読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

日本のスマホやタブレットをバリ島で使うには?

今、日本からバリ島に来られる方で、携帯やスマホ、タブレットを持っていないって方はいないんじゃないでしょうか。あ、小さなお子様や、お年寄りの方は持っていないか・・・


携帯やスマホをバリ島に持ってくるとき、よく聞くのが、日本に帰ったら高額な通話料を請求された〜って話。また、ネットなどを見ると「高額請求が怖いよ〜」って書き込みを見ます。
でも、バリ島にいても携帯やスマホ使いたいですね。で、今回はバリ島で日本の携帯やスマホを使うにはどうしたらいいかってことを簡単に解説しますね。


◆音声通信を行う
バリ島で、日本の携帯、スマホを使って音声通信(音声会話)をするには、ローミングサービスというサービスを使います。ローミングサービスを使用するにあたって、設定方法等は、各通信会社(キャリア)によって違いますので、ご自分のキャリアにお問い合わせください。


音声通信ですが、国内での通信に比べて大変高額になります。日本へ電話する場合、料金はキャリアに寄って違いますが260円/分〜380円/分かかってしまいます。
また、かかってきた電話を受けるだけでも70円〜140円/分の料金がかかります。国内と同じように長時間のおしゃべりなどしていると、とんでもない額の請求がきますので、注意が必要です。


◆データ通信を行う
メールやLINE、あるいはアプリなど、データ通信も音声通信同様、ローミングサービスを使えば、バリ島でも通信ができます。
ただし、このデータ通信も高額になります。こちらも、金額はキャリアによって違いますが、およそ1KBで2円程度かかります。パケホーダイというプランもありますが、1日当たり3,000円近い料金がかかってしまいます。


メール等は、事前に受信拒否などをしておけば届くことはありませんし、もし届いたとしてもそれほど高額にはなりません。
怖いのは、アプリだそうです。たとえば、ニュース配信アプリを使っていたとしたら、毎日ニュースが配信されるたびにデータ通信料金がかかってしまいます。日本ではパケ放題といった、定額プランに加入されている方が多いと思いますが、外国に出たらそのプランは適応されません。


海外旅行から帰ってきたら、高額な通信料を請求されたというのは、このデータ通信の料金が高額になった、というのがほとんどだそうです。


◆では、どうしたらいいのか?
おススメしたいのは、スマホ、携帯電話の通信機能をOFFにして、Wifiのみ使うという方法です。


携帯電話(ガラゲー)には、Wifi機能が付いているものはほとんどないので、日本を出発する時に電源を切ってしまいましょう。あるいは、携帯電話のカメラ機能や目覚まし機能だけを使いたい場合は、通信機能のみOFFにしてもいいでしょう。


スマホの方は、通信機能のみOFFにすれば、Wifi機能でメール、アプリ、LINE、Skypeなどを使いましょう。音声通話はできませんが、それ以外は日本にいるときと同じようにスマホを使うことができますね。どうしても、音声通話をしたいということでしたら、Skype(スカイプ)を使うといいでしょう。


◆バリ島でWifiを使うには?


▲ただで通信できちゃうFree−Wifiを使おう
バリ島のホテル、レストラン、バーなどには、無料でネット接続ができるFree-Wifiサービスを行っているところがたくさんあります。さらに、最近ではWifiができるシャトルバスや観光バスも出てきました。


このように、バリ島内では常識化しつつあるFree-Wifiサービスを使えば、無料でいくらでもデータ通信ができてしまいます。これを利用しない手はないですね。
使用方法としては、ホテルやレストランなどで、スタッフからWifiのIDとパスワードを聞き、スマホに設定すればOK!これで、好きなだけデータ通信が行えますね。


▲どこでも使えるポケットWifi(Wifi ルーター)
Free-Wifiは、お金がかからなくていいけど、通信速度が遅かったり、サービスを行っていないところでは使えません。
どこでも、データ通信をしたいって方は、このポケットWifi(Wifi ルーター)を使うといいでしょう。
ポケットWifi(Wifi ルーター)とは、3G携帯電話回線を利用してデータ通信を行う機能とWifi機能が内蔵された通信機器。この装置を経由してバリ島の3G回線をつなげデータ通信ができます。バリ島内で3Gの電波が届くところなら、どこででもデータ通信ができますし、通信料金も安く、設定も簡単です。


Wifiルーターの仕組みはこちら(画像は1daywifi.comさまより、お借りしました)


このポケットWifi(Wifi ルーター)ですが、海外旅行をされる方向けに、レンタルするサービスが数多く出ています。しかも、通信費込で1日当たりのレンタル料金が1,000円以下のところもあります。
以下のサイトは、お勧めのレンタルWifiルーターのサイトです。


▲SIMフリーのスマホがあれば
通常、日本で入手できるスマホはSIMロックと言って最初に契約したキャリア以外の通信会社は使えないようになっています。


しかし、海外ではSIMカードというマイクロチップを買えば、どこのキャリアでも使える仕組み(これをSIMフリーと言います)が常識。もし、SIMフリーのスマホをお持ちでしたら、ぜひバリ島でSIMカードを購入して、使いましょう。


バリ島のSIMカードは街中至る所にある携帯電話ショップで手に入ります。だいたい1枚Rp20.000(200円くらい)。それと通信費はプリペイド式ですが、Rp50.000(500円くらい)もあれば旅行中ずっとデータ通信できると思います。


簡単に、バリ島での携帯電話、スマートフォンの使い方をお伝えしました。
便利な携帯、スマホですが使用方法を間違えると高額請求などトラブルもあります。気を付けて、使ってくださいね