読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

タマンアユン寺院−バリ島でもっとも美しいと言われる寺院

ウブドから車で約20分、メングウィという街にあるタマンアユン寺院(Pura Taman Ayun)は、バリ島で最も美しい寺院と言われています。


このお寺は、1634年にこの地にあったメングウィ王国の國寺として建立され、1937年に改修されました。
場所も、ウブドエリアから夕日が美しいことで有名なタナロット寺院に向かう途中にあるので、バリ島観光をされる方の大半が訪れるお寺であります。


バリ島で最も美しい・・・という言葉から、南国の極彩色に彩られた建物や色とりどりのお花畑などを想像される方も多いかと思いますが、バリ島の宗教観からお寺の建物は地味な色使いなので、ちょっと「がっかり・・・」とされる方もいるようです。
しかし、境内にはよく手入れをされた芝生のお庭や、メルと呼ばれる多重層の塔が並び、他のお寺にはない荘厳な美しさを備えております。


このお寺の周囲には濠がめぐらされており、お寺に入るには橋を渡って入ります。


橋を渡って境内に入ると、目に飛び込むのがきれいに手入れされた芝生のお庭です。こちらのお庭は市民憩いの場となっており、地元の方も遊びに来ています。


お庭を抜けると、大きな山門があります。バリ島のお寺を特徴つける割門です。邪悪な物がこの門を通ろうとすると、門は閉じて、通させないと言われております。


割門を抜けると中庭が広がっています。この中庭も手入れをされた綺麗な芝生のお庭です。


この中庭を抜けると、また門がありますが、此処から先はお寺境内になり、お祭りの時以外は入場できません。お寺の境内の中は、お坊さんたちしか入れないのです。


ただし、お寺の境内に沿って遊歩道があり、観光客はこの歩道から塀越しにお寺の内部を見ることができます。


お寺の中は木で作られた、祠などが並んでいます。お祭りの時などは、これら祠に沢山のお供え物が並び、大変美しい情景を作り出します。


遊歩道沿いに歩いて行くと、メルと呼ばれる多重層の塔が並びます。
このメルはバリ島の最高峰であり、聖なる山として崇められるアグン山を模した物と言われています。他にもメルがあるお寺はたくさんありますが、このタマンアユン寺院ほど多くのメルがある寺院はバリ島内にはありません。

また、メルは3,5,7層と奇数層が一般的ですが、このタマンアユン寺院には大変珍しい2層のメルもあります。


タマンアユン寺院は、ゆっくり歩いても30分くらいですべて見て回れる寺院です。ウブドからタナロット寺院に向かう道の途中にありますので、ウブドエリアを観光される時にはぜひ立ち寄っていただきたい、寺院であります。