バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

GWK(ゲーウェーカー)に行ってきました

GWKとは、ジンバランにある、世界との文化交流をコンセプトに作られた、広大なテーマパークです。
正式な名前は「ガルーダ・ヴィシュヌ・クンチャナ・カルチュアルパーク」といい、その頭文字をとって「GWKカルチュアルパーク」と呼ばれています。「GWK」は「ジー・ダブル・ケー」ではなく、インドネシア語読みで「ゲー・ウェー・カー」と発音します。


GWKは、シーフードBBQで有名なジンバランビーチから、南に延びるJLウルワツを15分程度走った、高台にあります。ウルワツ寺院観光に行く途中に寄って行かれる方が多いそうです。

ウルワツ寺院に向かって左側にある、GWKの入り口。ここを入り、しばらく行くと料金ゲートがあります。駐車料金と入場料を払いチケットをもらいます。外国人は、大人一人Rp60,000でした



駐車場に車を置いて、ちょっと歩くと、公園の入り口が見えてきました。こちらのゲートで、チケットをチェックします。



中に入ると、さっそくお土産物屋さんや、ジュース、アイスを売るスタンドがあります。



子供たちがゾロゾロと出てくる場所があったので、なんだろう?と覗いてみたら



劇場でした。ここで、バロンダンスなどバリ島の伝統舞踊の公演などがあるそうです。でも、スケジュールも何も書いていない・・・



ミュージアムのようなところがあったので、入ってみると、絵画が展示してありました。



バロンダンスで使う、バロンなども展示してあります。
この日は、ジャワ島などからの観光客がたくさん来場していて、記念写真を撮りまくっていました。



観光地にありがちな、写真撮影風景。



ミュージアムをでて、こんな階段をしばらく上ると・・・



目に飛び込んできたのは、巨大なヴィシュヌ神の像です



ここも、撮影ポイント!周りの人と比べると、ヴィシュヌ神の像の大きさがよくわかりますね。



そして、振り返ると、この風景!
右側が、ヌサドゥア・ビーチ、左側がジンバランビーチになります。



ヴィシュヌ神を後に、歩くと!でた!ガルーダ像です



このガルーダ像も大きいですね〜


このGWKの「ガルーダ・ヴィシュヌ・クンチャナ」とは、日本語に訳すと「ガルーダに乗ったヴィシュヌ神」という意味。
つまり、本来は鳥獣ガルーダに乗ったヴィシュヌ神のこんな像になるはずなんです。

しかし、建設費用が足りなかったのか、大人の事情なのか、像はまだ完成していません。
でも、完成途中の像を観光スポットにするなんて、インドネシア恐るべし・・・



ガルーダ像の前は、こんなに広い広場になっています。
時々、ここでコンサートなんかも行われるんですよ。レディー・ガガも、ここでコンサートをすればよかったのに・・・


パークを一回りしたら、お昼過ぎ。おなかも減ったので、パーク内のレストランに入りました。

ジェンデラ・レストラン。ジェンデラとは、インドネシア語で「窓」という意味です。



こちらのレストランからも、素晴らしい眺望が望めます。
昼間もいいですが、夜となるとロマンティックな夜景が見れるそうですよ。



今回頂いたのは、こちらのハンバーガー。
ボリュームもたっぷりで、おいしゅうございました。


さて、このGWKですが大きな石像も見ものですが、やっぱり堪能していただきたいのは、パークから望むバリ島の風景です。南国特有の緑が多く原色の濃い風景をぜひご覧ください。