読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島ホテル選びはエリア選びが大切

バリ島観光豆知識

バリ島旅行を楽しいものにするには、ホテル選びは重要な項目です。
豪華なホテル、質素だけど清潔なホテル、街中にあるホテル、自然の中にあるホテル、バリ島にはいろいろなホテルがあって、どのホテルを選んだらいいのか、本当に困ってしまいます。


ホテル選びで重要な事は、ホテルの施設、サービス、スタッフの質、宿泊料金などがありますが、そのホテルの立地も重要なポイントです。
特にバリ島は狭い島ですが、エリアによって全く違う特色があるので、ホテルがどのエリアにあるのかという事がホテル選びの大変重要な要素になります。


今回のブログは、ホテル選びの参考にしていただけるよう、代表的なエリアの特色をご紹介していきたいと思います。


◆ヌサドゥア&タンジュンブノアエリア
ヌサドゥアエリアは、バリ島を代表するリゾートエリアで、Kawasan Wisata BTDC(以降、省略してBTDCと呼びます)と、タンジュンブノアエリアに分かれています。


BTDCエリアは、インドネシアを代表するリゾートエリアを作ろうというインドネシア政府の発案で作られたリゾートエリアで、エリア全体は壁で他の地区と区切られ、出入りするには3か所あるセキュリティーゲートのいずれかを通らなくてはいけません。そのため、エリア内には、宿泊客とホテル関係者しか立ち入ることが出来ず、物売りなどは一切おりません。大変セキュリティーが厳しい場所で2013年10月のAPEC首脳会議もこのBTDCエリアで行われました。
エリア内には、世界的にも有名なホテルが立ち並び、ビーチも白砂の人工プライベートビーチで、管理されたリゾートエリアとなっております。
ショッピングやグルメを望まれるお客様は、エリア内にあるバリコレクションというショッピングモールに行かれるといいでしょう。バリ島やインドネシアの民芸品、ブランド品を取り揃えたお店や、インドネシア料理を始めイタリアン、フレンチ、日本食など多種多様なレストランがそろっています。
こちらのエリアは、他のエリアとは隔離されたリゾートエリアとなっており、セキュリティもしっかりしていますので、初めてバリ島を訪れる方にはピッタリかと思います。ただ、観光やクタなどの繁華街に出るにはタクシーなどが必要となりますので、夜遊びや街歩きが好きな方にはちょっと向かないかもしれません。


タンジュンブノアエリアは、先ほどのBTDCエリアから北に延びるブノア半島に沿って広がるホテルエリアです。半島の東側はバリ海に面しており、綺麗な砂浜が続き高級ホテルが立ち並ぶエリアです。また、このビーチではマリンスポーツアクティビティが盛んにおこなわれています。西側はブノワ湾に面しマングローブの森が続いているため、大きなホテルはありません。メインの通り沿いには少しですがレストランやスパ、お土産屋が並んでいます。
BTDCエリア同様、繁華街に出るにはタクシーが必要なため、アクティブ派の方には向かないかもしれません。


◆ジンバランエリア
ジンバランエリアは、空港の南側、ジンバラン湾に沿って広がるエリアで、イカンバカール(シーフードBBQ)屋台が立ち並ぶジンバランビーチもあるエリアです。ジンバランビーチは西向きのビーチでインド洋に沈む美しいサンセットが見られるので、ビーチ沿いに大型高級ホテルやプライベートヴィラが数多く並んでおります。
ただし、ホテル周辺はローカルエリアが多く、ホテルから出ても観光客向けのレストランやショッピングモールはほとんどありません。グルメやスパ、ショッピングを楽しむには、ヌサドゥアエリア同様タクシーなどを使って移動することになります。


◆ウルワツエリア
ウルワツエリアは、切り立った断崖と深い森に囲まれたエリアで、その森の中や断崖絶壁の上に、ブランドホテルやヴィラが点在しております。また、小高い丘になっているので、景観が素晴らしく、周囲に住居や田畑もほとんどないため、プライベート感がたっぷりで、宿泊客には各国の政治家、企業のエグゼクティブ、芸能人など超VIPな方々が多く、たいていの方はホテルやヴィラに籠られて、日ごろの疲れをゆっくりとられています。
もちろん、ホテル周辺には何もないので、観光、ショッピング、グルメを楽しもうと思ったら、カーチャーターなどが必須となっております。


◆クタ・レギャンエリア
クタ、レギャンエリアは、バリ島一の繁華街で、安宿、大衆食堂、レストラン、お土産店、マッサージ店、ショッピングモールなど、ありとあらゆるものがそろっています。サーフィンで有名なクタビーチがあり、サーファーや若者、バックパッカーなどが集まるエリアで、クラブやディスコもあり、一日中遊ぶには最高の場所です。ただし、その分バリ島内で最も治安の悪い場所で、物取り、スリ、かっぱらい、売春婦、喧嘩などが多いエリアでもあります。
夜遊びやサーフィン、ショッピングなどを楽しむ若い方には良い場所ですが、ファミリーやシニア層には、おススメできません。宿泊施設の大半は、バンガローと呼ばれる安宿で、宿泊費は安いのですが、セキュリティーは甘いので、しっかりした自己管理が必要です。
旅慣れた方やバックパッカー、サーファーなど宿泊費を抑えてなるべく長期滞在したいという方にはいいのですが、バリ島ビギナーの方は避けたほうがいいでしょう。


