バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

意外と遠いよ!ウブドへの行き方知ってますか?

ウブドに行ったら癒される~

癒しやナチュラル感を求めてウブドに行かれる方、いらっしゃいますよね。
でも、ウブドまでどうやって行ったらいいのか?
知らない方も多いんじゃないでしょうか?

日本からの観光客が多く泊まるヌサドゥア、クタ、スミニャッくといった南部ビーチエリアからウブドまではおよそ40Km,車で1時間から1.5時間かかります。
もちろん、徒歩でなんていけません。

で、今回はウブドとその周辺の観光スポットへのアクセス方法についてご案内します。

 

f:id:balitravel:20160716114144j:plain

癒しと芸術の村ウブド

<目次>

 

南部エリアからウブドに行く5つの方法

PERAMAシャトルバス

クタエリアから、安く簡単にいくには、PERAMA社のシャトルバスがいいでしょう。

このシャトルバスは、クタ~サヌール~ウブドを一日5往復しており、片道Rp60,000(2017.9.15現在)とリーズナブル。
古くからあるシャトルバスで白人のバックパッカーさんたちがよく利用しています。
クタからウブドまでおよそ1時間~1.5時間です。

ウブドの停留所は南部のプンゴセカンというエリアにあり、停留所からウブド王宮までは徒歩で約20分。
よい観光ルートになります。

また、追加料金を支払えば、ホテルまで迎えに来てくれるそうです。

詳細はこちらのサイトをご覧ください。

Perama Tour : Daily Bali Lombok Shuttle Bus & Boat

 

クラクラバス

JTBの関連会社が運営しているクラクラバス。
クタのDFSギャラリアをハブにクタ、スミニャックなど各地にシャトルバスを運行しています。

その中のウブドラインは、DFSギャラリアから1時間おきに毎日8往復運行しています。

ウブドまで約1.5時間で料金はRp80,000.
車内はクーラー完備、Free Wifiもあります。

ウブドエリア内には ウブドヨガセンター、アラヤウブド、プリルキサンミュージアム、セントラルパーキングと4つの停留所があります。

 

f:id:balitravel:20170915154849j:plain

クラクラバス・セントラルパーキングウブド

詳細はこちらのサイトをご覧ください

ja.kura2bus.com

 

タクシー

f:id:balitravel:20170127100342j:plain

 

南部エリアで見かけるメータータクシー。
これでウブドまで行くのもいいでしょう。
クタエリアからですと、ウブドまで1~1.5時間。
料金はRp300,000くらいになります。
シャトルバスに比べたら高くなりますが、複数人で割ればそれほどでもないかと思います。

 

カーチャーター

ただウブドエリアに行って帰ってくるだけですと、カーチャーターはちょっともったいないかもしれません。

しかし、ウブドエリアや周辺の観光ポイントを回ったり、帰りにほかのエリアなども回るのでしたら、カーチャーターが一番のお勧めです。

 

トランスサルバギータ

ヌサドゥア、クタ、サヌール、デンパサールのローカルエリアを結ぶ循環バストランスサルバギータ。

1路線どこまで乗ってもRp3,500ととても経済的

f:id:balitravel:20170603115256j:plain

ローカル向け循環バス・トランスサルバギータ

このバスを使って、ウブドエリアに行くのは、ちょっとお勧めできません。

ウブド方面に向かうには、バトゥブラン行きのバスに乗ります。
ところが、このバス、バトゥブランが終点です。
ここからウブドまでは約20Km。
バトゥブラン周辺にはメータータクシーはなく、あるのはベモというローカル乗り合いタクシーのみ。

ちょっと、旅行者には敷居が高い移動方法です。

 

ウブドエリア内の移動はこの方法で

ウブドアリアに到着しました~
で、ここから観光やお買い物、スパなどいくのですが、エリア内の移動法はこんな方法がいいと思います。

 

ウブド中心部は歩きで~

PERAMAシャトルバスの停留所やクラクラバスのアラヤウブド停留所があるプンゴセカンというエリアは、ウブドの南側になります。

ここからウブド観光の中心であるウブド王宮やウブド市場までは歩いて20分程度。

プンゴセカン~ウブド王宮までの範囲がウブド中心部(セントラルウブド)といわれるウブド観光の主要部となります。

このエリア内にはモンキーフォレストがありますし、ガイドブックで紹介されている多くのお店も集まっており、移動は徒歩がお勧めです。

徒歩でエリア内を回っても2時間あれば十分。
途中、お茶したり、食事しても半日あれば回れてしまいますよ。

 

