読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島からジョグジャカルタまで国内線に乗ってみた

先日、所要でジャワ島のジョグジャカルタまで行ってきました。

バリ島からジョグジャカルタまでの移動方法は、飛行機もしくはツアーバスとなります。
料金と移動時間を調べてみたところ

  • バス移動:バリ島から約20時間。片道Rp300,000/人程度
  • 飛行機移動:バリ島から約1.5時間。片道Rp475,000/人(エアアジア)

と、バスのほうが安いのですが、その差はRp175,000(片道)。
そして、移動時間は断然飛行機のほうが短い。

ということで、飛行機での移動となりました。

実は、私はバリ島から国内線で移動するのは今回が初めて。
ドキドキの初体験をレポートしちゃいます。

f:id:balitravel:20170210175438j:plain

<目次>

 

デンパサール空港国内線ターミナルにやってきた

ジョグジャカルタ行きAir Asia便の出発は朝の07時20分。
国際線の場合は、フライトの2~3時間前までにチェックインしなくてはいけませんが、国内線の場合は1.5~2時間前までにチェックイン。

友人の車で、まだ薄暗い6時に空港まで送ってきてもらいました。

f:id:balitravel:20170210175445j:plain

(この写真は、日中撮ったものです)

国内線のターミナルは昔は国際線ターミナルとして使っていた建物。
その当時は、ツーリストとして、何度も使った懐かしい建物です。

当時の国際線ターミナルは、少々くたびれた感じのある建物で、バリ島らしいといった感じ満載でした。

ところが、建物の内装はすべてリノベーション(改装)され、当時の「くたびれた感」はまったくなく、すごく新しくきれいなターミナルに変貌していました。

 

チェックインして、搭乗

保安上の問題より、あまり写真がとれませんでした・・・

 

車寄せから歩道を歩いていくと、国内線の出発ロビー入り口に着きます。
入り口では、セキュリティーが航空券とID(パスポート)チェックを行っています。
航空券のない方は、ここから先は立ち入りことができません。

入り口を入ると、X線検査機があり、ここですべての荷物と身体検査が行われます。
ポケットに小銭や鍵、携帯などが入っていたり、アクセサリー、時計をつけておくと金属探知機が反応しますので、気をつけてください。

 

チェックインカウンターで、IDと航空券(Eチケットなど)を提示し、預け荷物を渡して、ボーディングパス(搭乗券)を受け取ります。
旅行者はIDとしてパスポートが必要ですので、必ずパスポートをお持ちください。

 

チェックインがすんだら、出発ロビーに進みますが、その途中にボーディングパスのチェックポイントがあります。
係員にボーディングパスを渡し、印字されているバーコードを読ませます。

 

国際線でしたら、このあと出国検査がありますが、国内線ですので、出国検査はありません。
そのまま、出発ロビーに進みます。

 

出発ロビーの手前で、機内持ち込み荷物のX線検査があります。
液体物などは機内持ち込みできませんので、預け荷物に入れておきましょう。
もし、この時点で液体物があると、廃棄させられます。

この先が搭乗待合室になります。

f:id:balitravel:20170210175437j:plain

昔の国際線ロビーの面影はまったくなく、近代的できれいなロビーでした。

ロビーには、レストランやカフェ、お土産や、ブックショップなどがありましたが、空港内ですので、ちょっと料金は高めです。
普通のコーヒーで1杯Rp30,000程度、ハンバーガーなどでRp75,000程度でした。

 

f:id:balitravel:20170210175438j:plain

時間になり、飛行機への搭乗となります。
今回はAir Asiaでしたので、ボーディングブリッジからの搭乗ではなく、バスで沖止めの飛行機まで移動し、タラップを使っての搭乗でした。

国内線はAir AsiaやライオンエアーなどLCC(ローコストキャリアー)が多いので、ボーディングブリッジを使って搭乗は少ないようですね。

 

ジョグジャカルタに到着!

バリ島から約1時間、あっという間にジョグジャカルタの空港に到着です。

f:id:balitravel:20170210175439j:plain

ボーディングブリッジはなく、歩いて空港ビルに入ります。

ビルに入ってすぐのところに、ターンテーブルがあり、預け荷物を受け取ります。
国内線ですので、入国審査も税関もなく、荷物を受け取ったら、そのまま空港を後にします。

f:id:balitravel:20170210175440j:plain

空港ビル出口には、両替所やタクシーなどのカウンターなどが並んでいました。

 

ジョグジャカルタからバリ島に戻ります

用事を済ませて、バリ島に戻ります。

帰りもジョグジャカルタ空港から飛行機で戻るので、到着時と同じターミナルに向かいました。
ターミナル入り口のセキュリティにチケットを見せたら・・・
「Air AsiaはターミナルBだよ。ここはターミナルA」

え・・・ジョグジャカルタ空港ってターミナルが2つあるんですか?

 

確認したら、最近ターミナルBができて、Air AsiaなどLCCはこのターミナルBから出発ということです。
ターミナルAからBまでは、約300メートル。
それほど大きな荷物はなかったので、歩いていきました。

ターミナルBは、かなりこじんまりとしたターミナル。
入り口で、セキュリティチェック、X線検査があり、ビル内に入るとすぐチェックインカウンターがありました。
このカウンターも窓口が5つくらいしかありません。

 

チェックインを済ませ、歩いていくと、バリ島の空港と同じように、ボーディングパスのチェックポイントと手荷物のX線検査があり、搭乗ターミナルとなります。

f:id:balitravel:20170210175441j:plain

搭乗ターミナルも、こんな感じで、こじんまりとしていました。
ターミナル内には、ちょっとしたレストランやカフェ、お土産や、ブックショップがありました。

f:id:balitravel:20170210175442j:plain

出発便の電光掲示板も小さなもので、本当にこじんまりとしたターミナルです。

予定の時間から15分程度送れて搭乗が始まりました。

f:id:balitravel:20170210175443j:plain

こちらも、ボーディングブリッジはなく、歩いて飛行機に搭乗します。

予定時刻より若干送れて、無事バリ島に向けて出発です。

 

バリ島に帰ってきました

帰りも、あっという間に着陸です。
沖止めですので、バスで到着ロビーまで移動。

f:id:balitravel:20170210175444j:plain

バリ島の空港の国内線到着ロビーですが、これもびっくりするくらい、きれいで新しくなっていました。
昔の国際線のお疲れ感満載の感じはまったくありません。

もちろん、入国審査も税関もありませんので、預け荷物を受け取って、さっさと空港を後にしました~

 

感想(まとめ)

今回、初めて国内線を使ってジョグジャカルタに行ってきました。

国内線のターミナルは、以前の国際線ターミナルを利用しているということで、内部はかなり寂しい感じかと思っていましたが、きれいに改装されびっくりしました。

昔のイメージがまったくなく、ちょっと寂しい感じはしましたが、近代的で使いやすいターミナルだと思いました。

入出国審査や税関がないので、手続きも簡単で、LCCを使えば運賃も安いので、これから機会があれば、どんどん国内旅行を楽しんでみたいと思います。