読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

今年のニュピは3月21日です

先週は、日曜日から晴れの日がずっと続いています。
ウブドでは土曜日と日曜日にちょっと雨が降りましたが、南部エリアはいい天気がずっと続いていて「あらっ、雨季が明けたのかしら・・・?」なんて思えますが、まだまだ雨季は続いています。


よくバリ島では「ニュピが来たら雨季は終わり」なんてことを言います。
今年のニュピは3月21日。あと1ヶ月半は雨期が続きますね。


さて、バリ島好きの方ならニュピって何かは、ご存知ですよね。
でも、バリ島ビギナーの方などニュピって何?って方もいらっしゃいますので、ニュピについて説明します。


ニュピは別名「静寂の日」と言われるバリ・ヒンドゥー教の祭日で、一日、灯火の使用や労働が禁止される日です。さらに、外出も禁止され、一日中、家で静かに瞑想したりする日です。
故事によると、ニュピの前日(暗月の日)、冥界の大王マヤ神が冥界の大掃除をするので、プトカロと呼ばれる悪鬼が冥界から地上にこぞって出てきます。そのため、バリ島では、要所要所でお清めの儀式をしたり、家庭内ではプトカロが嫌がる大きな音をたてたりして、プトカロをバリ島から追い出します。
その翌日(つまりニュピの日)は、一日静かに過ごすことにより「バリ島には誰もいませんよ」とプトカロに思わせ、冥界に帰ってもらいます。
そのため、ニュピの日は一日、外出も、騒ぐことも、仕事をすることもダメなのです。


外出禁止はバリヒンドゥー教徒だけでなく、在住の異教徒の方や、旅行客、外国人にも適応されます。
つまり、この日一日(正確には、当日の朝5時ごろから翌日の朝6時まで)は、ホテルや自宅から外に出ることはできません。
地域の自警団が見回りをして、もし外出している人がいたら、捕まえてお説教です。毎年、外出したり、お酒を飲んで騒いでいる外国人が警察につかまったりしています。


ニュピの日は外出できないけど、旅行者はどうしたらいいの?
なんて、よく聞かれますが、心配は御無用。外国人旅行者が泊まるホテルはニュピでも営業しています。また、敷地内なら外に出てもOK。ホテルの敷地からでなければいいのです。だから、ホテルのプールなどでも遊べますし、ホテルのレストランも営業しています。
ホテル内にスパがあるところは、スパも営業していますが、混み合いますので予約は必至です。
夜は外の電気は消されますが、光が漏れなければ部屋の電気をつけるのもOKだし、うるさくしなければ音楽をかけたりDVDを見たりもできます。


ただし、ホテルの外には出られませんので、ホテル外のレストランやスパにはいけません。もちろん、アクティビティも観光ツアーもカーチャーターもお休みになります。
ニュピ当日だけでなく、前後の日も若干影響が出てきます。


◆ニュピ前日(3月20日)
ニュピ前日は夕方からオゴオゴパレードが各地で行われ、交通規制が入ります。そのため、スパや観光ツアーは早めに終了となります。

  • スパは、正午か遅くとも15時で終了となります。
  • カーチャーターも15時までにホテル帰着でお願いします。
  • アクティビティも午後からのメニューは中止になるものが多いです。


◆ニュピ当日(3月21日)
スパ、アクティビティ、カーチャーター、観光ツアーなどすべてのオプショナルツアーはお休みとなります


◆ニュピ翌日(3月22日)
ニュピ翌日、6時まで外出禁止ですので、営業開始が遅くなることがあります。

  • スパはお昼から営業開始の所が多いと思われます
  • アクティビティも早朝のプログラムはお休みになります
  • カーチャーターは10時以降のスタートとなります。


3月20日、22日のご利用につきましては、ご希望に添えない事もございますので、ご了承くださいませ。