バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島観光~移動方法はどうする?

バリ島で、ショッピングや観光などをする場合の移動方法はどうしましょうか?

バスやタクシー、カーチャーターなどがありますが、一番お勧めできるのはカーチャーターだと思います。

今回は、ショッピングや観光での移動方法についてご紹介します。

f:id:balitravel:20170603115306j:plain

 

<目次>

 

バスなどの交通機関

f:id:balitravel:20170603115256j:plain

日本などは、インフラや公共交通機関が充実していますので、バスや電車などを使い観光名所めぐりなどが可能です。
ガイドブックを片手に、バス・電車などを乗り継いでの観光も楽しいですね。

しかし、バリ島には、電車は走っておりません。

公共交通機関といえるのは、バスとなりますが、それも一長一短あります。

トランスサルバギータ

バリ島にはトランスサルバギータという大変安く綺麗な循環バスがありますが、ローカル向けのバスですので観光地には行きませんし、到着時間もあいまいで、路線図もありませんので、観光目的では使えないといえます。

シャトルバス

プラマバスなど観光客向けのシャトルバスがありますが、クタ、ウブドといった大きな街を結ぶシャトルバスで、観光地には行きません。
街の間の移動には使えますが、観光地めぐりにはちょっと使えないでしょう。

クラクラバス

JTB関連会社が運行しているクラクラバスは、シャトルバスとしての機能のほかに、クタエリアやスミニャックエリアの循環バスとしても使えます。
ただし、観光客が多い繁華街を運行していますので、ショッピングなどにはいいのですが、郊外の観光地めぐりには向きません。

まとめ
  • トランスサルバギータは、観光客向きではない
  • 大きな街の間を行き来するならプラマなどのシャトルバスが使える
  • クタ、スミニャックなどの街歩きにはクラクラバスが便利

 

タクシー

f:id:balitravel:20170603115300j:plain

観光客の多いエリアでは、メータータクシーを捕まえることができます。クタやスミニャックなど観光客が多いエリアには流しのタクシーがたくさんおり、また大きなデパートやスーパーマーケットにも、客待ちタクシーがいますので、簡単に拾うことができます。

短距離の移動には便利

タクシーの一番の利点は、手軽に使えるということでしょう。
予約も不要ですし、走行距離と時間で運賃が決まりますので、短距離の移動やお店めぐりなどには大変便利だと思います。

長距離や観光地めぐりには不利

タクシーを使っての観光地めぐりはどうでしょうか?

半日や一日、タクシーを借り切ってお店めぐりや観光地めぐり。
メーターで料金を決めたら、高いものになってしまいますので、事前に交渉してトータル金額を決める、チャーター方式になります。

しかし、タクシーは基本的にメーターでの運用で、チャーターは本業ではないので、高い料金を請求されることが多いです。

また、普段走っているエリアなら道など熟知しているのでいいのですが、普段いかないような郊外の観光地の地理は不案内ということも多いです。

郊外の観光地にはタクシーはいません

目的地でタクシーを乗り捨てて、帰りは別のタクシーを拾う。

日本などではこの方法が可能ですし、うまくすれば安く移動できるかもしれませんが、バリ島では郊外の観光地には客待ちタクシーはまずいません。

繁華街でのお店めぐりならいいのですが、郊外の観光地めぐりの場合では、この方法は取れません。

タクシードライバーはガイドはできません

タクシードライバーのライセンスはトランスポートだけですので、観光地でのガイドはできません。

また、日本語ができるタクシードライバーはめったにいませんので、タクシードライバーに観光地のガイドはお願いできないのです。

まとめ
  • 近距離の移動にはタクシーが便利
  • 観光客が多い場所ならすぐに拾えるが郊外の観光地には客待ちタクシーはいない
  • タクシードライバーはガイドはできない

 

カーチャーター

f:id:balitravel:20170603115303j:plain

カーチャーターは、ガイドつきのプライベートカーを時間単位でチャーターするシステムです。

日本ではタクシーをチャーターするのが一般的なので、カーチャーターというとタクシーチャーターを連想しますが、バリ島の場合は、チャーター専門の会社があり、タクシーチャーターはあまり行われていません。

カーチャーターはガイド付が原則

カーチャーターには通常ガイドが同乗します。

インドネシアの法律で、外国人を案内するにはインドネシアが定めたガイド免許が必要で、免許がない人が外国人を案内すると違法行為となります。
そのため、カーチャーターには必ずガイドが同乗しなくてはいけないことになっています。

旅行会社によってはガイドがいない(ドライバーだけの)カーチャーターがありますが、これはあくまでもタクシーと同じトランスポートになります。
タクシーもそうですが、トランスポートのドライバーはガイドはできないので、目的地についても、車から離れることはできません。

カーチャーターの料金は時間制

カーチャーターの料金は時間性です。
4時間いくら、8時間いくらというように時間によって料金が決まっています。

(遠距離の場合は追加料金が発生する場合があります)

利用前に料金がわかっているので、安心ですね。

時間制ですので、ちょっとそこまで・・という使い方は大変もったいないです。

まとめ
  • カーチャーターはガイド付きプライベートカー
  • ガイド付が原則
  • 料金は時間制で定額

 

まとめ

バリ島観光の移動方法

  • トランスサルバギータはローカル向けなので観光には使えない
  • シャトルバスは、街と街の間の移動に使う
  • クタ、スミニャックのショッピングにはクラクラバスが便利
  • タクシーは近距離の移動によい
  • タクシーは大きな町ならすぐに拾えるが郊外の観光地では探すのが難しい
  • 一日など長時間の観光地めぐりはカーチャーターが便利