読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島最近のホテル事情

バリ島のホテルと言えば、超高級ビラやコスパのいいリゾートホテル、あるいは安く泊まれるロスメン(民宿)といったイメージでした。


しかし、最近のインドネシア全体の好景気や外国からの観光客の増加などを背景に、ホテル事情も昔と比べちょっと変わってきました。

今回は、特に最近増えてきたな〜って感じるタイプのホテルについてご紹介いたします。


1)超高級ビラやリゾートホテル
サワンガンやウンガサンといった、バドゥン半島の南側(ウルワツエリア)に多く建設されているのが、超高級ビラやリゾートホテルです。
The MuliaやThe Ritz Carlton Baliといった、ホテルやビラがここ2〜3年の間に、どんどんできています。


これらホテルの特徴は、超がつくほどの高級ホテル。目の前はインド洋で、お部屋の作りも広々とし、調度品やレストラン、スタッフは一流のものばかりと、リッチ〜なホテルです。もちろん、宿泊費もそれなりにお高いのですが、そんなホテルやビラがいくつも建てられるのは、やはりインドネシアの好景気によりお金持ちが増えたからなんでしょうねぇ・・・


ターゲットとなるお客様は、お金持ちインドネシア人や海外のセレブ層なんでしょうね。一般庶民私たちにはちょっと高根の花って感じですが、もし機会があれば是非とも泊まってみたいホテル&ヴィラです。


2)バジェットホテル
バジェット(Bugdet)とは、本来「予算」という意味ですが、「低予算の」という意味にもつかわれます。


つまり、そこそこお安いホテルということで、宿泊費はおよそRp300,000〜Rp600,000(1泊1部屋2名)クラスのホテルです。
具体的にはFave Hotel、Tune Hotel、Harris Hotel,ASTON といったチェーンホテルで、このクラスのホテルがクタ、スミニャックエリアを中心に増加しています。
ターゲットはズバリ、インドネシア国内の観光客。国内観光客は以前はもっと安いホテルに泊まっていましたが、好景気の影響でこのクラスのホテルにも泊まるようになってきました。


このクラスのホテルの魅力は何と言っても低価格。ただし、お部屋はちょっと狭めで、シティーホテルに近い感じです。バリっぽさはないんですが、泊まるには充分の設備がそろっていますし、新しいホテルが多いので、お部屋がきれいなんです。
ただし、壁がちょっと薄いので、となりの部屋の声や廊下の音が聞こえてしまうこともありますが、リーズナブルにバリ島旅行をするには、大変便利なホテルだと思います。


また、このクラスのホテルは、ほとんどがクタ、スミニャックなどの繁華街の近くに立っています。ディナーを食べに行くにも、夜遊びをするにも、ショッピングやスパに行くにも、すごく便利な場所ですので、いろいろやりたいってアクティブ派には最適じゃないかと思います。


3)ホステル
ホステル(Hostel)とは、大部屋に何台もベットを入れた、相部屋形式のお宿で、別名ドミトリー(ドミ)とも言われています。


このホステルのお客さんというのは、宿泊費を抑えたい、貧乏旅行(バックパッカー)の一人旅がメインになります。
ホステルは世界中の街に多くあり、貧乏旅行の若者がよく使っていますが、バリ島にはほとんどありませんでした。というのも、5年くらい前までは、1泊500円とか400円で個室に泊まれるロスメンがたくさんあったので、わざわざ相部屋のホステルに泊まる必要はないといわれていました。
しかし、最近のロスメンは1泊最低でも1,000円以上はしますす、ちょっと便利で奇麗な宿だと2,000円以下というのはほとんどありません。
宿泊費を抑えたい貧乏旅行の若者には、バリ島は厳しい状況となってきたので、安い相部屋ホステルが出てきたようです。


ホステルが増えているエリアは、やはり若者やパッカー達に人気のあるクタ、スミニャック、チャングー、そしてウブドエリア。
中には数週間も長期滞在しているつわものもいるそうです。


ほとんどのホステルは大部屋に二段ベットを入れた相部屋形式で、ひと部屋に5人から20人くらいまで泊まります。
シャワーやトイレは共同になり、貴重品を管理するために鍵付きロッカーや鍵付き引出が用意されています。
部屋にはクラーなどはありますがテレビなどはありません。その代り、パブリックスペースが用意され、そこで本を読んだり、宿泊者同士が情報交換をしたりしています。
ちょっと、ファミリーやミドル層以上の方には無理ですが、若い方なら一度は経験しておくといいかもしれません。


と、今回はバリ島に増えてきたタイプのホテルをご紹介しましたが、もちろん昔ながらの「これぞバリ!」といった感じのホテルやロスメンも、まだまだ健在ですし、超お得なリゾートホテルもたくさんあります。
世界的に見てバリ島のホテルはコストパフォーマンスがとてもいいと思います。
ちょっと贅沢して、高級ホテルに泊まるのもいいですし、買い物やスパに使うために費用を抑えたホテルに泊まるのもいいでしょう。
自分で、お好みのタイプのホテルを探して、バリ島をたっぷり楽しんでくださいね〜