バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島の住所のお話

こんにちは!
今回のブログは、バリ島の住所のお話をしたいと思います。
バリ島に長期滞在、在住している方でなければ、住所についてといわれても、それほどピンと来ないかと思いますが、たとえばタクシーなどでホテルやスパに行く時など、住所の言い方が分かっていれば、行き先説明がスムーズですね。
また、帰国後ホテルやお世話になった方に手紙を出すときなど、住所が必要になります。
ってことで、今回は「住所」についてお話をします。


住所のことをアラマット(Alamat)といいます

「住所」をインドネシア語でアラマット(alamat)と言います。
ホテルにチェックインするとき、チェックインカードを書きますが、住所を書く欄に(Adress/Alamat)って書いてあると思います。Adressは英語、Alamatはインドネシア語です。


ちなみに、Eメールアドレスもアラマットと言います。
「Alamat E-Mail nya apa?(あらまっと・いーめーるにゃ・あぱ?)」って聞かれたら「あなたのEメールアドレス教えて」ということです。


州・県・郡・村

日本の住所は「○○(都・道・府・県)××(市・郡)△△町・・番地」というようになりますが、バリ島の場合は「州・県・郡・村・バンジャール」となります。


インドネシアには33の州があり、バリ島はそのうちの「バリ州(Provinsi Bali)」になります。
そして、バリ島には8つの県(Kabupaten)と1つの市(デンパサール市・Kota Denpasar)があります。
<バリ島にある8つの県>

  • バドゥン県 Kabupaten Badung
  • バンリ県 Kabupaten Bangli
  • ブレレン県 Kabupaten Buleleng
  • ギャニャール県 Kabupaten Gianyar
  • ジュンブラナ県 Kabupaten Jembrana
  • カランガッサム県 Kabupaten Karangasem
  • クルンクン県 Kabupaten Klungkung
  • タバナン県 Kabupaten Tabanan


そして、県の中に「郡(Kecamatan)」があり、郡の中に「村(Desa)」があります。
各村の中には「バンジャール(Banjar)」という共同体があります。このバンジャールがバリ島の行政組織を構成する最小単位であり、生活に密着した集まりでもあるのです。


ウブドの中心部、ウブド市場の住所を正確に言うと
「インドネシア共和国 バリ州 ギャニャール県 ウブド郡 ウブド村 バンジャール・ウブドクロッド」となります。
郵便のあて先風に書くと「Br.Ubud Kelod,Desa Ubud,Ubud,Gianyar,Bali Indonesia」となります。「Kecamatan Ubud」とか「Kabupatan Gianyar」とは、書かないようですね。


「あれ?番地がないの・・・?」と、思われた方もいますが、ちゃんとした住所には番地(ハウスナンバー)がありますが、田舎の方に行くと番地が付いていないところもあります。
たぶん、昔は田んぼや畑ばかりで、番地というものが必要なかったのでしょう。
じゃあ、郵便物などはどうやって届けられるかというと、「○○さんちはどこかい?」と、近所の人に聞いて届けるそうです。同じバンジャールの仲間なら、名前を聞けば家がすぐにわかるってことらしいです。


道の名前が分かると探しやすいです

バリ島でお店やスパまでの道を尋ねるとき、よく「ジャランはどこ?(Jalan nya apa?)」なんて聞かれます。
ジャラン(Jalan)とは、ストリート、つまり通りの名前。具体的な住所や番地を言うより、通りの名前を言った方が、場所が分かりやすいのもバリ島の特徴です。
つまり、バリ島はどんな田舎でも、通りにちゃんと名前が付いているのです。


JL.Jembawan #13B,Padang Tegal,UBUD ,Gianyar,Bali,Indonesia
こちらは、ウブドで人気のスパ・サンスパ2(Sang Spa2)の住所です。


JL.Jembawanというのが通りの名前(ジュンバワン通り)です。「JL」というのは「Jalan」の省略形です。
次の #13B が番地に当たるハウスナンバー。
そして、Padang Tegal というのが村の名前です。
「バリ州 ギャニャール県 ウブド郡 パダンテガル村 ジュンバワン通り 13B」というのが住所になります。


また、Jalanの他にもGang(ガン)というのもあります。ガンとは、路地という意味。
JL.Jembawan,Gg Mawar(Ggというのは、ガンの省略です)といった住所もあります。


住所以外にも電話番号もメモっておきましょう

バリ島旅行で住所が必要な状況というと、タクシーなどでスパやレストランなどに行く場合。
すごく有名なスパやレストランなら、名前を言えばドライバーさんもわかってくれますが、勘違いや似たような名前のお店に連れて行かれるというトラブルもあります。
その一番の原因は発音の違い。バリ島の場合、公用語がインドネシア語ですので、英語の発音もインドネシア訛りになることが多々あります。そのため、お店の名前を聞き間違えることがあるんです。


一番確実なのは、お店の名前と住所を紙に書いて、ドライバーさんに見せること。
これなら、聞き間違えや言い間違えもないし、住所もわかるので違った所に行く事もないですね。


そして、その時お店の電話番号も書いておくと、よりベターでしょう。
住所だけではわからない場合、ドライバーさんにお店に電話してもらって聞いてもらうのが一番です。
こうやって、住所、電話番号をしっかりメモって、お目当てのお店に行けるようにしましょう。