バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

お金のお支払いには気をつけて

バリ島では、日本とは事情が違うことがよくあります。
特に、お金!日本とは違った通貨を使いますし、桁数も違います。
そのため、お支払の時トラブルにあうこともあるでしょう。
今回は、バリ島でのお支払い時に気を付けてほしいことをまとめてみました。


通貨の桁数に気をつけて

バリ島の現地通貨はインドネシア・ルピア。
現在、日本円の1円はおおよそRp110くらいです。つまり、日本円に比べて桁数が2桁多いのです。
「価格から『0』を2つ取ったら日本円と同じだよ」なんて言われますが、「一万ルピア」なんて急に言われると、高いのか安いのかすぐに判断できませんね。


また、ルピア札も、最高金額がRp100,000までです。一万円両替したら10万ルピア札が10枚以上帰ってきます。
ちょっと多めに日本円を両替したら、札束で帰ってくるので、びっくりしちゃいます。


また、慣れないお札ですからRp10,000札とRp100,000札を間違えてしまうこともあります。
お金を払ったり、両替するときは、落ち着いてちょっとくらい時間がかかってもいいですから、しっかりと確認してくださいね。


数字の言い方にも気をつけて

日本語の場合、数字の位は「一・十・百・千」と上がっていってから「万」の位になります。
そして「万・十万・百万・千万」となってから「億」という位になります。つまり、4桁で1つ上の単位に行きます。
しかし、ほかの国の数字の位は3桁で上がっていきます。
英語なら「ワン(1)」「テン(10)」「ハンドレッド(100)」と上がっていき、「サウザント(1,000)」になった後「テン・サウザント(10,000)」「ハンドレッド・サウザント(100,000)」となっていきます。これは、インドネシア語でも同じで「サトゥ(1)」「スプルー(10)」「スラトゥス(100)」「スリブ(1,000)」の次は「スプルーリブ(10,000)」「スラトゥス・リブ(100,000)」となります。


この日本語と、英語、インドネシア語との違いが時々混乱を招きます。


たとえば、Rp13,000の品物を買ったとしましょう。日本語で言えば「一万三千ルピア(10,000+3,000ルピア)」ですね。
これをインドネシア語で言うと「ティガブラス・リブルピア」つまり、「じゅうさん・せんルピア(13×1,000ルピア)」となります。
英語で言ったら「サーティーン・サウザント・ルピア」、これも「じゅうさん・せんルピア(13×1,000ルピア)」になります。
このように、インドネシア語と英語では、数字の位あげが同じなので、あまり混乱はありません。
しかし、日本人観光客に「サーティーン・サウザント・ルピア」というと「え!13万ルピア?」と勘違いしてしまう方が時々いらっしゃいます。
英語もインドネシア語も1,000の位が基準となって数字を表わしていますが、日本は万の位が基準となるので「13×10,000ルピア」つまり「130,000ルピア」と勘違いしてしまうのですね。
「すごい高い値段を言われた」「吹っ掛けられた」「ぼられた」なんて苦情も、よくよく聞いてみると、この数字の位あげの誤解が原因ということもあります。


この数字の位あげは、もう3年以上もバリ島に住んでいる私でも、時々混乱することがあります。旅行で初めてバリ島に来た方なら、余計混乱してしまうでしょう。ゆっくりと、落ち着いて頭を整理しながら、値段を確認してくださいね。


ドル払いとルピア払い、どっちが得なの?

スパやアクティビティなどで、料金がドル表示の所があります。基本は、表示された通貨でのお支払いとなりますが、ほとんどの所が日本円やルピアでのお支払いもOKとなっています。
そうなると、ドル表示のところはドルで払った方がいいのか、ルピアで払った方がいいのか、という質問を時々受けますが、米ドルに余裕があるのなら、ドル払いされた方がいいです。


ドル表示の料金をルピアで支払う場合は、両替レートを使って、ルピア計算をします。その時に使われる両替レートは、そのお店が独自に決めたレートを使います。
なぜ、独自に決めたレートを使うかというと、両替レートは日々変化しているため、いつの時点のレートを使うのかは、お店によって違うからです。また、両替レートはセルレートとバイレートがあり、どちらのレートを使うのかも、お店によって判断が変わってくるからです。
一般的に、お店の決めるレートは、両替商のレートより悪いです。
ただし、それほどレートに差はありませんので、わざわざ両替商でルピアをドルに両替して支払うことはありません。
ですので、手持ちの米ドルに余裕があれば米ドルで支払い、そうでないときはルピアや日本円で支払えばいいということです。


クレジットカードはルピア払い

スパやアクティビティの支払いをクレジットカードで行う方もいらっしゃいますが、このときも注意が必要です。
お店がカード会社に料金を請求する場合は、ルピアでないと決済ができません。そのため、たとえ代金が米ドル表示であっても、カードを使う場合は、ルピア金額に計算してカード処理をします。その際の計算レートはお店独自のレートを使います。


また、カード使用手数料を支払い金額に乗せるお店もあります。
現在、日本国内ではカード支払いをする場合の手数料(カード会社に支払うお金)は、お店側が負担することが多いです。しかし、バリ島ではその手数料を代金に上乗せすることガリますのでご了承ください。手数料は、代金の2-5%程度になります。もちろん、すべてお店が負担するところもあります。


細かいおつりは帰ってこない

インドネシアは日本ほど通貨が流通していません。特に、Rp1,000以下のコインは、あまり十分に市場に流通していないのです。
とはいえ、スパやアクティビティ、レストランなどの料金はほとんどがRp10,000単位以上に設定されていますから、コンビニやスーパーなどに行かない限り、あまりコインのお釣りを目にすることはないかもしれません。


スーパーやコンビニですが、商品の価格設定が細かいことがあります。
そのため、支払合計がRp35,250とか、Rp51,276とか、細かい数字になる時があります。
しかし、Rp100以下のお釣りは、まず帰ってこないと思っていいでしょう。私もバリ島に3年以上住んでいますが、Rp10コインを見たことがありません。ましてや、Rp1は発行されていないと思います。
だから、Rp100以下の端数のお釣りは、帰ってこないと思っていてください。


また、時にはRp500以下のお釣りも帰ってこなかったり、代わりにキャンディーや飴玉などを渡されることがあります。これも、細かいお金の流通が不十分な現地の人たちの流儀ですので、どうぞ怒らないでください。



以上、お金に関する注意点をざっと並べてみました。
お金に関するトラブルなど時々聞くことはありますが、こちらが十分注意していれば防げることも多いので、慣れない外国の通貨ですが、十分注意してバリ島旅行を楽しんでください。