バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

モルバリ・ギャラリアに丸亀製麺が出店

すでに、在住者の皆様がブログや、Twitterなどで、ご紹介されていますが、先週バリ島のモルバリ・ギャラリアに日本の丸亀製麺が出店しました。
丸亀製麺さんは、日本各地にチェーン展開をしている讃岐うどんの専門店。日本だけでなく海外にも75店舗を展開しており、インドネシアにはジャカルタやスラバヤなどすでに10店舗があり、11店舗目としてバリ島に出店されました。


うどん・・・って、言われても旅行者の方には、ぜんぜん珍しくないと思いますし、バリ島でもうどんを出す日本食レストランは何軒もありましたが、セルフ式のうどん専門店はバリでは初めて、しかも店内で麺を打つ本場讃岐うどんのお店ということで、かなり注目を浴びています。



モルバリ・ギャラリの中の、食べ物屋さんが集まっているコーナーに丸亀製麺さんのお店があります。かなり目立つ看板と、オープンしたてということで沢山のお客様でにぎわっていました。



店内も、日本のお店そのままの感じです。



注文システムも、日本のセルフ式のお店と同じです。
カウンターで、お盆を取り麺を注文します。そのまま進むと、天ぷらやさつま揚げなどトッピングの具材が並んでおり、好きに取ることができます。カウンターの最後がキャッシャーで、ここで飲み物を注文し、お会計となります。
飲み物は、冷たいお茶、温かいお茶があり、キャッシャーで注文すると湯のみが渡されます。その湯呑を持って、給湯器の所に行き、自分でお茶を入れていきます。ちなみに、お変わり自由です。


この給湯器の所に、とり放題のネギや揚げ玉が置いてあります。とり放題ってのがいいですね。
お茶は、南国特有のあま〜いお茶ではなく、日本式のお茶です、これもうれしい。



今回、私が選んだうどんです。かけうどん(Rp30.000)、海老天(Rp12.727)、おいなりさん(Rp9.091)、冷たいお茶(Rp9.091)合計Rp60.909+税金10%でRp67.000でした。日本円にしておよそ670円くらいですね。


お値段は、日本と同じくらいでしょうか?
問題の味ですが、「麺の腰が弱い」と聞いていましたが、そんなことは全くなく、しっかりと腰があり、スープも出汁がよく聞いていました。天ぷらも、ちょっと硬いかと思いましたが、スープに入れたらちょうど良い感じで、日本のお店とかわらないな、と感じました。


当日は、オープン直後の日曜日のお昼とあって、かなり混んでいましたが、5〜6分待ちぐらいで、すぐに食べることができました。
お客様は、日本人、中国人とアジア系の方が大半でしたが、白人さんもちらほら見かけました。うどんは、世界的な食事なんですね。


さて、この丸亀製麺さんがある、モルバリ・ギャラリアですが、場所はバイパス・シンパンシュールの近くにあるDFSバリギャラリアの裏になります。
シンパンシュールは、空港からサヌールに向かう途中にある、立体交差のロータリーで、以前は渋滞がひどい場所でした。


モルバリギャラリアは、大きなショッピングセンターです。

マタハリ・デパートをはじめ、ACE(エース・ホームセンター)や2階にはハイパーマートというスーパーマーケット、そしてCDショップやメガネ店、ブティックなどがたくさん入っており、ろーかるの方や在住者、そして観光客も多く訪れます。


また、フードコーナーには、多くのレストランが入っています。

ブレッドトーク:インドネシア資本のパン屋さんです

J.CO ドーナッツ屋さん

ピザハット

コールドストーン・アイスクリーム

日本食レストラン「漁師」  などなど


バリ島最終日、空港に向かう前にお土産を探したり、食事を取るのにすごく便利なショッピングモールですので、ぜひお立ち寄りください。