バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島東部のお食事処・ムルタサリ

バリ島で、美しい海や山、一面に広がる田んぼや昔ながらの村の生活を堪能したければ、カランガッサム県やクルンクン県などの東部エリアを回ることをお薦めします。


東部エリアは、バリ島定番観光コースから外れており、まだここを訪れる観光客は多くありません。その分、観光客慣れしていない、素朴なバリの暮らしを感じることができます。


ただ、東部エリアなかなか、おすすめのお食事処がありません。チャンディダサに行けば、アマンキラ・リゾートがあり、そこのレストランは非常に評判がいいのですが、せっかくバリ島に来たのなら、バリ島の名物が食べたいですよね。


そんな方におすすめなのが、今日紹介する「ムルタ・サリ(Merta Sari)」です。ムルタサリは、塩作りの村として有名なクサンバ村の東、ゴアラワとの間にある、ローカルワルンです。ローカルワルンといっても、有名なお店なので、地元の方はもちろん、インドネシアの観光客や海外からの観光客でいつもいっぱい。なんでも、メガワティ元大統領も来店されたことがあるそうですよ。



ワルンの入り口には、バリ島のワルンではお約束の大きなバナーが掛かっています。お店の前には大きな駐車場もあり、バスで来られる団体のお客様もいらっしゃいます。



お店に入ると、こんな感じで席が並んでいます。
こちらは、座敷席。グループでまとまって食事をします。主にローカルの方向けの席ですね。



日本人でしたら、こちらのテーブル席のほうがいいでしょう。お店の奥のほうにあります。


こちらのメニューはサテイカン(お魚のサテ)のセットのみになります。席についたら、人数と、飲み物をオーダーしましょう。



こちらは、サテイカンと、ペペスです。
サテイカンは、魚のすり身にスパイスを混ぜて、ヤシの炭で焼いた物。
ペペスは、魚のすり身をバナナの葉っぱにくるんで、蒸し焼きにしたものです。
どちらも、辛さ控えめで美味しいですよ。



付け合せの野菜です。カンクン(空芯菜)を炒めたものですが、けっこう辛いので、注意してくださ〜い。



魚の頭でだしを取ったスープです。これも、ちょっとピリカラです。でも、癖になる味ですよ。



付け合せのサンバル・マタです。
サンバル・マタはバリ島だけで食べられるサンバル(チリソース)で、バワン・プティ(にんにく)、バワンメラ(シャロット)、唐辛子などを刻んでココナッツオイルで和えたものです。
唐辛子がたっぷり入っていますから、辛いんですが、これをご飯にのせて食べると、激うまなんですね。


これだけ食べて、Rp20,000くらい、飲み物(ソフトドリンク)を飲んでもRp30,000位で収まります。
美味しくて、安いこのムルタサリ、バリ島東部にお出かけの機会があれば、ぜひお立ち寄りください。
ただし、昼食時はかなり混むかもしれませんよ〜