バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

年末年始のバリ島旅行

気がつけば、もう12月。今年もあと1カ月ないんですね。
12月と言えば、後半からクリスマスや年末、年始とイベントが目白押しです。
年末年始休暇にバリ島旅行をなんて計画されている方も多いんじゃないでしょうか?


「年末年始、バリ島は混みますか?」
「天気はどうですか?」
といった、お問い合わせも頂いておりますので、ここで年末年始のバリ島の状況をまとめてご紹介いたします。


◆年末年始の混雑具合
年末年始となると、日本からもたくさんのお客様がバリ島においでになります。
また、ヨーロッパや東南アジアの一部地域も、クリスマス休暇があるので、多くのお客様がおいでになります。
ということは、バリ島は観光客が増えて、混雑するのでは・・・


ところが、バリ島内の観光ポイントはそれほど混みあうということはありません。
というのも、ヨーロッパやオーストラリアから来られるお客様は、ホテルやビーチでのんびりされるバカンスが中心の方が多いので、寺院など観光ポイントはそれほど混雑するということはありません。


ただし、レストランや夜のクラブ、バーなどは、外国人のお客様が増えるので混雑します。人気のレストランなどは予約をされていった方が良いかと思います。


また、日本人観光客が増えますので「フランジパニ・エステティックス」「クイーンローズ」といった、日本人経営の人気スパは予約がとりずらくなっています。なるべく早めに予約を入れるようにしましょう。


アクティビティは、まだそれほど混雑はしていませんが、バリハイクルーズ(レンボンガン島クルーズ)やジャティルイサイクリングと言った一部人気アクティビティは予約が取れなくなってきています。ご了承ください


◆道路渋滞
観光客も増えれば道路渋滞もひどいのでは?
確かに、一昔前はバイパスも混雑していましたが、DFSギャラリア前交差点の立体交差化や海上高速などにより、ぐっと渋滞個所は減ってきました。


また、何かと話題になるウブドの渋滞ですが、ウブド街中は道路も細く、抜け道もないため、お昼以降は慢性的な渋滞がありますが、まったく動かなくなるわけではありませんので、それほど心配されることはないでしょう。

でも、気を付けてもらいたいのが大晦日12月31日です。この日は夕方からクタビーチを中心にカウントダウンパーチーが開かれます。そのため、クタエリアは15時頃から交通規制が入ります。
クタエリア、特にビーチ沿いのホテルに宿泊される方は、なるべく15時前までにホテルに戻ってこられた方がいいと思います。夕方からは、ビーチでカウントダウンパーティーが始まります。ホテルのレストランでも、夜遅くまでパーティーがありますので、ぜひ楽しんでいってください。


パーティーなど騒がしい事が苦手な方は、クタ、サヌール、ウブドといった観光客が多い街は避けた方がいいかもしれませんね。


◆気になるお天気
12月と言えば、雨季も本格化してくる時期です。
今年は、例年より雨季の入りが遅く、まだ本格的な雨は降っていません。
とはいえ、例年の年末年始は天気があれます。


天気が荒れる、と聞くと、観光も何もできないように感じますが、そんなことはありません。
バリ島の雨季は日本の梅雨というより、真夏の天気に近いものがあります。


朝は晴天で、昼ごろから雲が出てきて、3時頃から夕立のような雨が降り、夜には止んでしまうというパターンです。
アクティビティや観光は、なるべく天気の良い午前中に済ませ、昼過ぎからはスパやショッピングなど屋内で楽しめることを中心に計画すれば、雨が降っても大丈夫です。
かしこく計画を立てて、雨季のバリを楽しんでください。


バリ島の年末年始についてざっとご案内しました。
最後に、バリ島の年末年始休暇について。
日本ではお正月を中心に年末年始お休みになる所が多いのですが、バリ島は1月1日だけが祝日で、その他は普通の日となります。官公庁や学校などは1月1日から3日までお休みになりますが、ホテル、スパ、レストランなどは稼ぎ時ですから、休むことはありません。
どうぞ、ご安心してバリ島の休暇をお楽しみください。