読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

デンパサール空港から移動方法

バリ島の玄関口デンパサール空港。

旅行者の大半の方は、まず最初にこの空港に到着なされます。

さぁ、楽しいバリ島旅行の始まりですが、ここからホテルや街にはどうやって移動しましょう?

今回は、その移動方法についてご紹介いたします。

 

<目次>

  

その1.ホテルや旅行会社などの送迎サービスを使う

最も簡単で、確実な方法が、あらかじめホテルや旅行会社などの送迎サービスを使うことです。

事前に宿泊ホテルや旅行会社などに空港からの送迎を依頼しておけば、送迎車が空港まで迎えに来てくれます。車を探したり、行き先を説明する面倒はありません。簡単、お手軽、安心な方法です。

f:id:balitravel:20160422105850j:plain

予約した送迎サービスのドライバーさんやガイドさんは、この写真の場所であなたをお待ちしています。この場所は「ミーティングポイント」と言います。

飛行機が空港に到着し、入国審査、関税検査が終わり、通路を歩いて行くと自動的にこのミーティングポイントに到着します。デンパサール空港はそれほど大きな空港ではありませんので、ミーティングポイントは一つだけです。

ミーティングポイントには、写真のように柵があり、そこにはガイドさんたちがお客様の名前を書いたボードやツアー会社の旗などを持っても名様をお待ちしています。写真ではあまりガイドさんはいませんが、時間帯によっては沢山のガイドさんがいますので、自分をお迎えにきたガイドさんをがんばって見つけてください。

ガイドさんに会えたら、後はすべてガイドさんがやってくれます。指示に従って、ホテルに移動しましょう。

 

その2.エアポートタクシーを使う

送迎の手配をしていなければ、次に検討するのがエアポートタクシーです。

デンパサール空港では、許可されたタクシー会社しか乗車できません。乗車許可のあるタクシーをエアポートタクシーと言います。

先ほどのミーティングポイントから、左手にあるいていくと

f:id:balitravel:20160422105851j:plain

このような、エアポートタクシーの受付カウンターがあります。料金はメーターではなく、行き先ごとの定額制になっていますので、カウンターで行き先(ホテル名など)を告げて、料金を支払います。料金と引き換えにタクシーチケットを渡され、ドライバーがタクシーまで案内します。

タクシーに乗車したら、タクシーチケットをドライバーに渡して、手続き終了。後は、目的地に着くまで車内でこれからの予定をゆっくり計画しましょう。

 

写真のカウンターはエアポートタクシーの最大手ングラライタクシーのカウンターです。空港内には他にもエアポートタクシーがありますが、カウンターはなく、この先の通路などで、客引きをしております。カウンターがないので、ちょっと胡散臭く感じるかもしれませんが、ちゃんと許可されたタクシーですのでご安心ください。

まれに、未許可のドライバーが客引きをしていることがあります。許可されたタクシードライバーは、胸に写真入りの名札を付けていますので、名札のあるなしで判断してください。

なお、空港にお客さんを乗せてきたタクシーには、許可の問題で乗車することはできません。また、最近はやりのオンラインタクシーも空港内に乗り入れることはできませんので、ご注意ください。
観光客に人気のブルーバードタクシーは空港内での乗車は許可されていません。

 

<追記 2016年8月16日>

情報によりますと、空港タクシーのカウンター位置が変更になったようです。
上記記事では、ミーティングポイント(柵の内側)左手となっていますが、現在は、ミーティングポイントを超えた所のエレベータータワー付近にあるそうです。

 

その3.公共バス・トランス・サルバギータを使う

ご存知の方もいるかと思いますが、バリ島には公共の循環バス・トランスサルバギータがあります。1路線Rp3,000と大変格安なローカル向けの公共バスです。ローカル向けといっても、冷房完備で奇麗なバスです。

このトランス・サルバギータが、空港内にも乗り入れています。もちろん、観光客でも利用可能です。

そのバス停の場所を紹介します。

f:id:balitravel:20160422105852j:plain

先ほど紹介しました、ガイドさんたちが待っているミーティングポイントを抜け、エレベーターの裏側に回ると、写真にあるような、バリ式の門が見えます。

f:id:balitravel:20160422105853j:plain

この門を通り抜けると、駐車場に出ますが、門を出たところに、公共バスの案内板があります。

f:id:balitravel:20160422105855j:plain

これが、その公共バス・トランス・サルバギータの案内看板です。

看板の案内に従って左側に歩いていくと

f:id:balitravel:20160422105856j:plain

こんな看板があります。ここがトランスサルバギータの停留所になります。

停留所といっても、ベンチと乗車用のタラップがあるだけです。

f:id:balitravel:20160422105857j:plain

ここで待っていると、水色の大型バスがきます。これがトランスサルバギータです。

運賃は、1路線Rp3,500(約30円)と大変安いのですが、時刻表がないのでいつ来るのか、よくわかりません。
また、路線図もないので、どのバスに乗ったらいいのかも、観光客には判断が難しいと思います。

ご利用の際は、事前に路線情報などを収集し、たっぷり時間の余裕がある状況でご利用ください。

その4.歩いて移動

 許可の無いタクシーなどは空港内での乗車はできませんが、もちろん空港の外ならメータータクシーを拾うことはできます。

また、トゥバンなど空港に近いホテルなら、頑張って歩いていくことも可能です。

ところが、空港出口がわからないという声をよく聞きます。確かに、車やバイクはちゃんと出口(料金所)があるのですが、そこまで歩くと、結構な距離がありまた、歩道がないためちょっと危険です。

案内板などはありませんが、実は徒歩で簡単に空港から出られる方法があるんです。

f:id:balitravel:20160422105854j:plain

先ほど、ご案内しました、ミーティングポイントの先のエレベーターの裏にある門、その門をくぐってまっすぐに歩いていくと、写真のような駐車場(立体駐車)があります。横断歩道があるので、車に注意してまっすぐ進みます。

駐車場の建物を出ても、とにかくまっすぐ進んでいきます。車の往来が激しいので充分注意してください。

まっすぐ歩いていくと、フェンスに当たります。そうしたらフェンス沿いに左に歩いていきます。フェンス沿いは歩道があるので歩きやすいです。
200m程度歩くと出口があります。ここから空港の外に出ることができます。出口周辺には歩きのお客さんを狙ったタクシーやオジェック(バイクタクシー)が何台も止まっていますし、ちょっと歩いて大通りに行けば、ブルーバードタクシーなどのメータータクシーがつかまります。

大きな荷物があると、ちょっと大変かもしれませんが、歩いていけるって方は、覚えておいてください。