バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

免許証を更新してきました

ちょうど1年前、こんな記事を投稿しました。

 

balitravel.hatenablog.com

 昨年、免許の更新を忘れてしまい、新規に免許を(苦労して)取り直しました。

あれから、もう1年。
今年は、忘れずに免許更新に行って来ました!

旅行者の皆さんには直接関係ないかもしれませんが、今回は免許更新についてお話したいと思います。

ただし、筆者はウブドに住んでいるので、免許はギャニャール県交付になります。
手順などで他のエリアと若干違うところがあるかもしれませんが、ご容赦願います。

f:id:balitravel:20171014104448j:plain

 

<目次>

 

免許更新はいつするのか?

インドネシア人は5年有効の免許証が取れますが、外国人の場合1年有効免許しか取れません。

外国人でもKITAPという5年有効の居住許可を取得していれば、5年有効免許が取れます。

しかし、筆者はKITASという1年有効の居住許可しか持っていないので、1年有効免許しか取れませんでした。

 免許を取得、あるいは更新してから1年後にまた免許更新をしなくてはいけません。

f:id:balitravel:20171014104951j:plain

こちらが、筆者の免許証ですが、免許証に有効期限(Berlaku s/d)と公布日が記載されています。
この有効期限日までに更新しないと、免許証は無効となり、再度試験を受けて免許を取り直さなくてはいけません。

有効期限は公布日から1年。
実は昨年取った免許証の有効期限は10月19日でしたが、休みの都合などから10月12日に更新に行きました。
そのため、新しい免許証の有効期限は2018年10月12日となってしまいました。
つまり、有効期限日が少しずつ早くなってしまうんですね・・・

まぁ、有効期限日その日に更新すればいいのですが、お休みなどの関係でどうしても早めに更新することになってしまいます・・・

 

免許更新に必要な書類

免許更新には以下の書類が必要です。

  • 現在の免許証(オリジナル)
  • 免許証のコピー
  • パスポートのコピー
  • KITAS(e-KITAS発行証明書)のコピー
  • ドミシリ(村発行の居住証明書)

以下の書類は必要ないかもしれないのですが、念のため提出しました

  • IMTA(労働許可証)のコピー
  • STM(所轄警察署への外国人居住届け)のコピー

これで、完璧と思い、受付に提出したら
マップを買ってきて
と言われました!

f:id:balitravel:20171014110054j:plain

マップとは、紙製のフォルダーのことで、お役所などに書類提出する際、このマップに挟んで提出します。

マップはコピー屋さんやスーパーマーケットなどに売っています。
聞いたら、警察の敷地内にコピー屋さんがあると言うので、そこに行って買って来ました。
1枚Rp500でした・・・

 

更新の手続き

書類もそろったので、いざ!更新手続きへ

1)健康診断

最初に指定の診療所で健康診断を受けます。
診療所は警察から300mくらい離れたところにありました。

健康診断は、血圧測定と色弱検査を行い、別室で運動能力検査を行います。

で、運動能力検査なんですが・・・
用紙を渡されて
人の絵を描いて
はぁ?

と、人の絵(まんが)を書かされました。

f:id:balitravel:20171014111323j:plain

こんな絵を描いてきました。
絵心無くてごめんなさい・・・

なぜこんなことをするのか、謎ですが運動能力検査ですって・・・

この健康診断に掛かったお金はRp115,000でした。

2)申請書作成

健康診断が終わったら、警察の受付に行き、免許更新したい旨、話しました。

一応、古い免許証を見せて有効期限内であることを確認したら、更新の申請書をくれますので、記入をします。

記入方法は見本があるので、それを見ながら行います。

3)受付

 健康診断書、申請用紙も含め、すべての書類をマップに挟んで受付に提出しました。
書類をチェックした後
「そこの番号札を持って、更新料金を支払って」
と指示されました。

最近、どこに行っても、番号札です。
以前は番号札が無かったので、横入りや割り込みが多かったのですが、番号札になって順番を守らせるようになりました。

4)更新料の支払い

更新料は待合室(Ruang tunggu)にある銀行窓口で行います。
最近のお役所や公共料金などはすべて銀行振り込みや銀行の窓口支払いになりました。
現金での事故を防止する目的だそうですが、一番はお役人の賄賂防止のようです。
昔は、受付の裏から警官が出てきて、賄賂を渡すと優先的に手続きをしてくれましたが、いまはそれをやると「クビ」だそうです。
また、受け取ったほうだけでなく、渡したほうにも罰則があるので、
「賄賂はダメ!ゼッタイ」
ということでお願いします。

SIM-C(バイク免許)の更新はRp75,000でした。

5)ひたすら待ちます

更新料を支払ったら、手続きが済むのをひたすら待ちます。

待合室にはテレビがあり、免許の取得手続き方法や交通安全の啓蒙ビデオが流されていました。

このビデオなんですが、よく見たらバリ島、しかもギャニャールの風景や警察がよく出てきます。
どうも、国が作ったのではなく、ギャニャール警察が作ったビデオのようです。
でも、ストーリー仕立てになっていて、ドローンも使って、結構立派なビデオでしたよ~

6)写真撮影

30分くらい待ったら、名前を呼ばれて写真撮影です。
住所などを確認された後、写真撮影、指紋採取、サインをして終了です。

免許ができるまで10分くらい待合室で待って、できた免許証をもらって終了です。

 

まとめ

今回は、窓口が込むのがいやだったので、朝08:00に行きました。
早く行けば、だいたい1時間くらいで更新は終了します。

また、必要書類は事前にそろえて、マップもつけて提出すれば、更新はスムーズに進みます。

慣れてしまえば、それほど難しくない手続きですので、ちゃんと毎年更新しましょうね。