読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バンドゥンのおやつチロック(CILOK)

筆者の家の近所にIndomaret(インドマレット)という大型のコンビニがあるのですが、毎晩そこに人だかりができます。

なんだろうと覗いてみると、小さな屋台が出ていました。

今日は、この屋台についてご紹介します。

f:id:balitravel:20170324102845j:plain

 

<目次>

 

チロックとは?

大人気の屋台ですが、チロック(CILOK)という食べ物を売っています。

f:id:balitravel:20170324102844j:plain

調べたところ、チロックとは、西ジャワ州バンドゥン(Bandung)の食べ物だそうです。

魚のすり身や小麦粉、片栗粉(タピオカ粉)とにんにくなどを混ぜて、ゆでたお団子のようなもので、甘辛いピーナッツソースをかけて食べます。

さらにチロックを揚げたチロック・ゴレンというものもあるそうです。

クックパッド・インドネシアに作り方がありました(インドネシア語です)

cookpad.

ブログなどを検索すると、バンドゥンではポピュラーな食べ物で、夜食やおやつなどでよく食べられているそうです。

 

買ってみた

このチロックですが、バンドゥンの食べ物ということで、あまりバリ島では見たことがありません。
ジャワ出身の友人に聞いたら、すごくおいしいというので、買ってみました。

f:id:balitravel:20170324102843j:plain

屋台は、バイクの荷台に取り付けた小さなもので、片側に大きなお鍋が取り付けられています。

お鍋はガスレンジで暖められており、蓋を開けるとお団子がたくさんありました。
ネットで調べるとチロックは2~3cm程度の小さなお団子ですが、この屋台にはもっと大きなサイズのお団子もありました

 

f:id:balitravel:20170324102841j:plain

5,000ルピア(約45円)分頼むと、ビニール袋にいろいろなサイズのチロックを入れ、お鍋の中から煮汁をちょっとかけてくれます。

f:id:balitravel:20170324102840j:plain

そこに、ケチャップマニス(甘いソース)を入れます

f:id:balitravel:20170324102904j:plain

さらに、濃いオレンジ色のピーナッツソースをかけます。

このピーナッツソースはピリ辛で、先に入れたケチャップマニスと混ざり、甘辛いソースとなります。

さらに辛いのが好きな方は、チリソースだけ追加してもらえます。

これで、一人前5,000ルピア(45円くらい)です。

 

食べてみた

f:id:balitravel:20170324102903j:plain

家に帰り、お皿にあけて食べてみました!

小さなお団子(チロック)は、魚のつくねのような感じで、もちもちしていました。

また大きなお団子は中に鶉の卵が入っていました。

それと、半透明で、もちもちしているものもありましたが、正体不明(!)でした。

あじは、かかっているピーナッツソースの甘辛い味が強く、チロック自体にはあまり味がついていないようでした。

 

このチロックは、バリ島の食べ物ではないので、バリ島で見ることは少ないかと思いますが、有名なバクソーとはまた違って、おいしいおやつですので、機会があればぜひトライしてみてください。