読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ウブドで5年に一度のガベンがありました

ウブドの日記

9月21日にウブドのパダンテガル村で、5年に一度の合同ガベン(ガベン・マサル Ngaben Masal)が行われました。
ガベンとは火葬式の事で、輪廻転生の教えがあるヒンドゥー教において、お葬式は悲しむものではなく、次の人生への出発点と言われているそうです。
ウブドのガベンというと、大きな牛の形をしたルンブーや高いバデ(ご遺体を運ぶための多重塔)を大勢の人が担いで行うパレードが有名ですが、それは王族たちのガベン(プレボンといいます)で、今回行われたのは一般の村人たちの火葬式です。


この火葬式ですが、とにかく準備が大変。
ルンブーなどを作るのもそうですが、驚くほど大量のお供え物を作ったり、祭壇を作ったり、あるいは多くの儀式が行われるのです。お金も人でもある王族などの家なら、毎年でもガベンは出せるのですが、一般家庭はそうも言ってられません。
そこで、村で合同のガベンを行うのですが、それでも毎年というわけにはいかないので、パダンテガル村では5年に一度行われます。
その合同ガベンが行われるまで、亡くなった方はお別れの儀式を行い、一旦お墓に埋められます。
このお墓に埋められている状態では、魂はまだこの世に留まっており、ガベンを行って、初めて祖先霊として天国に行くそうです。その後、月日が経つと子孫の誰かに生まれ変わるってことですね。


さて、ガベンと言えばやっぱり見ものはパレードでしょう!
バレガンジュールと呼ばれるガムランの演奏隊を引き連れて、ルンブーなどを担いでお寺に向かう行列は、ぜひとも見ておきたいものですが、なんと今回のパダンテガル村のパレードは朝7時過ぎに行われました。
というのも、ガベンの儀式が行われるプラ・ダラムがあるのはモンキーフォレストの中。昼になれば多くの観光客を乗せたバスや車が集まる場所です。その中でガベンパレードを行えば大渋滞は必至!渋滞を避けるために、パレードは早朝行われたようです。



朝のパレードは見逃してしまいましたが、バリ島の正装に着替えて、葬儀会場であるモンキーフォレストに向かいました。



普段は駐車場として使っている場所が、合同ガベンの開場となっていました。
会場の周りは壁が作られ、2か所の出入り口があります。



そのうち一か所には、なんと観光客や外国人のためのインフォメーションができていました。
さすが、観光客の多いウブド・パダンテガル村です。
ガベンの事など知らない、一般観光客も何事かと、見に来ています。そのような方のためにインフォメーションがあるんですね。



さらに、こんな看板まで!
ガベンの儀式は12時から行われます。儀式が始まったらご遺族や関係者、招待客以外は儀式会場には入れません。ただし、儀式が始まる前でしたら、ちゃんと正装すれば、会場内を見学する事はできますよ、という事でした。
ということで、ちゃんと正装してきた私は、会場内に入れてもらえました。



今回のガベンで火葬される方の数は84名。
会場内はさながら展示会のように、ずらっとプヌランガン(Penulangan)が並んでいます。
プヌランガンとは、牛など動物の形をした張子で、ご遺体をこの中に入れて燃やすのです。



いろいろな形のプヌランガンがありますね。



こちらは、王族の火葬式(プレボン)でよく見る牡牛のプヌランガンでルンブーと言います。
カーストの高い方用の物だそうです。



こちらは赤いシンガ(獅子)です。こちらは、平民(スードラ)階級の方用だそうです。



緑の象。こちらもスードラ用です



こちらは、魚の形をしています。
大きさからみて子供用ではないかともいます。



こちらは、セイウチ?トド???


と、ここまで見ていて、ふと気が付きました。
「バデがない???」
バデとは、遺体を家からお寺まで運ぶための多重塔。

こちらは、以前行われたプリアタン王家のプレボンの時のバデですが、今回のガベン・マサルには、このバデが全然見当たらないのです。


実は、このガベンマサルには、ご遺体はないのです。
ガベンが行われる3日前、ご遺族と村の方によって、お墓に埋められていたご遺体を掘り起こしますが、掘り起こしたご遺体はすぐその場で火葬をしてしまうそうです。
で、このガベンマサルには、ご遺体の代わりに木でできたシンボルを使うそうです。



こちらは、プヌランガンの列の向こうにある祭壇です。
亡くなった方の写真の下あたりにシンボルがあるのですが、わかりますか?
このシンボルをご遺体として、お供え物をして、儀式を行い、プヌランガンの中に入れて火葬するそうです。


ちなみに、遺影の下にある番号ですが、ご遺体の数が多いので、管理するための番号なんですって。ご遺族の方も、その番号札のプレートを胸につけていました。プヌランガンやお供え物にも、その番号が書いてあり、伝統的な行事ですが、合理的な事もされているんだなぁって、感じました。


さて、ガベン・マサルはご遺体の代わりにシンボルを使うって書きましたが、例外もあります。
それは、亡くなってから日が浅い方は、お墓には埋めずに、家に安置しておき、ご遺体を当日火葬します。
ちょうど、ジュンバワン通りのご家庭でガベン・マサルの直前に亡くなられた方がいて、その方はバデを使って葬儀会場に運ばれ、儀式の後、火葬されるそうです。

こちらが、その方用のバデです。
家の中では、お別れの儀式が行われていました。


12時から儀式が始まりましたが、私は会場内に入れないので、儀式前に失礼させていただきましたが、最後まで参加された方の話を聞くと、とにかく人が多くて、暑くて大変だったそうです。
でも、5年に一度の行事ですし、ヒンドゥー教徒にとって、とっても大切な儀式ですから、しっかりと続けて頂きたいと思いました。