読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島ライステラス、どっちが人気?

ライステラス(棚田)と言えば、バリ島観光スポットの中でも定番中の定番!初バリの方なら、必ずと言っていいほどライステラスにはいかれると思います。


ライステラスとは、棚田、ようは田んぼです。
バリ島の主食はお米、そのためバリ島内のあらゆる所に田んぼがあります。
とはいえ、バリ島内の平地はとても少なく、海沿いのエリアしか広い平地はありません。
そこで、山や丘を切り開いて棚田にしたところが、バリ島には沢山あります。つまり、ちょっと車で移動しただけで、簡単に棚田を見ることができます。


いたるところで見ることができる棚田ですが、バリ島には2大ライステラスと言ってもいいほどの、人気の棚田が2か所あります。
それが「ジャティルイ・ライステラス」と「テガララン・ライステラス」です。
今回のブログは、この2大ライステラスを比較してみたいと思います。


◆テガララン・ライステラス
テガラランは、ウブドの北にある村の名前です。農業と民芸品作りが中心のこの村には、大変有名で多くの観光客が見物に来るライステラスがあります。
それが、この「テガララン・ライステラス」です

ガイドブックやバリ島旅行のパンフレットによく載っているライステラスで、昔から「ライステラス観光と言えばここ!」というくらいの定番スポットです。


このテガララン・ライステラスに来られた方がまず最初に感じることは「思ったより小さい」ってことです。
実はこのライステラス、それほど大きくはありません。
では、なぜそんな所が有名になったかというと、手頃な大きさだからなんです。このくらいのサイズですので、写真に撮りやすい。記念写真を撮るにはぴったりのサイズなんです。


それと、ウブドから車で15分、さらに、有名な観光スポットキンタマーニ高原からも40分くらいで来ることができます。
定番の観光コースの中にも組み込みやすいので、毎日多くの観光客が訪れております。


また、このライステラスを眺められる場所にカフェやレストランがあるのも人気のポイント。
ゴアガジャ遺跡、ティルタエンプル寺院、キンタマーニ高原と回った観光ツアーが、ウブドに向かう途中このテガラランで休憩や食事をするのに最適なスポットなのです。
ツアーの途中にお気軽に、ライステラス見物!このお気軽感が観光客に受けているのだと思います。


◆ジャティルイ・ライステラス
ジャティルイ・ライステラスは、タバナン県バトゥカウ山のふもとに広がるライステラス群です。
ライステラス群といわれるくらい、とても広大なライステラスです。
そのジャティルイ・ライステラスがこちら

写真では表わしきれないのですが、見渡す限りライステラスが広がっています。


広大なエリアに広がるライステラスはとても美しく、以前、某カード会社のコマーシャルにもつかわれていました。
それほど美しいライステラスですが、以前はあまり観光客は訪れませんでした。その原因は「遠い!」ということです。
クタなどの南部エリアから車で1.5〜2時間かかり、周囲にはそれほど有名な観光スポットがありません。
また、以前は道が細く、荒れていて、なかなかお手軽に観光するポイントではなかったのです。


しかし、2012年にこのジャティルイを中心としたライステラス群が世界文化遺産に登録されると、多くの観光客がここを訪れるようになりました。それに伴い、道路も整備され、現在ではライステラス観光の定番スポットとなっています。


ジャティルイ・ライステラスの魅力はその広大さ!見渡す限り広がる棚田群は感動ものです。
そして、その棚田の中に走るあぜ道を歩き、身近に田んぼを見学できるのも人気のポイントでもあるのです。(特に田んぼが珍しい欧米の方は、熱心に田んぼ見学されています)


◆どちらのライステラスがおススメ?
よく、どちらのライステラスがおススメですか?という質問を頂きますが、これはケースバイケースだと思います。


テガラランはアクセスがよく、ツアー途中で立ち寄るにはいいのですが、スケールはジャティルイに負けます。
ジャティルイは、棚田のスケールは大きく、感動ものですが、ちょっとアクセスが悪いです。


つまり、時間があって、世界文化遺産をじっくり見たいという方は、ジャティルイを、時間が少なくお手軽に棚田を見たいという方にはテガラランをお勧めいたします。


◆ライステラス観光の注意点
ライステラスは田んぼですから、いつ行っても写真にあるような青々とした田んぼが見れるとは限りません。
バリ島は熱帯ですので、二期作、三期作がふつうに行われており、日本のように田植えや稲刈りの時期が固定されているわけではないのです。
つまり、せっかくライステラスを見に行ったけど、稲刈り後でした、なんてこともあるのです。
ですので、行かれる時にはガイドさんや旅行会社に田んぼの状況を調べてもらうのがいいと思います。


ということで、バリ島観光旅行の定番、ライステラス観光、ぜひ一度はおいでくださいませ〜