バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島ゴルフの常識とルール

バリ島にはいろいろな楽しみ方がありますが、ゴルフもそのうちのひとつです。

バリ島には、6つの本格的コースがあり、どのコースも日本から予約が可能です。

基本的にゴルフの常識やルールは日本とそれほど変わりませんが、やはり慣れない異国の地でのゴルフ。
いろいろ、不安などがあるかと思いますので、今回はバリ島でのゴルフの常識とルールについてご案内いたします。

 

f:id:balitravel:20170715105609j:plain

 

<目次>

 

予約や支払いに関する常識

事前予約は必須

バリ島には本格的なゴルフコースは6つしかありません。

以前はゴルフといえば外国人かお金持ちしかできない遊びでしたが、最近のインドネシアの好景気により多くのインドネシア人もプレイするようになりました。

以前に比べゴルフ場の混雑度は上がっておりますので、事前の予約は必須となっています。

特に、週末やインドネシアの休日には地元ゴルファーの大規模なコンペなども開催されますので、少なくとも一週間、場合によっては一ヶ月前から予約しておくほうがよいでしょう。

 バリ島ゴルフ場の予約は当社にお任せあれ~

www.balitouryokou.com

支払いはインドネシアルピアで

インドネシアでは現金での決済はインドネシアルピアを用いるという法律があります。

ゴルフの支払いを現金でされる場合は、必ずインドネシアルピアでお願いします。

ただし、事前に銀行振り込みなどでお支払いされる場合は、日本円でのお振込みも可能でございます。
日本円による事前振込みご希望の場合は、当社までご相談くださいませ。

 

プレイ代のディスカウントはありません

ゴルフ場に直接予約を入れる場合、プレイフィーのディスカウントはありません。
公示料金といわれる定価でのご利用となります。

ただし、当社は特別な契約をゴルフ場としておりますので、当社特別料金にてご予約が可能です。
もちろん、予約に関しては日本語でOK。
バリ島でのゴルフ予約は当社にお任せください。

 

キャディチップは必須です

ゴルフ場のラウンドフィーにはキャディフィーも含まれていますが、日本円にして数百円程度しかなく、実際これだけではキャディさんは生活できません。

日本ではあまりなじみがありませんが、キャディーフィーの一部と考え、ラウンド後にキャディーさんにチップをお願いします。

相場は、Rp200,000程度です。

 

レンタル

手ぶらでゴルフのお客様も多いので、各ゴルフ場ではレンタルクラブ、レンタルシューズをご用意しております。

また、当社でもレンタルクラブを格安でご用意しておりますので、ご利用ください。

ただし、ボール、グローブ(手袋)、ウェアー、帽子などのレンタルはございません。
ゴルフ場内のプロショップにてお買い求めください。

 

ラウンドに関する常識

Tシャツ・ビーサンはNG

ラウンドの際の服装は日本とおなじと考えていただければいいかと思います。

いくらリゾートだといっても、Tシャツ・ビーサンではラウンドできません。

上は必ず襟付きのシャツを着てください。
ポロシャツで結構です。

下は、短いパンツでもかまいませんが、ゴルフ用のバミューダパンツがいいかと思います。

足元は、スニーカーでもかまいませんが、芝で滑ってしまい、ナイスショットが打てませんので、ソフトスパイクのゴルフシューズがいいでしょう。

各ゴルフ場では、レンタルのゴルフシューズ(有料)を用意しております。

 

 スループレーが常識

日本の場合は、ハーフ(9ホール)終了時点でランチ休憩を取りますが、バリ島では、通常18ホールを一気に回るスループレーが常識です。
プロの試合のようですね。

もちろん、ハーフ終了時にランチ休憩を取ることも可能です。
その場合は、スタート前にキャディに
「ハーフが終わったら、ランチ休憩を取りたい」
と、お伝えください。

 

茶店はないです

日本では、3~4ホール回ったところに、茶店があり、ちょっと休憩しますが、バリ島のゴルフ場にはそのような茶店はありません。

ただし、カートには冷たい飲み物が積んでありますので、好きな時に水分補給をすることができます。
また、ゴルフ場によっては東屋のような休憩場所もあります。

 

キャディは1人に1人つきます

キャディはプレイヤー一人に一人つきます。

クラブを運んだり、コースや狙いどころなどをご案内します。

基本的に、あまり日本語はできませんが、ゴルフ用語は英語が多いので、日本語ができなくてもプレイにはそれほど支障は出ないと思います。

 

一人ではラウンドできません

ゴルフは4名1組でラウンドするもの。
これは、日本でもバリ島でも同じです。

ですので、1人でゴルフ場に行ってもラウンドはできません。
また当社では2名さま以上でのご予約受付となっております。
お一人様では予約受付はしておりません。

また、2サム(2名だけで回ること)ご希望をよくお受けいたします。
当日、それほど混み合っていなければ、2サムラウンドも可能ですが、確約はできません。
2サムご希望の場合は、ご予約時にお申し出ください。
ただし、ゴルフ場の混雑具合によっては、他の人と一緒の組になることがございます。

 

カートは2名用乗用カート

f:id:balitravel:20170715111209j:plain

カートは写真のような定員2名の電動乗用カートです。

 

f:id:balitravel:20170715111206j:plain

運転はお客様が行い、キャディはカートの後部に立って乗ります。

f:id:balitravel:20170715105602j:plain

ラウンド中はこんな感じで、後ろから行き先などをご案内します。

フェアウェイの状態管理のため、カートはフェアウェイ横の専用道路しか走れません。
フェアウェイ内への乗り入れは厳禁となっております。

注意:バリビーチゴルフコースは乗用カートではなく、手引きとローリーとなります。

 

アフターゴルフの常識

ゴルフ場レストランでお疲れ様~

各ゴルフ場には、レストランがありラウンド後のランチやビールなどを楽しむことができます。

ただ、ゴルフ場内のレストランは若干高めの料金設定となっております。

当社では、なるべくリーズナブルにゴルフを楽しんでいただこうと、ニュークタゴルフ、バリナショナルゴルフでのランチつきパッケージもご用意しております。

 

大浴場はありません

日本では、クラブハウスに大浴場があり、ラウンド後は大きなお風呂で汗を流すとなっていますが、残念ながらバリ島のゴルフ場には大浴場はありません。

ただしどこのゴルフ場にもシャワールームが備えられていますので、ラウンド後はシャワーで汗を流しましょう。

 

どうでしょうか?
バリ島ゴルフといっても、それほど日本と変わりないですね。
それほど敷居が高いわけでもありませんので、ぜひバリ島でのゴルフを楽しんでください。

当社も日本のゴルファーのために、なるべくリーズナブルな価格でラウンド予約を承っております。
ぜひご利用ください!

www.balitouryokou.com