読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ウブド・ニュークニン村のロカパラビラ

この度、バリ島旅行.comでは、ウブドの南、バリ島で最も美しい村・ニュークニン村にある、ロカパラビラ(Loka Pala Villa)の取り扱いを開始しました。


◆ニュークニン村ってどんなとこ?
ニュークニン村は、モンキーフォレストをはさんでウブドの南側に位置する村で、バリ島内で最も美しい村として表彰されたこともある、静かな癒しの村です。

こちらは、ガルンガンの時のニュークニン村。
道路は石畳が引いてあり、家の前には石像が並ぶ、信仰心にあふれた村です。


モンキーフォレストがあることで、ウブド中心部からちょっと遠いと感じるかもしれませんが、モンキーフォレストの横の小道を通ればウブド中心部まで10分程度で出られるくらいアクセスはいいです。しかし、車で行こうとお持ったらプンゴセカンの方を回らなくてはいけないので、車が入ってくることは少なく、アクセスはいいけど静かという絶好の環境です。


そのため、最近では隠れ家的な宿や長期滞在者向けのビラが増え、ゆっくりしたいという白人さんたちに人気のエリアでもあります。また、そのような事から、イタリアンやフレンチ、インド料理、和食といったレストランも増えてきており、穴場的な人気スポットになりつつあります。


◆ロカパラビラに行ってみましょう
ロカパラビラはそんな注目のニュークニン村の中心部にあります。メインの通りからちょっと小道を入ったところにあるので大変静かな環境で、さらにビラの周囲は田んぼが広がり、本当に癒しの空間なのです。


ビラの敷地に入ると真っ先に目に飛び込むのがこちらの大きな門(アンクルーアンクル)です

こちらの門は、実際に人が出入りするといったものではなく、装飾的な門です。ただし、この門があるおかげで悪いものがこの中に入ってこないという、宗教的な意味合いもあります。



門の横にはレセプション棟があります。
こちらがビラの受付となっております。棟は二階建てで、二階はロビーフロアーとなっています。
ビラでお客様のお世話をするスタッフは緑色の民族衣装を基にしたユニフォームを着ています。



門をぐるっと裏に回ると、2階建ての棟があります。
こちらは一階部分がスタンダードルーム、二階部分はオーナーの居住空間となっております。オーナー夫妻はこちらで生活をしていますので、何かあってもすぐ対応してもらえるので安心ですね。


一階部分は、スタンダードルームが3室並んでいます。キッチンなしのワンルームで、すべて同じ造りとなっていますので、そのうちの一部屋に入ってみます。



お部屋の前には広いテラスがあり、ベンチが置いてあります。ベンチに腰かけて、読書をしたり、ちょっと行儀が悪いかもしれませんが、お昼寝なんてのもいいですね。
テラスに面した大きなガラス戸をあけて部屋に入ってみましょう



スタンダードルームはすべてダブルベットとなります。ベットは蚊帳がつるしてある、お姫様ベットとなっています。大きな窓からは明るい日差しが室内を照らします。もちろん、厚手のカーテンを閉めれば、プライバシーは保たれます。



入口からベットをはさんでバスルームがあります。



スタンダードルームはバスタブがなくシャワーのみとなりますが、白人さんたちに人気のレインシャワーと、日本人に人気のハンドシャワー、両方のシャワーをご用意してあります。



バスルーム横の扉を抜けると、裏庭に出ます。裏庭には、ちょっとしたベンチも置いてありますので、こちらでのんびりと外の景色を眺めてもいいかと思います。



スタンダードルームの裏には田んぼが広がっています。取材した日は残念ながら稲刈り後の状態でしたが、田植え後は青々とした田んぼが広がり、すごく気持ちがいいです。
時々、ホタルも飛んできます。



こちらが、現在の裏の田圃の状態です。先日田植えを行い、青々とした稲が風になびいております



スタンダードルームを出て、奥に進むと、大きなガネーシャ象があります。



ガネーシャ象からさらに奥に進むと、プールがあります。それほど広くはないプールですが、日光浴をしたり、水浴びをするのにいいでしょう。
このプールを取り囲むように独立棟が4棟あります。この独立棟のご紹介はまた次回・・・



プールからさらに奥に進むと、ウッデンタワー棟と、スパ&レストラン棟があります。
スパ&レストランはまだ準備中です。


ニュークニン村・ロカパラヴィラの詳細・ご予約は>>バリ島旅行・ロカパラビラ