読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

チチャとトッケー【閲覧注意】

バリ島には、チチャとトッケーというヤモリ(トカゲ)がたくさんいます。トカゲなどの爬虫類が嫌いな方には、写真を見るだけでも、気持ちが悪くなるかもしれませんが、どちらも人に危害を加えることもなく、バリ島の人は大切にしています。
今回は、そのチチャとトッケーについて、お話をしたいと思います。
なお、この先にチチャとトッケーの写真がありますので、爬虫類が苦手な方は、注意してください。


チチャとトッケーは、どちらもヤモリ科の動物で、東南アジア全域に広く生息しています。


◆チチャ(Cicak)

チチャは、体長10cm程度の小型のヤモリで、家の天井裏や物陰などに多く生息しています。
チチャというのは、インドネシアでの呼び方で、タイでは「チンチョ」と呼ぶらしいですが、正式な英語名や学術名はわかりませんでした。
動作は素早く「チチチチ・・・」という鳴き声を出し、部屋の壁や天井などを這って移動します。


餌は小さな虫やクモ、蚊などで、生きている小動物を主に食べており、フルーツや野菜などは食べないようです。


◆トッケイ(Tokkei)

トッケイは、体長30cmくらいまで大きくなる、大型のヤモリで天井裏や物陰、木の陰などに生息しています。
ヤモリ科ヤモリ属に分類されるトカゲの一種で英語名はゲッコー(Gekko)、日本ではトッケイヤモリと言われています。


あまり、人の目に触れるところに出てくることはありませんが、「トッケー(場所によってはゲッコーと聞こえるらしい)」と大きな声で鳴きます。バリ島では、「トッケー」という鳴き声が連続して7回(13回という説もあり)聞こえたら、いいことがあると言われています。


大型のヤモリなので、ゴキブリやチチャなどそこそこ大きな小動物を餌にしており、ネズミの子供や蛇の子供などを食べることもあるそうです。


◆人に対する被害
チチャもトッケイも、ハエ、蚊、ゴキブリなどの害虫を食べてくれるので、人に役に立つ小動物として世界中で昔から大切にされています。
また、虫などの生きたものしか食べず、人を襲うこともないので、駆除したり、退治したりすることはありません。


とはいえ、爬虫類が苦手な方には、いくら人の役に立つ生き物でも、いやなものはいやですよね。
そのような方は、オープンエアーのヴィラではなく、部屋が密閉できるホテルタイプのお宿がいいと思います。特に自然豊かなウブドエリアでは、チチャをよく見かけますので、どうしてもダメ!って方は、ホテルタイプのお部屋にステイされるのがいいでしょう。


チチャとトッケイの被害として「ウンチ」があります。チチャのウンチはそれほど大きくないので、机の上やベットの上に落ちていたら、ティッシュで取り除けばいいんですが、トッケイのウンチは小型の猫のウンチくらいあって、においもきついので、ベットの上なんかに落とされたら、すごくブルーになります。もし、ホテルなどでベットやテーブルの上にトッケイのウンチが落ちていたら、すぐに宿の人に行って、掃除してもらいましょう。


バリ島と言えばチチャとトッケイと言われるように、昔からよく見かける小動物でした。しかし、最近は自然破壊や農薬、消毒薬、除虫薬などの影響でしょうか、少しづつ数が減っているような気がします。
何度も書きますが、チチャやトッケイは悪い虫などを食べてくれる、人間にとって大切な生き物です。気持悪いとか、怖いなんて言わないで、やさしい気持ちで見てやってください。ひとは襲いませんから・・・