしの人。
曲がるのか、曲がらないのか、さっぱりわかりません。

そうかと思うと、ウインカーをつけずに急に曲がったり、右折ウインカーを出しながら左に曲がったりと・・・

やっぱりバイクのウインカーは信用できませんね。

 

気が付けば左から追い抜かされている

バイクや車を追い抜かすのは右から
というのがルールですよね。
(バリ島も日本と同じで車、バイクは左側通行です)
でも、バリ島では平気で左から追い抜かす人がいます。

明らかに、左側より右側のほうがスペースがあるのに、なぜか左から追い抜かされることがよくあるのです。

ですので、左折するときは、左後方にも十分注意しなくてはいけません。
危うく衝突しそうになった、なんてことを何度も経験しています。

もっとも、キープレフト(走行時は左によって走る)というルールを守っている人が少ないという理由もあるんですけどね・・・

 

すきを見せたら割り込み、追い越し

バリ島の人は、車間距離という考え方がないのか?
あるいは、1mでも先に行かないと気が済まないのか?

と思えるほど、少しでも前車との距離があけばバイクでも車でも追い越し、割り込みしてきます。
しかも、かなり強引に。

また、対向車が来ていても強引に追い越しをかけたり、対向車線にはみ出したり、見ていてハラハラします。

よく事故が起きないなーと思われるかもしれませんが・・
よく事故が起きています。
交差点での事故は少ないのですが、交差点以外の場所での事故が結構多いのです。

 

信号機は赤・黄色・青?

バリ島の信号機も日本と同じで赤・黄色・青の3色です。

ただし、点灯する順番が違います。

日本では、青(進め)→黄色(注意)→赤(とまれ)ですが、
バリ島では 青→赤→黄色の順番で点灯します。

では、黄色信号の意味は??
なんと「もうすぐ青になりますよ」というお知らせなんですね。

そして、黄色信号になると、一斉に発進しだします。
この時、ちょっとでももたつくと、すぐに後方からクラクションを鳴らされます。

もう、信号機はF1のスタート状態です。

 

まとめ

今回は、バリ島のおかしな交通ルールとマナーの一部をご紹介しました。

今回紹介したのは、ほんの一部。
他にも、驚くようなルールやマナーがたくさんあります。

日本とは全く違う交通事情で慣れていないとすごく危険ですので、旅行者の皆さんは、バイクや車を運転しないようにお願いいたします。