読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ペイントボールってスポーツ知っていますか?

ペイントボールってスポーツ、知っていますか?


(写真提供:ペイントボール・フィールド・SPLASH


ペイントボールとは、2チームに分かれて、水溶性ペイントが入った17mmのゼラチンボールを専用のエアガン(マーカーといいます)で打ち合いながら、フィールドの真ん中に置かれたフラッグを取り合うゲームです。


「ああ、サバイバルゲームね!」
なんて、思った方・・・違います!
ペイントボールは、ちゃんとした公式ルールに乗っ取り行われる、安全で楽しいスポーツです。


使われるペイントボールのサイズやマーカーの細かい使用、ルール、そして安全規格まで、きっちりと決められたスポーツなんです。

また、このペイントボール、日本ではまだまだ知られていないスポーツなんですが、世界的にはかなりはやっているスポーツで、ワールドカップや世界大会、アジア大会もあるんです。



(写真提供:ペイントボール・フィールド・SPLASH


簡単にゲームの内容を説明すると・・・


プレイヤーは、ここにある写真のように、ボールが当たっても痛くないよう、またペイントが付いてもいいように厚手の動きやすいユニフォームを着て、顔には透明なフェイスガードをつけます。
このように、しっかりと防備してあるので、まともにペイントボールが当たっても危険ではないのですね。


フィールドには、バルーンや古タイヤなど障害物が置かれ、フィールドの真ん中にフラッグが置かれます。
このフィールドのサイズや障害物の数、サイズなども、世界大会ではきっちり決められているそうです。


プレイヤーは2チームに別れ、開始の合図とともに、フィールドの両端から、フラッグを取りに走ります。
しかし、お互い手にしたマーカーからペイントボールを撃ち、このボールが当たったプレイヤーは、アウトとなりフィールドから出なくてはいけません。
ボールは、水溶性ペイントが入ったゼラチンカプセルですので、当たるとカプセルがはじけ、ペイントが付いてしまうので、当たった、当たっていないの判断が明確になっています。


また、ゲームにはちゃんとレフリー(審判)がいて、アウトの宣告やルール違反などをきっちりチェックしています。
勝敗は、フラッグを自陣に持ち帰るか、相手のプレイヤーをすべてアウトにしたら、勝ちというものです。


闇雲に、フラッグに向かって走るだけでは、勝てないゲームです。そんなことしたら、一発でアウトになってしまいます。いかに、自軍のアウトを減らし、ゲームに勝つか?攻撃と守備をどう割り振るか?など戦略が重要なポイントになるそうです。


フィールドを走り回りペイントボールを打つ爽快感と、チームプレーによる一体感、そして戦略性が、このスポーツの面白みだと思います。


写真提供:ペイントボール・フィールド・SPLASH


私の友人もこのペイントボールが大好きで、日本でペイントボールを楽しんでいるそうです。
友人に聞いたら、社員研修の一環としてペイントボールをやる企業さんもあるそうです。
日本でペイントボールを楽しむなら>>ペイントボール・フィールド・SPLASH


バリ島でペイントボールを楽しむなら>>ペイントボール・バリ


こんなペイントボールですが、バリ島でも楽しめちゃうんです。経験者はもちろん、未経験者もスタッフが一から遊び方を教えてくれます。
マーカーなどの用具のほかにも、ユニフォームや保護具までセットでレンタルもできるので、グループでバリ島に遊びに来たときなど、いちどチャレンジしてみてはいかがでしょうか。