読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

デンパサール空港の税関!緊張しないでね

バリ島旅行、デンパサール空港に到着して最初の難関、VISAの取得と入国審査が終わりました。
さ〜あ、あこがれのバリ島だぁ〜!
いや、ちょっと待ってください。まだ最後の難関が残っています。


最後の難関、それは預け荷物の受け取りと、税関です!


入国審査が終了したら、日本で飛行機にのるときに預けたスーツケースなどの荷物を受け取ります。
海外旅行に行かれたことがある人なら、もうおなじみ、ターンテーブルと言われるコンベアーに荷物が出てくるので、自分の荷物を引き取ります。


ここで、よくガイドブックやブログに書かれているのですが・・・
「デンパサール空港の偽ポーターに注意!」
「勝手に荷物を運んで法外なチップを請求!」


う〜〜〜ん、間違いではないのですが・・・
彼らは、偽ポーターではないのです。ちゃんとした空港職員。そして、仕事はお客様の荷物を運んで、運び賃をもらう事です。だから、彼らが荷物を運んでチップを請求するのは、彼らの仕事なんです。


たしかに、頼んでもいない荷物運びをされたら怒りますけど、何もしなかったら仕事がもらえないので、これもサービスの一貫として、重そうな荷物を運んでいます。


それと、法外なチップ請求ということですが、「貰えたらラッキーだから、とりあえず言ってみよう」って感じで、チップチップと言っているのです。
この荷物運搬の料金はスーツケース1つで5,000Rpと決まっていますので、「チップ」と言われたら、平然と5,000Rp支払えばいいのです。5,000Rpといえば、50円くらいです。


そして、ポーターがいらなければ「いらないよ」とはっきり言いましょう。
中途半端な態度を取ると、勝手にOKと思われるので、しっかりと意思を表示しましょうね。



さて、荷物を受け取ったらいよいよ、税関です。事前に飛行機内で配られた税関申告書を提出すればOKです。
荷物はX線検査機で内部をチェックします。ここで、検査官が目を光らせてチェックするのは

  • お酒(1,000CCまでは無税)
  • タバコ(紙巻たばこ200本以内は無税)
  • DVD,CD(ポルノ映画やポルノ画像は持ち込み禁止)
  • 麻薬、覚せい剤
  • 武器類

などです。


特にインドネシアは麻薬やポルノに対して大変厳しい国です。CDやDVDも「これは、ポルノ(アダルト)映画ではないのか?」と、疑ってきますから、CD,DVDを持ち込むときは気をつけてください。
また、大麻や麻薬類は所持していただけでも、禁固刑になるので、空港だけでなく、街でも絶対手を出さないようにしてください。


あと、よく日本からお酒を持ち込んで、税関で捕まる方もいますから気をつけましょう。1,000ccと言ってますが、2本以上の持ち込みは禁止と考えていたほうがいいですよ。


何も後ろめたいことがなければ、恐れることはありません。堂々として税関を通れば、いよいよ、あこがれのバリ島です。