バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

大興奮!バリサファリのナイトサファリは、楽しいぞ

専用トラムで動物たちが生息するエリアを回るサファリ・ジャーニーで大人気のバリサファリ&マリンパークが昨年末よりナイトサファリを行っていると聞き、さっそく行ってきました〜。


ナイトサファリは6時から始まるという事なので、6時ちょっと前にバリサファリに到着。まずは、受付に行きます。

この写真は、昼間撮影したものですが、実際夕方6時ごろだと、他のお客さんはいません。
ナイトサファリツアーは18:30、19:00、19:30、20:00、20:30の5回行われるのですが、1回の定員が10名なので、受付で何時のツアーに参加するか尋ねられます。今回は一番早い6:30のツアーをお願いしました。


昼間なら、受付を済ませエントランスから入場してトラムでロビーバロンに移動するんですが、ナイトサファリは受付でちょっと待っていて、と言われました。待つことしばし、専用の車が受付にお迎えに来ました。この車に乗って、ナイトサファリのスタート地点である、サヴォ・レストランまで移動します。

車で5分、サヴォ・レストラン入り口ロビーに到着。昼間とは違って、ムーディーな雰囲気いっぱいですね。


ロビーでちょっと待っていると、おまたせしました〜!とサファリ専用車が到着しました。
いつものトラムかと思ったら・・・



ナイトサファリ専用車です。なんと〜お客さんが載るところは金網になっているんですよ〜



こんな感じで、立って乗車します。
う〜ん、これでサファリを回るんですね〜、ドキドキしてきました。
お客さん10人と、ガイドさん、そして他にスタッフが2名同乗します。


さぁ、いよいよナイトサファリツアーに出発です。昼間のツアーとは逆のコースでサファリを回っていきます。



最初に、ライオンゾーン。まだ夕方なんでオスライオンは寝ています・・・


でも、スタッフが袋からお肉を出したとたん

肉のにおいを嗅ぎ付けた雌ライオンが専用車に近寄ってきました。
このナイトサファリでは動物へのエサやりも体験できます。



次は、草食獣のゾーン。まずはシマウマさんです。えさのニンジンをあげましたよ



サイもいました。さすがに、エサやりはできませんでしたが、かなり近くまで寄ってきて、大迫力でした。



岩の上には、ヤギの仲間も・・・夕焼けに照らされてなんかかっこいいです



バリ島の水牛さんです。つぶらな瞳がかわいいですね



じゃぁ〜ん!
タイガーのエリアに入った途端、一頭のタイガーが専用車のゲージ(おり)の上に載って、お肉のおねだり。大迫力でお客さんたちは大興奮です。
こんな近くでタイガーを見られるなんて、めったにない事ですね。



最後は、象さんのゾーンです。象さんも、エサがもらえることを知っているので、車を見るとすぐに寄ってきます。



長い鼻をうまく使って、金網の間から差し出したニンジンを食べていました。
象さんのお鼻に触ったの、生まれて初めてです。


こうして、約20分のナイトサファリツアーは終了です。本当に、まじかに動物を見ることが出来たし、昼間は寝てばかりのライオンやタイガーも元気いっぱいで、すごく興奮してしまいました。


興奮のツアーが終了したら、お腹もペコペコ。
このナイトサファリには、ディナーもセットされています。



ディナーは、サヴォ・レストランの横にあるクチロ・バーベキュー・グリルで頂きます。



メニューはバーベキュービュッフェ。
アペタイザーの春巻きや焼売、スペアリブ、チキン、ビーフのグリル、そしてフレッシュサラダです。
食事が終わったら、また専用車でサファリパーク入り口まで送ってもらいます。
本当に、興奮できる楽しいツアーでした。


ここで、このナイトサファリ・アクセスのご案内
おなじみのバリサファリ&マリンパーク、無料シャトルですが、ナイトサファリ専用シャトルが出ています。
17:00 クタセンター出発
21:00 バリサファリ発クタセンター行
まだ、この1本だけですが、ご利用されるときは、ご予約時にシャトル利用と申しつけてくださいね。


このバリサファリ&マリンパークのナイトサファリ、これからきっと人気ツアーになると思いますよ〜


バリサファリ&マリンパークのご予約詳細は>>バリ島旅行.com・バリサファリ&マリンパーク