読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島のスパ・エステとは、なに?

バリ島Deスパ

バリ島と言えば、癒しの島。島内にはたくさんのスパ・エステ店があります。噂によると1,000店舗以上あるとか・・・
でも、バリ島ビギナーの方には「バリ島のスパ・エステってなに?」という疑問、あるんじゃないですか?
そこで、今回はバリ島のスパ・エステについて解説したいと思います。


日本でスパ、エステ、マッサージというと、どのようなイメージをもたれるでしょうか?


「スパ」は日本語で「温泉」という意味。温泉に浸かりながら、身体の悪いところを治療したり、日ごろの疲れを癒すというイメージをもたれると思います。
「エステ」というと、美容や痩身といったビューティー系の施術を思い浮かべるのでしょう。
「マッサージ」というと肩や腰の疲れやコリをほぐしたり、身体をもむことによって悪いところを治す治療的な施術でしょうか。


バリ島のスパ・エステは、お部屋が広くて、大きなお風呂があるゴージャスなお店もあれば、野趣たっぷりなお店もあります。また、お店のメニューも、治療的なマッサージもあれば、ビューティー系のトリートメントもあると、本当にバラエティーに富んでいますので一概には言えませんが、バリ島のスパ・エステとは”自然やお花などバリ島の特徴を活かして、日ごろの疲れやストレスなどを取り除く癒しの空間”と言えると思います。


バリ島のスパ・エステの特徴として、「バリ島の自然やお花などを活かして」としましたが、もう一つの特徴として「お手頃価格のスパが多い」という事です。バリ島のスパ・エステのような施設は、他の地域、タイやハワイなどにもありますが、それらに比べてバリ島のスパ・エステは大変リーズナブルです。その理由は、人件費が安いこと。
お手頃価格のスパが多いから、滞在中にいろんなお店に行ったり、気に行ったお店に何回も行けるのがうれしいポイントですね。


そして、もう一つの特徴が「マッサージメニューの種類が多い」ということもあります。もともと、バリ島には「バリニーズマッサージ」という治療マッサージがありましたが、現在のスパ・エステではタイマッサージや日本の指圧マッサージ、ヨーロッパのスエディッシュマッサージ、そしてハワイのロミロミ、インドのアーユルヴェーダなど、世界中のマッサージが受けられるのです。
この、マッサージの種類の多さも、「癒しの島バリ」を象徴しているのかと思います。



さて、バリ島のスパ・エステは、マッサージの種類が多い、と説明しましたが、スパ・エステ初心者の方は、いったいどんなマッサージを受けたらいいのかと、不安になると思います。
そこで、バリ島の代表的なマッサージをご紹介します。


◆バリニーズマッサージ

バリニーズマッサージは、バリ島に古来から伝わる伝統的マッサージです。特徴は、圧力を加えながら筋肉に沿って親指や手の平を滑らせていくマッサージです。指や手の滑りをよくするために、油(主にココナッツオイル)を使用するので、施術後は体にオイルが残ります。
本来のバリニーズマッサージは、かなり強い圧力をかけて行うマッサージですが、大変痛いので観光客、外国人向けのお店では圧力を弱めたマッサージとなっております。また、使用するオイルもココナッツオイルやアーモンドオイルなどにお花のエッセンスを混ぜたアロマオイルを使用する事もあります。


◆アロマテラピー・マッサージ
アロマテラピー・マッサージはヨーロッパで古くから親しまれているアロマテラピーを基にしたマッサージです。
アロマテラピーとは、お花やハーブから抽出したエッセンシャルオイル(精油)をココナッツオイルやオリーブオイルで希釈したアロマオイルを体に塗り、エッセンシャルオイルの有効成分を肌から浸透させ治療をしたり、オイルの香りで精神的な治療をする方法です。
オイルを体に塗ることが目的のマッサージですので、マッサージ自体にコリをほぐしたりする効果は期待できません。全体的にソフトなマッサージで、施術後はエッセンシャルオイルの有効成分を体に染み込ませるために2〜3時間はオイルを落とさない方が良いと言われています。


◆タイマッサージ

タイマッサージは、タイ王国に古来から伝わるマッサージ法で、オイルなどは使わず、センと呼ばれる経絡(ツボ)を押したり、アクロバティック的な方法で筋肉を伸ばしたりするマッサージ法です。オイルを使いませんので、マッサージの時に服を脱ぐ必要はなく(動きやすいパジャマのような専用着に着替えます)、またマッサージ後のシャワーの必要もないので、日本人男性に好まれるマッサージです。


