読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ニュピとオゴオゴ

つい先日、お正月だね〜、なんて思っていたら、あっという間に3月になってしまいました。
3月と言えば、バリ島では大きな宗教行事があります。それは「ニュピ(Nyepi)」


このブログでも、毎年ニュピについて説明していますが、はじめてこのブログを訪問していただいた方や、ニュピってなんだろう?という方もいらっしゃると思いますので、ニュピについて説明します。


ニュピは、バリ島独自のカレンダー・サカ暦・第10の月、サシー・カダソーの1日目に行われる行事で、バリ・ヒンドゥー教のお正月とも言われる日です。


ニュピの前日は、月が隠れる暗月の日で、この日に冥界のマヤ神が大掃除を行うので、悪霊(悪鬼)プト・カロが冥界から人間たちが住む地上に這い出してきます。プト・カロたちは家の隅や台所の陰など人目につかない暗い所に隠れており、プト・カロがいると災いが起きるので、各家々では鍋や釜を打ち鳴らし、プト・カロが嫌う大きな音を出して追い出しにかかります。
また、道の辻などプト・カロが集まる場所では清めの儀式(ムチャル)を行います。
さらに、夕方からオゴオゴという、大きな張りぼての鬼の神輿が村を練り歩きます。各家庭などを追い出されたプト・カロはオゴオゴの人形を仲間だと思って、取り付きます。そうして、たくさんのプト・カロがとりついたオゴオゴ人形は、村のお寺(プラ・ダラム)で燃やされ、プト・カロは地上から追い払われます。


あけて、ニュピの日は一日、明かりをつけず、仕事やおしゃべりをせず、静かに過ごします。
そうすると、プト・カロは「バリ島には誰もいないんだ」と勘違いをして、また冥界に戻っていきます。


これが、バリ島のお正月と言われるニュピの行事です。


ニュピの日はプト・カロに見つからないように、静かに過ごさなくてはいけません。
そのため、この日は夜明け(6時からとされていますが、実際は深夜から)から、翌日の夜明け(6時)まで、以下の行為が禁止されます。

  • 外出
  • 灯火の使用
  • 労働
  • 殺生

この制限は、バリ島に滞在する外国人や異教徒にも適応されます。
そのため、ニュピ当日は港も、空港もクローズ。(トランジットや緊急便は離発着可能)
道路にはパトロールの警察や自警団以外はだれもおらず、スパやレストランなどはすべてクローズとなります。
もちろん、ビーチに行くことも禁止。時々、ニュピの意味を理解していない外国人や他の島から来た観光客が外出してしまい、警察や自警団に捕まることがあります。


普段は朝からバイクや車の音が鳴り響くバリ島も、この日は騒音は一切ありません。パトロールの警官や自警団も自転車を使っています。また、テレビやラジオの放送も中止となっていて、大声を出したり、大きなお音を立てるのも禁止されています。
聞こえる音は、風の音や波の音、犬や鶏といった自然の音だけ。本当に、のんびりとした静かな一日となります。


灯火の使用が禁止されるので、夜は真っ暗。ニュピの日は暗月の翌日なので、月明かりもなく、天気が良ければ満点の星が眺められます。
電気もガスも使わないバリ島のニュピは「静寂の日」とも言われ、エコの観点からも世界的に注目される一日なのです。


とはいえ・・・・せっかくバリ島に来たのに一日ホテルに缶詰めなんて〜もったいな〜い!退屈しちゃう〜


たしかに、ニュピの日は観光客もホテルから出ることはできません。
ただし、ホテルの敷地内であれば、出入りは自由。一日中部屋に缶詰めということはありません。
また、外に明かりを漏らさなければ灯火の使用はできますし、うるさくしなければ、音楽やDVDの視聴もできます。
ホテル内にある、スパやレストランも宿泊客向けに営業していますし、プールやジムなどホテル内のアクティビティも利用可能です。一日、のんびりと読書やDVDなどでホテルステイを楽しめば、退屈しないと思いますよ。


ニュピの日はホテルで一日のんびり・・・ですが、その前日は、オゴオゴパレードを見に行きましょう。
オゴオゴは、先ほど説明したとおり、大きな鬼の張りぼてのお神輿。これが村中を練り歩きます。
また、主要な辻では、お神輿を回したり、前後に揺するたりと、パフォーマンスも見せます。


オゴオゴは鬼の張りぼて人形



これをみんなで担いで村中練り歩きます



パレードは夜中まで続きます


見物客も多く、かなり盛り上がる行事です。


今年のニュピは3月31日(月曜日)、そしてオゴオゴはその前日の30日に行われる予定です。
が、今年は4月に州議会選挙、7月に大統領選挙があります。4年前の選挙の時はオゴオゴが中止となりましたので、今年も中止になるのではないかというウワサが出ています。調べてみると、オゴオゴをやるかどうかは、各地区の村が決めるそうで、開催する村もあれば、中止する村もあるそうです。


最後に、ニュピ前後のご注意を
ニュピ前日はオゴオゴパレードのために交通規制が引かれます。そのため、主要道路は渋滞する可能性がありますので、カーチャーターやタクシーで外出する場合はなるべく5時前までにホテルに戻られるといいでしょう。
また、スパやレストランの一部は3時や5時にクローズとなることもあります。遅い時間のスパ、レストランの予約はやめた方がいいでしょう。


ニュピ当日はスパ、カーチャーター、アクティビティすべてお休みとなります。バリ島旅行.comのオフィスもお休みとなりますので、メールへのご返事が翌日となりますのでご了承ください。予約依頼受け付けは24時間承っております。


ニュピ翌日は、6時まで外出ができません。そのため、スパなどオープン時間が普段より遅くなることがございます。
アクティビティやツアーも中止となることがございますので、ご承知おきくださいませ。


観光客の皆様にも、いろいろご不便をおかけするニュピの行事ですが、バリ・ヒンドゥー教にとってとても大切な行事ですので、ご理解、ご了承をお願いします。