バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ウブドで大きな火葬式があります!

8月18日、バリ島ウブドで大きな火葬式があります。


火葬式とは、バリ・ヒンドゥー教の大切な宗教儀式の一つです。輪廻転生の考えがあるヒンドゥー教では、人の魂は死んだあと、また生まれ変わると信じられており、火葬式をしっかり行わないと魂は生まれ変わることができないと、言われています。


火葬式のことをバリの言葉でガベン(Ngaben)と言いますが、これは一般階級の人の言葉で高い階級の人はプレボン(Plebon)といいます。
今回の火葬式は、ウブドの王家スカワティ家の火葬式(プレボン)です。現職のギャニャール県知事さんのお母さんの火葬式ですので、かなり大規模なものになるでしょう。


火葬式の儀式は、何日も前から始まっています。
火葬式当日、自宅に安置された遺体はパデ(高い階級の人はワデと言います)という塔に入れられ、自宅から火葬会場であるプラ・デサに運ばれます。
そこで、遺体はルンブー(Lembuh)と言われる棺に移され、観衆の前で火葬にされます。


以下の写真は2008年に行われた、ウブド・スカワティ家の先代当主の火葬式の模様です。

この黒い牛がルンブーです。
周りの人の大きさから、その巨大さがわかると思います。



これが、ワデと呼ばれる遺体が入った塔です。
高さは25m以上はあると思います。


これら、ルンブーやワデはすべて人の手によって運ばれます。
この2008年の火葬式の時は「今世紀最大の火葬式」と言われ、世界中からジャーナリストが集まり、観光客も多くとんでもないことになりました。


この写真は、火葬式が終わった後のラヤウブド通りです。

一体、どこにこんな人がいたんだろう?と思うくらい、すごい人ででした。



さて、今年の火葬式ですが、噂によるとこの2008年の火葬式に匹敵するくらいの大規模なものだそうです。
先日、王宮の前にルンブーが設置されました。

このルンブー、ウブドの北の村で造られたそうですが、王宮まで運ぼうとしたら担ぐ棒が折れて、運ぶのに7時間かかったそうです。


すでに、警察から18日はラヤウブド通りは通行止めになると発表がありました。
また2万人以上の観光客が集まるという、予想も立てています。もちろん、ウブド周辺は大渋滞になるでしょう。


この日、ウブドやウブド周辺に観光に来られる方は、渋滞に注意してください。テガラランやティルタ・エンプル寺院への観光にも影響が出そうです。
また、ウブドで火葬式をご覧になられる方も、すごい人出が予想されますから、十分ご注意ください。