バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

現在のバリ島のネット速度

バリ島旅行に来られるとき、日本でいつも使っている、スマートホンやタブレット、パソコンなどを持って来られる方も多いでしょう。


街中にはFree-Wifiサービスを行っているれレストランやカフェが何件もありますし、ホテルでも部屋からWifiを使ってネット接続ができます。


また、ローミングサービスにより、ふだんと同じようにスマホでネット接続もできます。


つまり、バリ島に来ても普段と同じようにネットを活用することができるのです。
注意:Free-Wifiは無料ですが、ローミングサービスなどによるネット接続は通信費がかかります。


ここで、問題となるのは、通信速度です。


一昔前のバリ島は、ネットはできても通信速度が遅く、メール一通読み込むだけでも、何分もかかるなんてことがありました。


では、現在のバリ島のネット通信はどうなっているのでしょうか?


◆ADSL&光通信
日本のインターネット回線は現在ほとんどが光通信ではないでしょうか?


ちょっと調べましたら、日本の光通信(NTTのフレッツ光)では、最大1Gbpsでるんですね。うらやましいです。


バリ島では、ネット回線と言ったら、TelkomselのSpeedyがメインとなります。ホテルやカフェ、レストラン、ネットカフェなどは、ほとんどがこのSpeedyを使っています。


このSpeedyは電話回線(銅ケーブル)を使ったネット回線で、最大100Mbpsまで出るそうです。


ただし、回線の速度は契約料金によって変わってきます。速度が速いほど、ひと月の料金が上がります。最大の100Mbpsの回線を契約しているのは、銀行などの企業だと思います。


ホテルで10〜20Mbps,レストランやカフェで2〜5Mbps,ネットカフェや小さな宿、カフェなどでは1〜2Mbpsの契約ではないでしょうか?


最近、いよいよバリ島にも光通信が入ってきました。


実は、数年前から光通信は入ってきていたんですが、大手の会社や銀行などしか利用されていませんでした。


ところが、今年になってからTelkomselがIndihomeという名前の光ケーブル通信網を広げてきたのです。


日本の光は1Gbpsも出ますが、さすがにバリ島はそこまで出ませんし、例によって契約料金により通信速度も変わります。


とはいえ、最低でも10Mbps,最高で100Mbpsの通信が可能となってきたのです。


さっそく、目ざといカフェやネットカフェはこのIndihomeを引きこんでいます。「Wifi by Optilac」なんて看板をだしているネットカフェもあります。


徐々にですが、バリ島の通信環境もよくなってきましたね。


◆3G&LTE(4G)
携帯電話でのデータ通信は、バリ島ではまだ3Gが中心となっております。

日本では3Gでの通信速度が最大14Mbps,さらにLTE(4G)だと75〜100Mbps出るそうですね。


バリ島では、3G(HSDPA)で最大14.7Mbpsと謳っていますが、そこまでは出ませんね。条件が良くて2Mbpsくらいでしょうか?


ADSL(Speedy)の場合は、契約料金によって通信速度が変わっていましたが、3Gは、料金による速度の差はありません。


ただし、エリアによっては3Gの電波が入らず2Gになります。そうなると、通信速度ががくっと落ちてしまいます。


今年の初めから、いよいよバリ島でもLTE(4G)のサービスが始まりました。


最大通信速度は37.5Mbpsと日本の1/3程度ですが、高速通信です。


ただし、まだサービスエリアが狭く、デンパサールやクタを中心とした南部エリアのみになります。ウブドはまだサービスが来ていません。



日本に比べたらまだまだ遅れている感があるバリ島のネット環境ですが、数年前に比べると、格段の進歩をしています。


バリ島に来ていても、ふだんと変わらないネット環境に早くなるといいですね。