読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

【速報】バリゴルフ&カントリーが12月中旬リニューアルオープン

バリ島Deゴルフ

ヌサドゥアにある、名門ゴルフコース・バリゴルフ&カントリークラブは、昨年2月からクローズの状態でしたが、いよいよ12月中旬に「バリ・ナショナル・ゴルフクラブ(Bali National Golf Club)として、リニューアルオープンします。(追記:12月中旬オープンの予定が伸びて2014年1月26日に正式オープンしました)
全18ホールのコースは、以前のレイアウトを活かしつつ、全コース改修され、全く新しいコースとなりました。
クラブハウスやレストランなどの付帯施設はまだ工事中ですが、コースはティーグラウンド、フェアウェイ、グリーンなどほとんどが完成し、すでにプレ・ラウンドができる状態です。
そこで、今回はバリ島旅行.comの藤太郎が、一足お先にラウンドをしてきましたので、新しいコースをご紹介いたします。


まず、ゴルフ場の場所ですが、ヌサドゥアのホテル街「BTDC」の南隣、ちょうどアヨディア・ホテルの横になります。
コースは大きく分けて3つのエリアから成り立っています。
No1〜9のOUTコースは、「アマヌサ・ヴィラ」の眼下に広がるエリア。
No10〜16のIN7コースは、ホテルエリア「BTDC」の西に広がるエリア。
そして、No17,18ホールとクラブハウスはアヨディア・ホテルの南側のエリアになります。
また、アヨディア・ホテル南側エリアには、現在ゴルフヴィラが建設されており、将来的には、大型リゾートホテルも計画されているという事です。


それでは、さっそくコースに出てみましょう。このコースのティーグランドは「ジュニア(黄色マーク)」「レディス(赤マーク)」「レギュラー(白マーク)」「バック(黒マーク)」の4つあり、今回は白マークのレギュラーティーを使用しました。距離はすべてヤード表示で、レギュラーティーからの距離になります。
OUTコース・2,891Y・パー35、INコース・3,032Y・パー37、トータル・5,923Y・パー72のコースです。



 ◆1番ホール 366ヤード・パー4
 右はOB、左はバンカーで、ねらい目は正面の一本木。
 砲台グリーンなので、セカンドの距離は要注意です。



 ◆2番ホール 304ヤード・パー4
 右ドッグレッグのホールです
 正面のバンカーに入れないように注意
 距離のないホールなので、ティーショットは方向性重視で



 ◆3番ホール 371ヤード・パー4
 打ち上げのパー4ホール、右はOB,左はバンカーです。
 ティーショットを右に落とせばセカンドはグリーンを狙えず、左を狙うとバンカー。
 戦略をしっかり立てて狙わないとパーセーブは難しいホール



 ◆4番ホール 137ヤード・パー3
 打ち上げのパー3。
 見た目と実際の距離に違和感を感じるホールです。
 近く見えても、表示距離を信じてティーショットを



 ◆5番ホール 376ヤード・パー4
 セカンドが打ち下ろしになるパー4のホール。
 右はOBで、ドローヒッター向けのホールです。
 セカンドは打ち下ろしで、グリーン左のバンカーは要注意



 ◆6番ホール 129ヤード・パー3
 打ち上げのショートホール。
 右側はOBで、ティーグランドとグリーンの高低差は見た目以上にあります。
 クラブを2番手は上げて打つとよいでしょう。



 ◆7番ホール 538ヤード・パー5
 打ち下ろしですが距離のあるロングホールです。
 ティーショット、セカンド、サードとも方向性重視で
 グリーン芝は海に向かって高速です。



 ◆8番ホール 329ヤード・パー4
 谷越えのミドルホールです。
 どうしても谷が気になりますが、距離はありませんので平常心で打ちましょう。



 ◆9番ホール 341ヤード・パー4
 池が美しいミドルホールです。
 フェアウェイ右側が池で、グリーンは砲台状です。
 セカンドの距離感が難しいと思います。



 ◆10番ホール 310ヤード・パー4
 バンカーが目に入ってしまうミドルホール
 バンカーが気になりますが、注意すればパーセーブは難しくないでしょう。



 ◆11番ホール 491ヤード・パー5
 ティーショットは豪快に打てるが、セカンドが難しいロングホールです。
 右に池、左にバンカーでフェアウェイは狭いです。
 セカンドをクリアできれば、パーセーブの確率も上がります。



 ◆12番ホール 156ヤード・パー3
 池越えのショートホール。
 グリーン手前のバンカーが効いています。
 風もあり、グリーンセンター狙いが鉄則です。



 ◆13番ホール 491ヤード・パー5
 左に巨大なバンカーが口を開けて待っているロングホール。
 セカンドは左のバンカーに、サードは左右のバンカーに注意です。



 ◆14番ホール 380ヤード・パー4
 パーセーブの難易度が高いミドルホールです。
 左の大きなバンカーを避け、右に打ち出すと、大きな木があるため
 セカンドショットは低い球を要求されます。



 ◆15番ホール 313ヤード・パー4
 短いミドルホールです。
 難易度もゴルフ場で最も低いのですが、グリーンが食わせ物。
 オンしても、こぼれる可能性のある砲台型グリーンです。



 ◆16番ホール 431ヤード・パー5
 それほど距離のないロングホール。
 しかし、左右にバンカーがあり、それがグリーンサイドまで続いています。
 距離よりも方向性重視のホールです。



 ◆17番ホール 130ヤード・パー3
 浮島のショートホール。
 まだ、池に水が入っていませんが、水が入ると実際より短く感じてしまいます。
 風もあり、グリーンも小さいので正確な距離感が要求されます。



 ◆18番ホール 330ヤード・パー4
 コース左サイドにずっと池が続くミドルホール
 右サイドはOBなので、距離よりも方向性が重要なホールです。


コースは以上ですが、工事中のクラブハウスなどもご紹介しましょう。



 こちらがクラブハウスです。
 外装はほぼ出来上がっており、現在は内装や外側の道路などの工事が続いています。




 エントランス部です。
 広いエントランスを入ると、すぐレセプションカウンターがあります。




 女性用ロッカールームです。
 男性用は、こちらの4倍以上の広さがあり、一日に120組のパーティーに対応できるそうです。


ざっと、新しいバリ・ナショナル・ゴルフクラブをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
グランドオープンは今年の12月中旬を目標にしています。
料金などは現在ゴルフ場と詰めておりますが、正式なオープン日程や料金が決まりましたら、こちらのブログや、サイトでご紹介します。
ぜひ、お待ちくださいませ〜