読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

リンバジンバランに行ってきました

バリ島観光スポット

リンバジンバラン(Rimba Jimbaran Bali)は、ジンバランに昨年できたホテルで、有名なアヤナ・リゾートの姉妹ホテルになります。
ホテルの名前になっているリンバ(Rimba)とは、サンスクリット語で「森」を意味し、その名の通り周囲を緑に囲まれた、森の中のホテルです。
まだできたばかりの新しいホテルですが、アヤナの姉妹ホテルということで人気も高く、今回ホテル内を見せていただける機会があったので、お邪魔しちゃいました。



こちらは、ホテルから頂いたホテルの俯瞰写真です。まず、目につくのがエリアの真ん中にあるプール。プールは大小合わせて6つあるそうです。



ホテルの入口ゲートはアヤナと共通ですが、そこからしばらく走ると、大きなリンバジンバランの看板があり、案内に従って進むとこのエントランスがあります。
このエントランスまでの道ですが「え?ここってバリ島ですよね???」なんて思えちゃうほど、きれ〜いに手入れされた森が広がっています。暑い南国の太陽がなかったら、ヨーロッパの森林に来てしまったかのようない錯覚を覚えました。



エントランスからロビーに入ると飛び込んでくるのがこの光景!ロビーの向こうには奇麗な森が広がっているんです。
え?この写真じゃあ、よくわからない・・・スミマセン、カメラマンの腕がわるいんで・・・


では、ホテルからお借りした写真を

どうですか〜、素敵でしょ〜〜


さらに、「ここは、夕日がきれいなんですよ〜」って、ホテルスタッフから教えられました。う〜ん、夕方まで待てない〜
で・・・

こんな素敵なサンセットが見られちゃうそうです〜〜〜
ちなみに、ホテルのお部屋は「ジンバランスイート」「ジンバランベイ」「プールアクセス」「ジンバランヒル」と4つのカテゴリーがあって、このうち「ジンバランヒル」以外のお部屋はすべて西向きなので、お部屋から素敵なサンセットが眺められるそうです。



そして、ロビーの天井にあるこちら、何だと思います?
すべて天然の竹を使ったシャンデリアなんですって。こちらも、とてもムーディーで、ぜひ泊まってリンバジンバランの魅力を100%味わいたいです・・・


この竹のシャンデリアでもわかるように、リンバジンバランは竹や木など天然素材をインテリアに多く使っています。

こちらは、柱の装飾ですが、スラバヤの古船に使われていた木材を使っているそうです。このようなオールドチークを使った装飾が数多く使われていました。


それでは、お部屋見学と行きましょう

こちらが、ジンバランスイート。一番広いお部屋です。
え?写真の撮り方が下手だ?
スミマセン


では、こちらで

広々として、素敵なお部屋です。



スイートのテラスからの眺めです。涼しげなプールも奇麗ですし、向こうに広がる森も美しいですね



こちらは、バスタブです。お湯の出もたっぷりです。
分かりにくいですが、右側にシャワーブースがあります。



こちらは、1階のプールアクセスというカテゴリーのお部屋です。スイート以外のカテゴリーのお部屋も、ほぼ同じサイズだそうです。



プールアクセスですので、お部屋のテラスの先はプールです。こんな椅子もあり、プールに使って読書なんかもいいですね。
欧米の方には大人気のプールアクセスですが、プライベートを重視する日本の方にはちょっと人気がないそうです。



こちらは、スイート以外のお部屋のバスルームです。広いバスタブですが、シャワーブースも兼ねています。
シャワーは天井備え付けのレインシャワー(欧米の方は大好きですね)と日本人には必須のハンドシャワーです。写真はフラワーバスですが、これは撮影用の演出です。


お部屋の次は自慢のプールを見せていただきましょう

メインプールです。広々として、きもちよさそ〜



プールサイドには「カバナ」という、お部屋があります。無料で自由に使えるので、日に焼けたくない方はここでお昼寝をしながら、プール遊びをどうぞ。
他にもガゼボ(東屋)もありました



こちらは、キッズプール。スライダーもあります。



プールサイドには、素敵なチェアーが並びます。
ここで、ゴロゴロしながら日光浴・・・南国リゾートですね〜



目についたのが、こんなプールの中にあるチェアー。半身浴ではないんですが、腰までプールに使って、読書をしたり、お昼寝をしたり出来ますね。こういうの、欧米人すきそうですね〜



プールと言えばプールバー、もちろん、ありましたよ〜



バーが出ましたので、最上階にあるユニーク・ルーフトップバーをご紹介します。
え?写真が下手でよくわからない・・・スミマセン



アヤナではロックバーが有名ですが、こちらリンバのユニーク・ルーフトップバーも奇麗なサンセットが望め、大変素敵なバーです。



バーは2階建てになっていて、こちらが2階部分になります



2階のテラスからの景色はこんな感じ。遠くに海も見えますね。
眼下にある建物はバンケットホール。ウェディングもあげられるそうです。



続いてレストランの紹介です。
こちらのトゥゲ(To'Ge)は、メインダイニングで、朝食もこちらでお取りいただけます。
ちょうど、ロビーの前の池の下にあるので、太陽光が池の水を通過して、ユラユラと面白い照明効果となっています。



もう一つのレストランがアーヤット・アバロン・シーフード。アジアに25店舗を展開する、人気の中華レストランです。新鮮な魚介類を本格的な広東料理でいただきます。飲茶も人気だそうです。


さて、こちらのリンバジンバランはアヤナリゾートと同じ敷地内にある姉妹ホテルです。リンバにお泊りのお客様は、アヤナリゾートの施設も同じように利用ができるのです。
アヤナのプールや、人気のロックバー、そしてプライベートビーチ・クプビーチも楽しめちゃうんです。他にもパターゴルフやモーニングヨガなどたくさんのアクティビティもあるから、ホテルから出なくても退屈することなんかないんです。これが本当のリゾートですね。


でも、アヤナに行ったり、ビーチに行ったりって移動が大変・・・
ご安心ください!

こんな可愛らしいトラムが、リンバ→アヤナ→テルムマランスパ→アヤナヴィラ→クプビーチと15分間隔で巡回しています。もちろん、宿泊客なら無料で利用できます。
リンバに泊まってアヤナとリンバの施設を思いっきり使っちゃいましょう〜


最後に、お部屋で見つけた素敵なアイテムをご紹介

こちら、アヤナ&リンバのイラストマップ〜
地図だけではなく、人気スポットやお勧めアクティビティなど、アヤナ&リンバの滞在を120%楽しくしちゃうミニコミ誌でもあるんです。
もう、見ているだけで泊まりたくなっちゃうよ〜、ってスグレモノ
残念ながら、宿泊者でなければもらうことはできないそうです。


本当に、素敵なステキなリゾートでした。あ〜ん、日帰りじゃなくて、一泊したかったよ〜〜〜