読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

デンパサール空港新ターミナル(出国編)

バリ島観光スポット

今年の初め、APEC首脳会議に間に合うように、なんとかオープンしたバリ島デンパサール空港(ングラライ国際空港)の新ターミナル。今更ながらですが、やっと行く機会ができましたので、現時点での状況をレポートさせていただきます。
本来なら入国編→出国編という順番のほうがいいんですが、事情により今回は出国編(帰国編)、そして次回は入国編とさせていただきます。


この新ターミナルですが、現在は国際線の到着と出発、それと国内線の到着に利用されています。
また、以前使っていたターミナルは、国内線の到着のみに使用しています。
国内線にしろ、国際線にしろ出発はこの新ターミナルを使っているので、「あれ?どっちだっけ?」なんてことがなくていいですね。
また、到着ですが、国内線でもこちらの新ターミナルを使うことがあるそうです。到着ロビーにインフォメーションがありますので、お迎えに行くときはこのインフォメーションでどこのターミナルに着くのか確認するといいでしょう。



出発ロビーの車寄せです。ツアーやトランスポート、タクシーなどで空港に来るとこちらで降車となります。車寄せにはポーターもおり、またカートもありますので、荷物の多い方はご利用ください。



車寄せで降車したら、こちらの空港入り口から到着ロービーに入ります。動く歩道もあり、一気に近代化しましたね。
ちなみに、この到着ロビーは3階になります。



空港ビルに入り、表示板に従ってチェックインカウンターに進みます。
この表示板を右に曲がると、下の階(到着ロビー)に降りるエスカレーターがあります。
出発ロビーには、まだカフェもレストランもないので、ちょっと下の階に降りてみましょう



こちらは、到着ロビーのすぐ下の階、2階部分になります。まだ何もなくてがらんとしたフロアーですが、将来はレストランやお店などが入るかと思います。



一階の到着ロビーに降りてきました。エスカレーターを降りてすぐのところに、カフェがありました。まだ、カフェなどはこの一軒だけでしたね。
両替所などもこのフロアーにありますが、そちらは次回の「入国編」でご紹介します。


まだ、空港にはカフェやレストランが少ないので、ちょっと国内線の到着ターミナルのほうに行ってみたいと思います。

到着ロビーで空港ビルを背にして左側に歩いていくと、エアポートタクシーのカウンターがあります。
このカウンターの横を通り、さらに歩いていくと

タクシー乗り場があります。


タクシー乗り場も突っ切ってさらにまっすぐ歩いていくと

旧国際線ターミナル車寄せに出ます。現在は、国内線のピックアップ用車寄せとして使われています。


この車寄せから旧空港ターミナル(現国内線到着ターミナル)に向かうと

バーガーキングやスターバックスがあります。また、コンビニやロティ・オーなどもありましたので、早めに空港についてしまい、チェックインまで時間をつぶしたいとか、食事したいというときは、ここまで移動されるといいでしょう。
また、ここにはタクシーの客引きもたくさんいました。彼らはもぐりのタクシーではなく、ちゃんと許可されたタクシー会社です。しかし、料金は交渉性になっていますので、エアポートタクシーと料金比較をしながら使ってもいいかと思います。(ためしに料金を聞いたら、エアポートタクシーより若干安い値段を言ってきました)


さて、出発ロビーに戻り飛行機のチェックインを行いましょう。
出発ロビーの入り口にはセキュリティーがいて、パスポートと航空チケットを確認します。セキュリティーの前で、まごつく方もいますので、事前にパスポートとチケットを用意しておきましょう。
見送りの方は、ここまでです。


セキュリティーを過ぎると、荷物のX線検査があります。以前より、検査機も増えているので、時間もかからないようですね。



検査場所を過ぎると、電光掲示板があり、便名とチェックインカウンターの番号が表示されています。自分が乗る飛行機の航空会社、便名を確認してチェックインカウンターに進みましょう。



カウンターを抜けて、表示板に従い、出国審査に向かいます。



途中VAT(国内税)の返還手続き窓口があります。海外からの旅行者は、税金の一部が変換されますので、たくさんお買い物をした方は、こちらで手続きしてください。



案内看板に従って進むと、空港利用税の支払いカウンターになります。ここで、搭乗券をだし空港利用税Rp150,000を支払います。搭乗券に支払い済みのステッカーが貼られます。
このカウンターですが、四角いカウンターの両側にスタッフがいますので、もし混んでいるようでしたら、反対側のカウンターに回ってもいいかと思います。


空港利用税を支払ったら、手荷物検査があります。
手荷物をX線の機械に通し、チェックします。液体物などはここで没収となりますので、ご注意ください。ちなみに、手荷物検査はこれ以降はありません。以前のターミナルのように、出発ゲートでの荷物チェックはありませんでした。


そのあと、出国審査になります。
パスポートと出国カードを出して審査を受けますが、ときどき出国カードを無くしたり、カバンの隅に入れて探している方がいます。出国カードは大切に保管しておきましょう。



出国審査が終わると、出発ロビーになるんですが、まだ半分以上が工事中です。
でも、免税店はかなりできているようで、自動的に免税店の中をとおって、搭乗ゲートに進むようになっています。



レストランなどはまだできていませんが、ところどころに売店があり、飲み物やサンドイッチなどを売っています。



免税店で購入した免税品は、こちらの窓口で受け取ります。受け取り忘れの無いようにお気を付けください。



搭乗ゲートの近くに、カフェがオープンしていました。飲み物と軽食をとることができますが、レストランはまだできていないようです。



仮設のラウンジが2か所ありました。
ビジネスやエグゼクティブクラスの方のラウンジですが、1か所はお金を払えばだれでも利用できるそうです。Rp250,000だそうです。ちょっと高いですね。



搭乗口近くには、椅子が設置されていました。以前のように、床に直接座ることはありません。


今回の新しいターミナル、まだ工事中のところが多いですが、明るく、広くなってすごく綺麗になりました。
でも、この新ターミナル、なんかタイのスワムナープ空港に似ているんですよねぇ・・・・


次回は入国編をご紹介します