バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ニュピのお楽しみ

バリ島のお正月ニュピ、今年は3月23日(金曜日)です。
当日は外国人観光客を含む、島内にいる人善人に対し、外出、灯火の使用、労働、殺生が禁じられます。
もちろん、スパやレストランもお休みになりますし、観光にも行けません。空港や港もトランジットや緊急以外の離発着が禁止になります。
テレビも、ラジオもお休みになり、まさしく静寂に包まれた一日になります。


ニュピってなに?と言う方はこちらをご覧ください。
>>バリ島のお正月ニュピ


「え〜、じゃあニュピの日にバリ島にいてもつまんな〜い!」
なんて、思ってはいませんか?


そんなことないんですよ!


ニュピの日には楽しい事がいっぱいあるんですよ〜


まず、ニュピの前々日、人々は自分の村の寺院にあるご神体を持って、海や湖、川に行きます。そこで、ご神体を清める儀式(ムラスティ)を行います。


そして、ニュピ前日、村中でングルプック(Ngerupuk)という行事が行われます。


ニュピ前日は、月が隠れるティルム(暗月)の日で、この日冥界のヤマ神が大掃除をするため地下の悪霊プト・カロが地上に這い出してきます。
そのため、村の辻や四つ角では、生贄を捧げ悪霊を払う清めの儀式(ムチャル)が行われます。
各家庭では、鍋や釜を叩いて大きな音を立てて、家の中に入り込んだプト・カロを追い出します。


各村では、恐ろしい鬼の姿をした張りぼて・オゴオゴ(Ogoh-ogoh)を作り、村を練り歩きます。家を追い出されたプト・カロがこのオゴオゴに乗り移り、最後にオゴオゴは焼かれてしまいます。



オゴオゴの人形は何週間も前から、村や自治体で作られ、当日の夕方から町を練り歩きます。
オゴオゴの行列に参加するには、正装をするなど決まりがありますが、行列を見物するには、何の制限もありません。毎年、オゴオゴを見るために、多くの観光客が集まってきます。



子供みこしならぬ、子供オゴオゴです。


こうして、ニュピ前日はにぎやかにふけていくのです。


そして、ニュピ当日。
前日の喧騒が嘘のように静まり返った町。
聞こえるのは、風の音の音だけ。いつもうるさい鶏や犬たちもなぜか、この日は静かにしています。


静かに過ぎる一日を、部屋のテラスでのんびりと本を読んだり、お茶を飲んで過ごしてみましょう。お手紙を書いたりするのもいいですね。気持ちのいい場所でお昼寝なんかもしちゃいましょう。


日が傾きかけたら、早めにお風呂や夕食をすませましょう。必要最低限の明かりしか、付けられない夜は、何もできませんよ。
すっかり、日が暮れたら庭に出て夜空を眺めてみましょう。
ニュピの日は新月の日です。月明かりもなく、一面の星空が光ります。
星空を眺めながら寝てしまうのもいいですね。お昼寝をしていても、なぜか周りが暗くなると、寝れてしまうのです。


そして、日が昇ればニュピは終了。
また、日常の生活が戻ってきます。


一年に一日だけ、日常を離れ、静寂と暗闇の中に身を置くニュピ、一度味わってみませんか?