バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

雨季本番!あいつがやってくる

つい、この間まで雨が降らない、と言っていましたが12月に入り、雨の日が多くなりました。
本格的な雨季に入った模様です。
朝はいい天気でも、昼ごろから雲が広がり、2時か3時から雷雨・豪雨が降り、6時頃には止んでしまう、こんな雨の降り方が、バリ島の雨季です。


雨が全然降らなかった10月、11月は毎日暑い日が続き、夜も寝苦しかったですが、雨季に入り雨が降ると気温もぐっと下がり、過ごしやすくなります。観光旅行に来られている皆様は、せっかくのバリ島で雨に降られると、なんか損したような気持になるかとは思いますが、雨が降ることにより、バリ島の緑も生き生きとし、フルーツもおいしくなります。
雨季は悪いことばかりではないんですよ。


ところで、本格的な雨季に入るこの時期、夕方になるとどこからともなく、あいつがやってくるのです・・・


あいつとは・・・ドゥダルゥです


ドゥダルゥとは、小さな羽虫です。調べてみても、よくわからないんですが、どうもシロアリの羽虫のようです。


ドゥダルゥは、小さな虫で、人を襲ったり、噛んだりすることはありませんが、それがこの時期、大量発生します。


オープンエアーなテラスなどでは、このように電燈の周りに集まってきます。
※注意:虫が嫌いな方には厳しい写真となりますので、ご注意ください


ドゥダルゥは、幼虫の時期は地中で暮らしているそうです。
そして、雨季のはじめ、一斉に羽化して交尾する相手を探して飛び回ります。
交尾をすると、地面に落ちて、羽根が抜け、地中に卵を産むそうです。


羽根が抜けたドゥダルゥは、チチャなどの格好の餌となります。
ドゥダルゥが大量発生した翌朝は、テラスなどに抜け落ちた羽根がたくさん落ちています。その羽根は蟻の餌になります。


え〜、バリ島ってこんな虫がいるの〜!


なんて、思われた方も多いと思いますが、ご安心ください。


ドゥダルゥが出るのは、雨季前半、12月の1〜2週間程度です。
また、発生するのも、夕方の6時頃から8時頃までの2時間程度で、8時を過ぎると、どこかへいってしまいます。


万一、その時期にバリ島に滞在され、ドゥダルゥが発生したら・・・
まず、部屋の電気をすべて消しましょう。
そして、庭先に電灯やろうそくを置いておくと、ドゥダルゥはすべてそこに集まります。
暗いところには、まったく集まらない習性があるそうです。


このドゥダルゥですが、以前に比べて発生する数や回数が減ってきたようです。
特に、クタやサヌールなど、周りに田んぼや畑が少ないところでは、ほとんど発生しなくなってきたようです。
少しづつですが、バリ島の自然も少なくなっている証拠でしょうか?