読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島観光おすすめポイント!バリズー(バリ動物園)

バリ島観光スポット

今回は、バリズーをご紹介しようと思います。
バリズーは6.8ヘクタールの敷地に450種類以上動物が暮らす動物園で、バリ島では最も古いアニマルパークです。
このバリズーは、すでにできてから30年以上の歴史があるそうですが、近年エレファントサファリパークやバリサファリパークなどのアニマルパークが各地にできたことにより、お客様の入りが減少気味だったそうです。
しかし、エレファントライドやナイトズーなど新しい企画が当たり、最近では数多くのお客様が来場いただく、バリ島観光でもおすすめスポットとなっております。


◆バリズーの楽しいポイントを教えましょう
バリズーの楽しいポイント、その1はふれあい動物園

ウサギやヤギなどおとなしい草食獣を中心に園内で、直接動物に触れあうことができるのです。
動物園というと、おりの外から動物を見る、といった既成概念にとらわれず、動物と触れ合うことにより、癒し効果も考えられているんですね。


また、有料になりますが、アニマルフィーディング(餌やり体験)もできます。

象さんや大人しい草食獣はもちろん、タイガーなどの肉食獣にも餌やりができるんですね。
肉食獣への餌やりは結構、迫力がありますよ。


ポイントその2はエレファントライド
バリズーでも象乗り体験ができるんです。


バリズーのエレファントライドには、2種類あります。
そのうち一つが、エレファント・バック・サファリ・ライド
こちらは、バリズー園内を散策するコースで15分間のショートライドと30分間のロングライドがあります。


もうひとつはエレファント・エクスペディション

エクスペディションとは探検とか冒険という意味があり、バリズーの裏手の丘を散策するそうです。
裏手には、小川があり、そこを象に乗ったまま渡ったり、小高い丘を登ったりするそうです。丘の上には寺院があり、この寺院でガイドさんからバリ・ヒンドゥーの話を聞いて、またバリズーに戻ってくる75分間のショートトリップということです。


ポイントその3はアニマルエディケーション
動物との記念写真撮影です。

おとなしい草食獣を中心に動物との記念写真が取れます。
しかも、お客様のカメラを使う場合は、費用はかかりません(入園料金に含まれています)。カメラがなくても、ズースタッフが写真を取ってくれます。ただしこの場合はプリントアウトの費用が必要となります。


そして、このアニマルエディケーションですが、先月生まれたばかりにベンガルタイガーの赤ちゃんが10月からデビューするそうです。

ベンガルタイガーの赤ちゃんは茶色い子と白い子の2頭が生まれたんですが、茶色い子がまず、デビューするということです。
かわいいですねぇ。


ポイントその4はナイトズー

最近、特に人気急上昇のアトラクションです。
ナイトズーは夕方6時から始まります。まず、象さんや草食獣への餌やり体験や記念写真撮影をした後、エントランスゲート前の特設会場でコースディナー(参加者が多い場合はビュッフェディナー)を頂きます。
その後、スタッフの案内で夜の動物園探検をします。日中は寝てばかりの夜行性動物たちが、生き生きとしている姿が楽しめます。
約1時間の探検が終わったら、エントランスゲート前会場でファイアーダンスを楽しんで、ホテルに帰着となります。


ポイントその5はミネアポリスウォータープレイ

こちらは、キッズ向けのプールです。
プールと言っても、浅い水遊び用のプールですが、ちょっとしたアスレチックスやスライダーもあり、子供たちに大人気です。
キッズ用プールですが、親御さんたちの利用も可能です。


バリズーの楽しみポイントをご紹介しましたが、他にも
象を見ながら食事ができる、エレファントビューレストランや

バードショーなど、楽しみはいっぱいです。


バリズーのある場所は、デンパサールとウブドの中間地点、シンガパドゥという場所。
南部ホテルエリアからもウブドエリアからも近く、観光ツアーの途中に立ち寄るのもいい場所になります。
バリ島観光ツアーのコースにぜひ入れてみてはいかがでしょうか?


バリズーの詳細と予約はこちら>>バリ島旅行.comバリズー予約