バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島到着後のオプショナルツアー予約について

バリ島に旅行に来られる観光客の皆様の旅行形態は大きく2つに分けることが出来ます。
一つは、パックツアー。これは、日本からの飛行機、宿泊ホテル、そしてバリ島滞在時のオプショナルツアーや食事まですべてがパックになったツアーで、お客様は旅行会社窓口でそのパックツアーを申し込むだけで手続き終了となります。
もう一つは、最近多い「個人旅行」や「自由旅行」というツアーで、飛行機のチケットとホテルだけ日本国内の旅行会社で予約してバリ島でのオプショナルツアーなどはすべて自分で手配するというパターンです。
この「個人旅行」は、自分で好きなオプショナルツアーを楽しめるという事と、うまく手配すれば安くなるという事で最近の旅行はほとんどがこのパターンだと思います。


さて、その個人旅行で悩まれるのがオプショナルツアーの予約手配です。
旅行代理店に相談したり、ガイドブックで調べたり、ネットで探したり、色々な方法でお得なオプショナルツアーを探されているかと思いますが、中には時間が無くて日本でオプショナルツアーを予約してこなかった、という方もいらっしゃると思います。


今回は、バリ島に到着した後、どうやってオプショナルツアーを予約するか、という話をしたいと思います。


バリ島でオプショナルツアーを予約する方法は、大きく分けて以下の5つになります。


1)フリーペーパーやパンフレット
空港やレストラン、ショッピングモールなど観光客が集まる場所にはオプショナルツアーのパンフレットやフリーペーパーが置いてあります。それを持ち帰り、オプショナルツアーを選びます。
パンフレットやフリーペーパーには申し込み連絡先が記載されていますので、そこに電話して申し込みをします。もちろん、電話対応は日本語ですので、英語やインドネシア語が分からないという方でも問題ありません。


2)ツアーデスク&ツーリストインフォメーション
大きなホテルのフロントにはツアーデスクと言ってオプショナルツアーを取り扱う専門窓口があります。また、クタやウブド、サヌールと言った観光客が多いエリアには、ツーリストインフォメーションという、街中のツアーデスクのようなお店があります。
これら、ツアーデスクやツーリストインフォメーションでオプショナルツアーを予約することが出来ます。
ただし、ツアーデスク、インフォメーションは白人観光客向けですので、英語対応の場所がほとんどです。また、日本人にはあまり向かないツアーもあるので、英会話に自信がない方や、あまり旅慣れていない方には、ちょっと敷居が高いかもしれません。
しかし、お得なツアーがあったり、急な予約にも対応出来たりと、利用価値は高いので、ぜひ一度トライしてみたいものです。


3)旅行会社窓口
観光客が多く集まるエリアにオフィスや窓口が置かれている日本の大手旅行会社やバリ島の日本人向け旅行会社があります。そのような旅行会社窓口に行けば、日本語ができる担当者がオプショナルツアーの紹介や予約を行ってくれます。


4)電話予約
たいていの旅行会社は、電話によるオプショナルツアーの予約が可能です。
日本を出る前に、旅行会社のバリ島事務所連絡先や、現地旅行会社の電話番号をメモっておけば、バリ島についてから急なオプショナルツアーの予約も電話で相談ができます。
バリ島旅行.comは、ウェブ専門の旅行代理店ですが、電話による急な依頼も受け付けております。
こちらのページに連絡先が載っていますので、バリ島旅行の際はちょっとメモって来てくださいね。


5)ネット予約
お泊りのホテルやレストランにネット環境があれば、バリ島の旅行会社のサイトにアクセスしてオプショナルツアーを選んだり、予約してみましょう。
バリ島旅行.comのサイトはこちらです。
ただし、急な予約や予約の変更などは、メールでは遅くなってしまうので、直接電話にてご連絡をお願いします。


最後に、一点ご注意をしたいと思います。
クタなど繁華街を歩いていると「何、探してるの?」とか「ガイドしようか?」とか声を掛けてくる自称ツアーガイドがいます。彼らは、オプショナルツアーの予約をしてあげるとか、安くてうまいスパを紹介してあげると、誘ってきますが、コミッションと言われる紹介料(手数料)目当てのモグリのガイドですので、相手にしないでください。
たいてい、料金やサービス内容でトラブル事が多いので、スパやオプショナルツアーの予約手配は、ちゃんと資格を持った旅行会社やガイドに依頼するよう、お願いします。