◆スミニャック・クロボカンエリア
クタ、レギャンより北にあるスミニャック・クロボカンエリアは、オベロイ通りを中心に、ブティックやレストラン、バー、スパなどが立ち並び、オシャレな大人の街と言った雰囲気があります。
このエリアの宿泊施設は、大型リゾートホテルやプライベートヴィラが多く、宿泊費はクタ・レギャンエリアより高めですが、セキュリティーや施設もしっかりとしており、安心してバリ島のリゾートを楽しめる場所と言えるでしょう。
ショッピングやグルメ、お酒も楽しみたいけど、クタ、レギャンエリアはちょっと、という方におススメできるエリアです。


また、このエリアからさらに北西に行ったチャングーエリアは最近注目のエリアです。数年前まで田んぼや畑が広がっていたクロボカンエリアも、最近の好景気によりホテル・レストランが増えて、ちょっと騒がしくなってきました。そのため、もっと静かで素朴なエリアを求めて、チャングーエリアに移る旅行者が増えてきました。
繁華街にはちょっと遠いのですが、サーフィンに適したビーチもあり、安い宿泊施設もあるので、これから発展が期待できるエリアです。


◆サヌールエリア
デンパサールの東にビーチに沿って伸びるエリアがサヌールエリアです。
このエリアは、バリ島で最初に開発されたリゾートエリアで、東向きの遠浅のビーチが多くの白人観光客に好かれています。街の中心をとおるタンブリンガン通り沿いに、ホテルやレストランが並んでいますが、観光客向けの安いワルンやスーパーマーケットもあり、長期滞在するには良いエリアだと思います。
しかし、クタのような派手なディスコやレストランはなく、しっとりと落ち着いた感じのお店が多いので、若い方にはちょっとつまらなく感じるかもしれませんが、騒がしいのは苦手な方や、家族連れ、シニア層には人気のあるエリアです。
また、観光の中心ウブドエリアやバリ島東エリアへのアクセスも良いので、ビーチと観光両方楽しみたいという方に向いている場所とも言えるでしょう。
ホテルやレストランがちょっと老朽化してきており、バリハイアットのようにリノベーションが多くの場所で行われています。


◆ウブドエリア
バリ島の中部、芸術と文化の村ウブドは、日本人観光客に大変人気のあるエリアです。
昔のバリ島は、ウブドがあるギャニャールやクルンクンが政治・文化の中心だったため、ウブド近郊には歴史的な寺院や遺跡などが多く残り、また人気の観光スポットキンタマーニ高原までも短時間で行くことが出来ます。毎晩ウブドでは伝統舞踊公演が行われ、さらに昔から続く宗教行事もしっかりと行われています。
このような事から、バリ島の文化や歴史、伝統を見たい、感じたいという方は、こちらのウブドエリアに宿泊されるといいでしょう。


ウブドエリアは、大きく分けてセントラル(中心部)と郊外に分けられます。


ウブド王宮や市場、マンキーフォレストがあるウブド中心部には、多くのレストランや雑貨店、マッサージ店が立ち並び、ホテルも高級ホテルから、リーズナブルなロスメンまで多くのランクのホテルがあります。街自体はそれほど大きくないので、街歩きなどは徒歩で充分です。ただし、大形のショッピングモールやクラブ、ディスコなどはありませんから、ショッピングや夜遊びが好きな方には物足りないと思います。
もちろん、ビーチまで1時間以上かかるので、海好きの方はこのエリアは避けられた方がいいでしょう。


ウブド郊外エリアには、大形の高級ホテルやヴィラが多く建っています。たいていのホテル、ヴィラは美しい渓谷や手入れのされた棚田など素晴らしい景観が望める場所にあり、街までも遠いので、ゆったりとホテルステイを楽しまれるお客様が多いです。
ホテルの周囲にはレストランやショッピングスポットはありません。レストランやショッピングはウブドセントラルに行かなくてはいけませんが、たいていのホテル、ヴィラはセントラルまでのシャトルバスや送迎車を用意してあります。ただし、送迎スケジュールが決まっていたり、有料の場合もあるので、頻繁に街歩きをしたい方には、郊外エリアのホテル・ヴィラはおススメできません。


もともと、ウブドエリアというのは、王宮や市場があるウブド中心部だけを指していました。しかし、最近は郊外エリアのホテル、ヴィラも「ウブド」という名前を付けています。そのため、「ウブド」と名前がついていても、ウブド中心部まで車で30分以上かかるホテル、ヴィラもたくさんあります。どうぞ、ホテルをお選びになるときは、充分ご注意ください。