読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島入国時に注意すべき4つのポイント

バリ島観光豆知識

日本は、お盆休みがスタートしましたね。
この期間、海外旅行に出かける人もたくさんいらっしゃるでしょう。
バリ島にも、多くの日本人観光客が来ていただいています。


バリ島においで頂く観光客が最初に遭遇する関門が入国手続きです。日本国内では(当然ながら)経験しない手続きであり、特に初海外旅行の方は緊張しますね。手続き自体はそれほど難しいものではなく、めったにトラブルことはありません。
とはいえ、不安な面もあるかと思いますので、バリ島での入国手続きで注意してもらいたいことをまとめてみました。
初の海外旅行、初のバリ島旅行という方はもちろん、手続き制度がよく変更されますので、リピーターの方もご一読ください


◆1)入出国カード
多くの国では、外国人が入国する際「入出国カード(EDカード・イミグレーションカード)」に必要事項を記載し、入国審査の際提出することになっております。バリ島でも、以前は入国時に入出国カードを提出することになっていましたが、2015年4月よりバリ島の空港ではこの入出国カードが廃止されました。
ガイドブックや旅行代理店の案内には、まだ入出国カードの提出が必要と記載されている事もございますが、現在は必要ございませんので、ご注意ください。


◆2)観光ビザ(到着ビザ)
日本人観光客がバリ島に短期滞在する場合は、観光ビザ(到着ビザ=VOA)の取得が必要で、取得代金として米ドルで$35が必要でした。
2015年6月12日より、日本をはじめとする30カ国からの短期滞在の観光客は、このビザ取得が免除されました。ガイドブックや旅行会社の案内書には、まだ観光ビザ取得が必要と載っている場合がございますが、必要ありませんのでご注意ください。
また、入国審査の手前に観光ビザ(到着ビザ・VOA)取得ブースがございますが、これはまだビザ取得が必要な国からの観光客向けの取得ブースですので、立ち寄る必要はございません。


ただし、以下のような方は観光ビザ(到着ビザ・VOA)取得が必要となりますので、必ずビザ取得ブースに立ち寄り取得をお願いします。

  • 入国目的が商談・親族訪問・ボランティア活動など観光目的以外の方
  • 滞在期間が30日を超える方(ビザ延長が必要な方)
  • 帰国する際、バリ島以外の空港から出国する予定の方>>こちらの記事の最後に詳しく記載しておりますので、該当される方はご一読ください


◆3)税関申告書
入出国カードは廃止されましたが、税関申告書はまだありますので、忘れずに記入、提出してください。
税関申告書はバリ島到着前に搭乗されている飛行機内で配られます。万一、配られなかった場合はCAさんに問い合わせてみましょう。
航空便によっては税関申告書を用意していない場合があります。その場合は、空港到着後、税関検査手前に申告書が用意されていますので、そちらで記載してください。


税関申告書の記載要領は、こちらのサイトを参考にしてください>>ガルーダインドネシア航空サイト(日本語)
この税関申告書の中で、一番注意していただきたいのが「11.I am(We are)bringing:(下記のものを持っています)」という項目です。
この項目は、関税対象となるものをもっているか?という質問で、関税対象品を持っている場合は、申告して関税の支払いをする義務があります。
ガイドブックや旅行者の案内書では「No」という項目にチェックすればよい、となっていますが、もし申告対象品を持っていながら「No」にチェックを入れると「虚偽申告」という罪になります。内容を理解して正しい申告をしてください。


特に、旅行者がやりがちなのは「d」の項目です。200本以上の紙巻きたばこや1リッター以上のアルコール類を持っている場合は、「Yes」にチェックを入れて、関税支払いをしなくてはいけませんが、時々、200本以上のたばこや1リッター以上のアルコールがあるにもかかわらず「No」と申告し、それが発覚して問題となるケースが見受けられます。この場合「虚偽申告」となり、対象物を廃棄するか、追加徴税(罰金込)を支払う事になり、悪質な場合は逮捕、強制送還もあり得ます。
必ず、関税対象品をお持ちの場合は「Yes」にチェックを入れて、関税申告をしてください。


◆4)入国審査
入国審査は、入出国カードの廃止や観光ビザ(到着ビザ・VOA)の免除により、以前に比べぐっと簡素化・スムーズになりました。また、入国ブースの増加により、審査待ち時間も短くなったようです。


ただし、入国審査では、以下の事に注意してください。
・入国スタンプ
入国審査が終了すると、パスポートに入国スタンプを押します。このスタンプがないと、出国(帰国)できなくなりますので、パスポートを返してもらったら、このスタンプが押されているか、必ず確認してください。
・帰国便のチケット
以前は、入国時に帰国チケットを確認することはなかったのですが、最近はかなりの確率で帰国チケットの提示を求められます。
これは、観光ビザが免除になった関係で、本来ならビザを取得しなくてはいけない人が取得せずに入国し、帰国時に問題となるケースが増えているため、帰国チケットのチェックが厳しくなったようです。
入国審査時には、パスポートと帰国便のチケットを忘れずに提出してください。


以上、バリ島の入国手続きで注意する4つのポイントをご紹介しました。
これらポイントに注意して、バリ島旅行をお楽しみくださいね。