バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

初バリ島、これだけは食べておきたいBest3

旅行の楽しみの一つに、グルメがあります。
バリ島旅行でも、食べることは旅行の目的の一つですよね。


バリ島は世界的な観光地です。沢山のレストランがあり、たくさんの国の料理を楽しむことができます。でも、せっかくバリ島に来たのなら、地元のインドネシア料理やバリ島料理を楽しみたいですね。


バリ島の料理って、どんな物があると思いますか?
ナシゴレン、ミーゴレン・・・たしかに、バリ島と言えばという料理ですが、ナシゴレン、ミーゴレンは日本で言うとラーメンやカレーライスのような国民食。
せっかく高い飛行機代を払ってバリ島に来たんですから、もっと他の物も楽しみましょう。


ということで、今回は初バリの方にぜひ食べてもらいたバリ島料理BEST3をご紹介します。


◆ナシチャンプル
ナシとはご飯、チャンプルとは混ぜるという意味で、そのまま訳すと混ぜご飯になってしまいますが、ナシチャンプルとはご飯の周りにいろいろなおかずを置いた、ワンプレートディッシュのことです。バリ島料理というより、インドネシアを代表する料理というか・・・定食です。

このご飯の周りに乗るおかずは、地域やお店によってさまざま。中には、日替わりでおかずが変わるなんてことがよくあります。
また、おかずもお店におまかせの事もあれば、ずらりと並んだおかずから自分でチョイスすることもできます。
このナシチャンプルは、バリ島のどこでも食べることができます。ワルンと呼ばれる大衆食堂や、空き地に出ている屋台、そして、高級なレストランでもインドネシア料理を扱っていれば、ナシチャンプルあります。
もちろん、ワルンのナシチャンプルは、いわゆる「おふくろの味」に近いような、イブ(お母さん)手作りのものが多いです。高級レストランでは、上品で食べやすいおかずが多いですね。おかずの種類も味付けも、材料も、本当にいろいろありますから、ナシチャンプル食べ比べをしても面白いと思います。
たかが、ナシチャンプル、されどナシチャンプル。本当に奥が深い料理ですので、バリ島に来たらぜひ一度トライしてみてください。


◆イカンバカール
イカンとはお魚、バカールとは焼く・・・焼き魚ってことですが、ようはシーフードバーベキューです。
周りを海に囲まれたバリ島は、海産物も豊かです。新鮮な魚をココナッツの炭で焼いて、ピリ辛のたれを付けて食べるのが、バリ島流シーフードBBQ,イカンバカールです。



イカンバカールは、海の近くのレストランなら、どこでも食べられますし、物流が昔に比べて発達していますからウブドのような内陸部でも食べることができます。


しかし、バリ島でイカンバカールを食べるのなら、一度はジンバランビーチに行っていただきたいと思います。
ジンバランは、昔から新鮮な魚が上がる場所です。空港の南側、クドガナンというエリアのビーチには、このイカンバカールのお店がずらっと並んでいます。
ほとんどが観光客向けのお店で、街で食べるより高い!という声も聞かれますが、波打ち際のビーチでサンセットや遠くの飛行場から離発着する飛行機を眺めながら、おいしいイカンバカールを食べるのは、バリ島グルメの定番中の定番!ぜひ一度は食べていただきたいと思います。


行ってみたけど、高かった!という声も聞かれますが、なるべくリーズナブルに食べる方法をお教えしましょう。
観光客の皆さんは、お店の入口の水槽やショーケースで魚を選んで、焼いてもらいますが、意外と大きな魚を選びがち。さらに店員さんの売り声に乗って、思わぬ量の魚や貝を選んでしまい、お会計の時、ビックリなんてことがあります。それより、各お店には必ずパケットと呼ばれるセットメニューがあります。意外とお得なセットもあるので、そのようなセットメニューから選ばれると、リーズナブルにイカンバカールが楽しめます。
そして、ロブスター!見栄えもあり、プリプリでおいしいんですが、これがまた高いのです。
お財布に余裕があればいいんですが、ちょっときびしいかな〜、なんて時は、思い切ってロブスターを外して、普通のエビにするのも手です。


こんな裏技も使いながら、バリ島のイカンバカールを楽しんでくださいね


◆バビグリン
バビは、豚、グリンは回すといういみですが、このバビグリンはいうなればブタの丸焼料理。イスラム教徒の多いインドネシアではこのバビグリンが食べられるのはバリ島だけではないでしょうか?ってことは、バビグリンは本当にバリ島を代表するお料理といってもいいかも・・・?


バリ島では多くの家で豚を飼っています。農家ではない、普通の家でも家の裏に回れば豚小屋がある家も少なくはありません。
とはいえ豚を育てるのは大変なこと。いくら自宅で育てているからと言っても、それほど頻繁に豚を食べることはできません。
さらに、バビグリンは豚のおなかの中にハーブなどを入れココナッツオイルを塗りながら4〜5時間かけてじっくりと焼かなくてはいけません。
なので、バビグリンは特別な料理。本来は結婚式などお祝いの時にしか食べられない料理だったんです。だから、バリ人はこのバビグリンが大好き!
ここの店のがうまい、いや、あっちの方がもっとうまいと、バビグリンを語らせたら、熱くなってしまうバリ人も多いのです。


さて、そんなバビグリンですが、意外と観光客向けレストランでは出されないのです。というのも、お客様の中には宗教上の理由で豚がだめな方もいらっしゃるのと、料理が大変だから。
では、どこで食べるかというと、バビグリン専門のお店。バリ人が大好きなバビグリンですから、どこに行ってもバビグリンの専門店はあります。
が、どうしてもローカル仕様のお店が多い。お店はちょっと(いや、かなり?)汚く、味付けも辛さ満点。一般の観光客にはちょっと敷居が高いかもしれません。


で、お勧めなのが、ウブドの超有名店「イブ・オカ(Bu Oka)」!もう、バビグリンと言ったらイブ・オカて言うくらい外国人には有名なお店です。


こちらが、そのイブオカのバビグリン(バビグリン・スペシャル)

ココナッツオイルを付けてじっくり焼かれた、豚の皮はパリパリ、お肉は脂が滴るくらいジューシー、そしてカリカリに上げた内臓や、ラワールと言われるスパイスと野菜をミックスした付け合わせもおいしいのです。
味付けは、外国人にも食べられるように、若干マイルドにしてありますので、机の上に置いてあるサンバル(チリソース)で辛さを調節してください。
1日に4〜5頭の豚を調理しますが、昼過ぎには売り切れてしまうくらい、多くのお客さんが毎日集まるイブオカ。
ウブドにおいでの際は、ぜひ訪れてください。
昨年お店をリニューアルして奇麗にもなりましたし、マス村にも2号店があります。


初バリの方にぜひ食べてもらいたいバリ島料理BEST3いかがでしたか?
バリ島には、他にも沢山の料理がありますが、まずはこの3つを試してから、他の料理もチャレンジしてみてくださいね〜