◆ロミロミマッサージ
ハワイに昔から伝わるオイルマッサージ法で、肘や上腕部を使い、体重をかけて筋肉を伸ばしていくマッサージ方法です。
このマッサージも筋肉に沿って腕を滑らせていくのでココナッツオイルなどのオイルを使います。筋肉に圧力をかけるのが腕や肘ですので、バリニーズに比べ力はかかりますが、痛みは少ないマッサージ法と言えます。


◆フットマッサージ

足裏に無数にある全身のツボを刺激し、疲れやストレスを癒すマッサージです。足裏だけではなく、ふくらはぎやすねのマッサージも行い、足の疲れやむくみを解消します。木の棒を使ってツボ刺激をするお店もありますが、大半のお店では指や指の関節を使ってマッサージをします。
衣服を着たままのマッサージで、シャワーなどの必要もないので大変お手軽なマッサージで、マッサージ店の他にもショッピングモールや空港でも、フットマッサージの屋台が出ています。


◆ボディトリートメント(ボディスクラブ)
ボディトリートメントは、身体全身のお肌のスクラブ。お肌の角質や老廃物をスクラブで落し、肌をつやつやに若返らせます。
特に、お隣ジャワ島には古くから米粉やスパイスを使ったルルールというスクラブトリートメントが伝わっており、昔の宮廷の女官たちはルルールでお肌を磨いていたそうです。


◆アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる民間予防医学の事で、ハーブを使った薬学やヨガなどによる健康法があり、その中にマッサージもあります。
アーユルヴェーダのマッサージで有名なのは、ボディマッサージのアビアンガと、温めたオイルを額にたらすシロダーラでしょう。

シロダーラは、第三の眼とも言われる額に、温めたオイルをゆっくりと垂らしていくトリートメントで、脳のマッサージとも言われ、ストレスの解消、不眠対策、神経の鎮静化などに効果があると言われています。


◆クリームバス

クリームバスは、バリ島に伝わるヘアケアトリートメントです。栄養分がたっぷり詰まった専用のクリームを髪の毛に塗り、蒸タオルなどで蒸してクリームの成分を髪の毛に染み込ませます。ヘアウォッシュしたら、傷んでいた髪の毛が嘘のようによみがえります。
単に髪にクリームを塗るだけではなく、同時にスカルプマッサージやヘッドマッサージを行い、頭皮全体にも栄養を行きわたらせます。美しい黒髪が美人のバロメーターと言われるバリ島ならではのトリートメントです。


◆フェイシャル

女性だけではなく、最近は男性にも人気が出てきたのがフェイシャルです。エステというと、このフェイシャルを真っ先に思い浮かべる人も多いですね。
基本的に、肌のクレンジング、スクラブ、毛穴のクリーニング、マスクとモイスチャーというのが代表的なフェイシャルの流れになりますが、フェイスマッサージやヘッドマッサージなどを取り入れているお店も多くあります。
また、使用するマテリアルもローカルブランドの物から、フランス製やメジャーなブランドの物、あるいはオリジナルブランドやナチュラル製品、ホームメード製品などお店によっても様々です。


◆ネイルケア
日本のように、ジェルネイルなどはまだまだレベル不足ですが、バリ島に来たら一度はトライしてもらいたいのがネイルケアです。
特に、派手なベースカラーの上に、お花や星などを書き込むネイルアートは「いかにも南国のリゾート」という感じが出て楽しいと思います。


◆フラワーバス

日本の女性が一度はやってみたいというのがこちらのフラワーバス。
南国の花を一面に浮かべたお風呂に、ゆっくりつかるだけで、心から癒される〜、って感じですね。
ただ、どこのスパもこのフラワーバス単体で受けることはできません。マッサージなどとセットになったコースメニューの最後にフラワーバスでゆっくりとくつろぐというスタイルになります。


バリ島のスパ・エステで楽しめる代表的なマッサージやトリートメントなどをざっと紹介しました。
でも、バリ島では、もっともっとたくさんのトリートメントが楽しめるんです。バリ島のスパ・エステで心を癒し体を磨いてくださいね。


バリ島のスパ・エステの事なら>>バリ島旅行.comスパ・エステ