読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島の水事情

多くの国や地域では、蛇口から出てくる水はそのままでは飲めません。

バリ島も同じく、水道水と言っても、地下からくみ上げた水を殺菌処理をしないで分配しているので、基本的にそのまま飲むことはできません。

安全なお水を飲むにはどうしたらいいのか?
お皿や食物を洗うお水は安全なのか?
といった、バリ島の水事情について今回はご案内いたします。

f:id:balitravel:20160916100408j:plain

 

<目次>

 

水道水が飲めない理由

日本の水道は、川や地下水をくみ上げて、浄水処理場で、泥や砂、ゴミを分離し、さらに塩素によって消毒しています。
このことにより、水道の水はそのままの状態で飲むことができます。
また、井戸水を使っているところでも、定期的に保健所が水質検査を行い、飲んでも大丈夫かを確認しています。

一方、バリ島では多くの家庭が井戸水を使っています。
また、街中では水道がありますが、これも地域で大きな井戸を掘り、汲み上げた水をそのまま各家庭に分配しているので、日本のような殺菌処理はしていません。

また、バリ島は日本のように下水道が発達しておらず、生活用水はそのまま河川に流されます。糞尿なども、簡易的な浄化槽はありますが、基本的に地中に流しています。
そのため、民家が多い場所では地下水といえども、そのまま飲むことは危険です。
特に、南部ビーチエリアは、人口も多くホテルも多いので、ウブドなどの山間のエリアに比べ地下水の汚染度合は高いと言われています。

ただし、山間部など人が住んでいないエリアなどに湧いている地下水は、汚染度合が少なく、そのまま飲むことができる水もあります。たとえば、ティルタエンプル寺院の聖水は大変奇麗な水と言われています。

 

バリ島ではどんな水を飲んだらいいのか

バリ島での飲料水は、基本的にはミネラルウォーターです。

f:id:balitravel:20160916100406j:plain

この写真にあるように、スーパーやコンビニエンスストアーなどで、ボトルに入ったミネラルウォーターが売られています。金額も600mlでRp2,000~4,000、1.5LでRp10,000程度と安いので、市民もこのようなミネラルウォーターを買って飲んでいます。

 

f:id:balitravel:20160916100407j:plain

この大きなボトルはガロン瓶といって、19L入っているミネラルウォーターです。
瓶ごと購入すると1本Rp65,000~80,000程度しますが、空き瓶を持っていけばRp20,000程度で水が入った物を買うことができます。

 

これらミネラルウォーターですが、バリ島内の人が住んでいないエリアで湧き出す奇麗な地下水をボトルに詰めて販売しています。
詳細は確認していませんが、フィルターなどを使って不純物や殺菌などをしているそうです。

 

ミネラルウォーターのメーカーと言えば「アクア(Aqua)」がもっとも有名で、ミネラルウォーターの代名詞ともなっていますが、国内にはアクア以外のブランドのミネラルウォーターも販売されています。
たとえば、「クラブ(Club)」というメーカーのミネラルウォーターは、日本資本も参入しているメーカーで日本製のフィルターを使って殺菌していると言われています。
また、インドマレットというコンビニでは自社ブランドのミネラルウォーターも売られています。

 

アイル・イシ・ウラン(Air Isi Ulang)

f:id:balitravel:20160916100405j:plain

最近よく見かけるのが、この写真にある「アイル・イシ・ウラン」です。
アイル=水、イシ=詰める、ウラン=繰り返す、という意味で訳すと「水の詰め替え」屋さんです。

毎朝、きれいな水を入れたタンクローリーが来て、お店のタンクに水を補充します。その水を樹脂フィルターを通し紫外線で滅菌処理をしてアクアなどのガロンボトルに詰めて売っています。

空きボトルを持っていけば19LでRp5,000~6,000と大変安いので、こちらを利用している人も多くいます。

 

ちなみに筆者は自宅に特殊フィルターの浄水器があり、水道水を浄水器を通して使っています。

 

ホテルやレストランのお水は大丈夫?

先ほども説明したように、ホテルといえども、蛇口から出てくるお水は飲めません。必ず、アクアなどのミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

歯磨きやうがいの時のお水や、コーヒーや紅茶を入れるときのお水を心配される方もいます。ウブドの郊外など周りに民家があまりないようなところでしたら、それほど神経質になることはありませんが、クタなど民家や建物が多いエリアは、ちょっと心配ですので、歯磨きやうがいの時もミネラルウォーターを使うようにした方がいいでしょう。
よく、アメニティでボトルに入ったお水が洗面所に置いてありますが、これは飲料水ではなく(もちろん、飲んでも構いませんが)歯磨きやうがい用のお水です。

 

プールのお水を心配される方もいますが、これは日本のプールと同じで、ちゃんとしたホテルのプールなら、塩素による殺菌を行っていますので、多少飲んでしまっても大丈夫です。とはいえ、大量に飲んでしまったらお腹を壊すこともありますので、注意してください。

 

レストランですが、バリ島のレストランは、日本のように、お水のサービスはあまりありません。それでも最近、サービスでお水を出す所が増えてきましたが、そのようなところはミネラルウォーターの水を出しているので、安心してください。

お皿や野菜などを洗うお水を心配されている方が多くいらっしゃいます。小さな屋台やワルンと言われる大衆食堂の一部では衛生状態が悪いので心配ですが、観光客が行くようなレストランでは、洗剤などを使い殺菌していますので、心配はないです。

特に、大きなレストランの中には、飲み水以外の水も樹脂フィルターで殺菌しているので、それほど神経質になることはないでしょう。

 

と、今回はバリ島の水事情についてご案内いたしました。

原則、生水は飲めないので、必ずミネラルウォーターを買って飲むということを、覚えておいてくださいね。