ウブド郊外に行くにはトランスポートで

ゴアガジャ遺跡、テガララン・ライステラス、ティルタエンプル寺院などウブド郊外にある観光名所。
どこも、ウブドから車で15分~30分以上かかります。

ところがこのような観光施設に行くバスなどの交通機関はありません。
どうするかというと、トランスポーターを使います。

f:id:balitravel:20170915154900j:plain

トランスポーターはメーターのないタクシーです。
街中には、写真のように「TAXI」と書かれたカードを持ったトランスポーターがたくさんいます。
行きたい場所があれば、彼らに声をかけて車を出してもらいましょう。

ただし、メータータクシーと違いメーターはついていません。
行き先ごとに、料金が決まっているので、乗車前に行き先を告げて、料金を確認してから乗車しましょう。

 

 ウブドからの帰りはどうする?

ウブドエリアから南部ビーチエリアへの帰りの移動方法についてご案内します

 

PERAMAシャトルバス

f:id:balitravel:20170915154853j:plain

PERAMAシャトルバス・ウブドターミナル

クタエリアからPERAMAシャトルバスでウブドまでこられたのなら、帰りもPERAMAシャトルバスを使われるのがいいと思います。

運賃も往復で購入したら割引もありますからね。

ただし、シャトルバスは時間が決まっているので、乗り遅れないように注意しましょう。

 

クラクラバス

f:id:balitravel:20170915154856j:plain

クラクラバス・アラヤウブドバス停

クラクラバスで帰るのもいいですよね。

このアラヤウブドバス停はPERAMAシャトルバスと同じプンゴセカンエリアにあり、隣はCOCOスーパーマーケットがあるので、いろいろ便利です。

 

タクシー

ウブドエリアにはメータータクシーはありません。
たまに、南部エリアからお客さんを乗せてきたメータータクシーが走っていますが、ウブドエリアでお客さんを乗せることはできません。

 

シャトルバスに乗れなかった・・・
という場合は、先ほど紹介したトランスポーターを使いましょう。

ウブド中心部から、クタエリアまでRp300,000~400,000くらいになります。
(クタエリアでも、場所によって料金は変わってきます)

 

目的別おすすめアクセス法

ウブドエリアへのアクセス法をいろいろ紹介してきましたが、いまいちわかり辛いかもしれませんので、目的別のアクセス方法をまとめました。

 

ウブド中心部をうろうろ→シャトルバス+徒歩

ウブド中心部で、お買い物やお茶、食事をして、モンキーフォレスト、ウブド王宮を見るだけ~

という場合は、PERAMAシャトルバスやクラクラバスを使ってウブドエリアに来て、あとは徒歩で回るのがいいでしょう。
帰りも同じシャトルバスを使うのがベスト。
一番安い方法だと思いますよ

 

ウブド周辺の観光→シャトルバス+トランスポート

ウブドの街も見たいし、テガラランやゴアガジャなど周辺も観光したい~

という場合は、シャトルバスでウブドまできて、バス停付近でトランスポートを探すのがいいでしょう。
PERAMAシャトルバスやクラクラバス・アラヤウブドバス停付近には、トランスポートもたくさん集まっています。

短距離、短時間の移動はトランスポートがお勧めです。

 

ウブド郊外のスパに行きたい→シャトルバス+スパの送迎

バグースジャティスパ、カユマニススパ、マヤウブドなどウブド郊外にあるスパに行きたい~

こんな場合は、シャトルバスでウブドエリアにきて、スパの送迎サービスでバス停から送ってもらうのがいいでしょう。

多くのスパは送迎サービスを行っていますが、無料範囲はウブド中心部からのみ。
クタなど南部エリアもお迎えに行きますが、送迎費がかかってしまいます。

そこで、ウブドまではシャトルバスで移動し、シャトルバスの停留所からはスパの無料送迎で移動するのが賢いやり方。

スパの送迎に迎えに来てもらうのなら、PERAMAシャトルバスのバスターミナルか、クラクラバス・アラヤウブドバス停がおススメです。
ウブド王宮付近はいつも渋滞していて、送迎も難しいので、上記場所にしていただけると助かります。

 

ウブドだけじゃなく、ほかの観光地も回る→カーチャーターです

ウブドも行きたいけど、キンタマーニ高原やタマンアユン寺院など周辺の観光地も行きたい~

という場合は、カーチャーターですね!

カーチャーターを使って、いろいろなエリアを観光しましょう!

www.balitouryokou.com