読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

泥んこだってへっちゃら!ATVライド

バリ島アクティビティ

バリ島の人気アクティビティの一つにATVライドがあります。


ATVとは、全地形対応車(All Terrain Vehicle)のことで、不整地を含むあらゆる地形を進むことのできる原動機(エンジンやモーターなど)付きの車両です。三輪または四輪の低圧タイやで走行し、乗員定員が一人または二人の乗りもので、オートバイに似た形状をしています。
かっては三輪車タイプがほとんどでしたが、安定性にかけ転倒事故が続出したため、現在では四輪タイプがほとんどだそうです。


四輪タイプのATVには、後輪駆動車と四輪駆動車があり、悪路の走破性は四輪駆動車の方がはるかに優れています。この四輪駆動のATVは農業や林業で荷物の運搬や巡回作業に幅広く使われ、他にもレジャー用に使われることもあります。


日本ではあまりなじみのないATVですが、ヤマハ、川崎と言った二輪メーカーが主に海外用にATVを制作販売しています。
ヤマハATVの公式サイト>>Yamaha Utility ATVs
サカワキATVの公式サイト>>ATVカワサキ

ATVライドとは、この四輪駆動型ATVを使って、バリ島の田舎を回ろうというツアー・アクティビティです。
ツアーと言っても、悪路走破性の高いATVを使ったツアーですから、普通の道を走るツアーとはわけが違います。田んぼのあぜ道、泥道やちょっとした小川、丘や谷など道なき道を突き進む、ちょっとハードなツアーです。


そんな悪路、本当に大丈夫?
私にも運転できる?
なんて、気になった方も多いと思いますが安心してください。
ツアーにはベテランガイドが同行し、安全を確認しながら進んでいきます。また、ATVはオートマチックかクラッチの無いセミオートマチック車ですので、スクーター感覚で運転ができます。ツアー前にインストラクターによるトレーニングもありますので、はじめてATVに乗る方でも、楽しんで頂けます。


このATVライド、バリ島では何か所も行われていますが、バリ島旅行.comでは以下のATVライドツアーをご紹介しています


◆パディアドベンチャー

タバナン県、バトゥカウ山のふもとで行われるパディアドベンチャー社のATVライドは、バリ島内でも最も歴史の古いATVアクティビティーです。
大変人気のあったアクティビティですが、残念ながら2016年1月を持って、営業終了となりました。
多くのお客様にご利用いただきまして、誠にありがとうございました。


◆プルティビ・クアッド・アドベンチャー

こちらは、アユン川の西岸、ボンカサ村で行われているATVライドです。
オープンして約1年のアクティビティですが、すでにオージーを中心に多くのお客様においで頂いています。


こちらのATVライドの特徴は、コースがちょっとハードということです。
主に、林や谷、小川越えなどのコースで、傾斜もきつく、スポーツ感満点のコースが自慢ということです。
お子様の参加も可能ですが12歳未満のお子様は必ず大人の方とのタンデム(二人乗り)で、運転はできません。


また、こちらの催行会社はペイントボールも行っており、ペイントボールやラフティングとのコンボメニューもございます。
スポーティー派の方にお勧めのコースとなっております。


ご予約、詳細はこちら>>ATVライド(プルティヴィ・クアッド・アドベンチャー)


◆バリバギー

こちらは、ウブドの北西パヤンガン村で行われているATVライドです。


こちらのATVライドツアーの特徴は、近くの村々を回るコースが含まれているということです。もちろん、悪路や小川越えなどもありますが、後半はビレッジツアーもあり、変化にとんだツアーが楽しめます。また、バイクタイプのATVの他に2シーターバギーもあるのも特徴です。


こちらの催行会社は一人乗りラフティング・キャニオンチューブも催行しており、キャニオンチューブやエレファントライド、リバーラフティングなどと言ったアクティビティとのコンボメニューも充実しています。
ご家族づれのお客様におススメのアクティビティです。


ご予約、詳細はこちら>>バリバギー


悪路をガンガン走るATVライド。泥だらけになるのは必至ですが、たまには泥んこになって遊んでみるのも楽しいと思いますよ〜