読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

今日はシワラトリィ

先週は、事情によりブログを1回さぼってしまいした・・・すみません・・・


さて、気を取り直して、今回のブログはシワラトリィについてです。


今日、1月19日はシワラトリィの祭礼日です。


シワラトリィの祭礼はバリヒンドゥーのお祭りの日(祭礼日)で、バリ州だけの祝日となっています。


祝日といっても、学校や官公庁の一部がお休みになるだけで、銀行や郵便局は通常とおり開いていますし、もちろん、ホテルやスパ、タクシーなどもいつも通り営業していますから、観光客の方には「祭礼日」といっても、ピンと来ないと思います。


また、ニュピのように外出禁止にもならないし、ガルンガンやクニンガンのように、特別な飾り付けをしたりもありませんので、バリの人と生活を共にしていなければ、祭礼日という感覚はないと思います。


事実、バリ人家庭に下宿している私も
「あ?ふだんよりお供え物が多いかなぁ?」
くらいにしか感じません。


では、このシワラトリィの祭礼日とは、どんな日なのでしょうか?


シワラトリィの祭礼日は


サカ暦7番目の月、Sasih Kapitu(西暦の12月〜1月ごろ)の暗月前日に行われる祭礼で、「瞑想と断食」で一晩過ごし、悟りを開く日と言われています。人々は、夕方沐浴を済ませた後、正装し寺院行き一晩中祈りを捧げます。


ということです。


つまり、派手な飾り付けや、朝からお祈りをするということはなく、夕方からお寺に行き、一晩中お祈りと瞑想を行うという、いたって地味な(失礼)祭礼日なのです。


では、実際バリ島の人は一日断食をして、夕方からお寺で瞑想そうするのでしょうか?


多分、熱心な信者、特にマンクーやプタンダと言われる聖職者は、一晩中お祈りや瞑想をすると思います。


しかし、私の知る限り、一般のバリ人で、一晩中お祈りをする方は少ないと思います。


夕方、お寺には行くと思いますが、お祈りをして、お供えをしたら、とっとと家に帰ってしまうんじゃないかと・・・・


ところが、このシワラトリィを首を長くして待っている人たちがいます。


それは・・・若い恋人たち・・・・


シワラトリィは、一晩中お寺でお祈りと瞑想をする日


つまり、親公認の外泊日なんです。


「仲間と一緒にお寺で瞑想しています」


といえば、一晩中家に戻らなくても、怒られない・・・ってことです。


では、本当にお寺で瞑想しているのでしょうか???


お寺には行くと思いますが、瞑想ではなく、恋人との語らい、ってなるんじゃないかと思います。


ちょっと、不謹慎ですが、昔からシワラトリィの日ってのは、恋人たちの外泊日、なんて言われているのです。



さて、このシワラトリィの祭礼日、これもガルンガンのように210日に1回行われるのでしょうか?


いえいえ、実は1年に1回なんです。


バリ島には3つのカレンダーがあるといわれています。


ひとつは、西暦。世界共通のカレンダーです。


もうひとつはウク暦と言われる210日で一周するカレンダー。ガルンガン等はこのウク暦に沿って行われるので210日に一度祭礼日がきます。


そしてもうひとつはサカ暦と言われる、太陰暦。こちらは、太陰暦なので、1年が約360日になります。


今回のシワラトリィやニュピはサカ暦に沿って行われるので1年に1回の祭礼日となります。


バリ島の祭礼日の中でも地味なシワラトリィについて、簡単に説明しましたが、こんな地味な祭礼日でも、毎年しっかりと行われている、バリ島の文化に、奥の深さを感じてしまいました。