バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島タクシー事情(料金改定のお話)

バリ島を始め、インドネシア国内では、6月にガソリン代の値上げがありました。
これまで、1リッターRp4,500(およそ45円)だったのが、一気にRp6,500(およそ65円)になりました。


ガソリン代値上がりがあれば、諸物価も上がってくるのは、当然の話で、野菜やお肉などの食材の値段から始まり、ワルンのナシチャンプルや、お菓子などなど、日用品はどんどん値上がりしていきました。


でも、真っ先に上がりそうなタクシーの値段は、なかなか上がらないなぁ〜なんて思っていたら・・・
8月4日からあの(!)ブルーバードタクシーが運賃の値上げを実施しました。
以下がタクシーの新旧の値段比較です。


初乗り運賃:(旧)Rp5,000→(新)Rp6,000
以降1Kmごとに:(旧)Rp4,500→(新)Rp5,700

電話でタクシーを呼んだ場合の最低料金
  (旧)Rp15,000→(新)Rp25,000


だいたい20%くらい上がっていますね〜。
昔の記憶でタクシー料金を考えると、
「あれ〜、こんなに高かったかなぁ〜・・・」
「ひょっとして、騙されているっ???」
なんて、勘違いしちゃうかもしれませんから気を付けてくださいね。


さて、空港から市内に移動するとき、エアポートタクシーを利用される方もいらっしゃると思います。
このガソリン代の値上げを受けて、エアポートタクシーも8月18日から値上がりしました。
空港から主なエリアまでの片道料金は以下の通りです。( )内は、旧料金です。

  • クタ(ディスカバリーモール) Rp55,000(Rp45,000)
  • クタ(クタセンター) Rp65,000(Rp50,000)
  • レギャン Rp70,000(Rp55,000)
  • オベロイ Rp90,000(Rp70,000)
  • ウマラス Rp100,000(Rp85,000)
  • デンパサール Rp90,000〜Rp120,000(Rp70,000〜Rp90,000)
  • アヤナリゾート Rp125,000(Rp95,000)
  • サヌール Rp125,000(Rp95,000)
  • ヌサドゥア Rp125,000(Rp95,000)
  • ジンバラン(インターコンチ) Rp80,000(Rp60,000)
  • ジンバラン(フォーシーズンズ) Rp10,000(Rp75,000)
  • チャングー Rp165,000(Rp135,000)
  • タナロット Rp250,000(Rp190,000)
  • ウブド中心部 Rp250,000(Rp195,000)

やはり、20%程度上がっておりますね〜


ところで、このエアポートタクシーですが、ングラライタクシーというタクシー会社の一社独占でしたが、最近ではもう一社「ロジナウイ」というタクシー会社もエアポートタクシーに参入しているそうです。
ただし、このロジナウイ、エアポートタクシーのカウンターや窓口は持っておらず、もっぱら旅行者に声をかけて集客をしているそうです。


昔は、旅行者に声をかけてくるのはモグリのタクシードライバーだから、使わない方がいいですよ〜ってご案内してきましたが、ちゃんと胸にID(会社名や氏名が書かれたカード)を付けている方は、正規のタクシー業者さんなので、安心して使っていいそうです。


近年のバリ島は、ガソリン代の他にも土地の値段や諸物価が恐ろしい勢いで値上がりしています。
値上がりなんて言葉がすでに死語になりつつある日本から来ると、価格上昇に驚いてしまうかもしれませんが、経済的に発展している証拠でもありますから、ビックリしないで、ご理解をお願いいたします。