読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

評判の激辛ラーメンを食べてみた

ウブドの日記

最近、スーパーマーケットやコンビニで見かける「激辛ラーメン」

インドネシアの製品ではなく、日本の日清の製品。
ただし、Made in Japanではなく、日清のインドネシア工場で作っているらしい。

この激辛ラーメン、結構おいしいという評判を聞いたので、ちょっと作ってみました。

f:id:balitravel:20170311122928j:plain

<目次>

 

さっそく、買ってみた

今回は近所のコンビニ・インドマレットで購入しました。

激辛ラーメンには3種類あり、上の写真右から

  • 激辛ラーメン・ゴレン(焼きそば)
  • 激辛ラーメン
  • 激辛ラーメン・ゴレンシーフード味(焼きそば)

となっております。

この激辛ラーメンには、普通のラーメンが1種類と焼きそばが2種類あるようです。
一般的にインドネシア語では焼きそばのことはミーゴレンといいますが、この激辛ラーメンは、なぜかラーメンゴレン(Ramen Goreng)となっていました。

今回購入したのは

f:id:balitravel:20170311122927j:plain

こちらの激辛ラーメン・ゴレン・シーフード
Rp5600(50円くらい)でした。

 

ちなみに

f:id:balitravel:20170311123043j:plain

こちらが昔からあるインドミー(IndoMie)のミーゴレン。
インドミーのミーゴレンはRp3500(30円ちょっとくらい)ですので、激辛ラーメンは1.5倍以上の値段になりますね。

 

作り方はこちら~

f:id:balitravel:20170311122926j:plain

袋の裏にインドネシア語と英語で作り方が書いてあります。

それによると、インドネシア式の作り方と日本式の作り方があります。

インドネシア式作り方

インドネシア式作り方は、まずお水500ccをおなべに入れ沸騰させ、そこに乾麺と一緒に入っている乾燥具材を入れます。
約3分間煮て、麺がやわらかくなったら、ざるにあけてお湯を切ります。

お湯を切った麺と具をお皿に盛り、袋に入っていた粉末スープと辛味オイルをかけ、よく混ぜて完成です。

 

日本式作り方

日本式作り方は、お水250ccをフライパンにいれ沸騰させ、そこに乾麺と乾燥具材を入れます。火は中火くらいがいいでしょう。
麺をほぐしながら焦げ付かないようにかき混ぜ、お湯が蒸発してなくなったら、粉末スープと辛味オイルをかけよく混ぜます。

よく混ざったら、お皿にとって完成です。

 

実際に作ってみました

今回は、日本式で作ってみました。

f:id:balitravel:20170311122924j:plain

袋の中には、乾麺と乾燥具材、粉末ソース、辛味オイルが入っています。

 

 

 

f:id:balitravel:20170311122923j:plain

フライパンに水250ccをいれ沸騰させ、そこに乾麺と乾燥具材を投入。

そのまま、しばらく置いておきました。

f:id:balitravel:20170311123046j:plain

次第に麺が水分を吸って柔らかくなってきたので、お箸を使って麺をほぐします。
この時点では、まだ麺が固く、またフライパンの中にお湯が残っています。

このまま、焦げ付かないようにかき混ぜていくと、麺も柔らかくなり、水分も減っていきます。

f:id:balitravel:20170311123001j:plain

麺が十分柔らかくなり、水分もほとんどなくなったので、粉末スープと辛味オイルを投入。

火はつけたまま、かき混ぜて、少し炒めました。

f:id:balitravel:20170311122959j:plain

粉末スープと辛味オイルがしっかりと混ざり合ったので、お皿にとって、完成です!

 

食べてみた~

完成した激辛ラーメン・ゴレンを早速食べてみました。

立ち上る湯気を吸い込むと、軽く咽てしまいます。
これは、かなり辛いのか・・・??

一口食べましたが、それほど辛味は感じません。
麺のもちもち感もあり、ソースのコクも感じて、おいしいです。
インドネシア産のミーゴレンとは、明らかに味も食感も違います。

それほど、辛くないな~、と思い食べ進めていくと・・・

ジワジワと辛さがやってきました。
半分くらい食べたところで、口の中は結構な辛さになり、うっすら額から汗も出てきました。

ここで、冷たいお水を一口
口の中の辛さが抑えられ、旨みだけが残ります。

口の中の辛さが減ったことで、また一口
辛い・・・でもうまい・・・

こうして、汗をかきつつ、完食です。

 

インドネシア産のインスタントミーゴレンに比べて値段は少し高いのですが、それだけ払っても、十分価値のあるものだと思います。

辛さは辛味オイルで調整ができます。
辛いのが苦手な方は辛味オイルを控えたらいいかと思います。

また、ケチャップマニス(甘辛いソース)をかけて、辛味を調整してもいいかなと思いました。

それと、麺と一緒に炒めた具材は、どこにいちゃったの?ってくらい存在感がありませんでしたので、お好みでキャベツなどを追加で入れてもいいかなと思います。

 

この日清の激辛ラーメンはインドネシアの工場で作られていて、日本では発売されていないようです。
日清のサイトを調べたら「とんがらし麺」というカップめんはありましたが、バリ島のような焼きそばはなかったようです。

それほど高いものではないので、バリ島にこられたら、お土産にいいのではないかと思います。