バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島でワヤンさ〜ん、と叫んだら・・・

バリ島には、ワヤンと名乗る人がいっぱいいます。
空港に迎えに来たガイドさんがワヤンさん
ホテルの受け付けもワヤンさん
部屋に案内してくれたボーイ君もワヤンさん
レストランのウェイターもワヤンさん


なんて事、経験した方も多いんじゃないでしょうか?


でも、なんでバリ島にはワヤンさんが多いんでしょうか?
その秘密は、名前の付け方にあるのです。


バリ島で多い、名前の付け方は
I Wayan Saudana イ・ワヤン・サウダナ
と言った、付け方です。


最初の「I(イ)」と言うのは、男の子に付ける名前。
もし女の子でしたら「Ni(ニ)」となります。


次の「Wayan(ワヤン)」ですが、生まれてきた順番で決まる名前です。
その夫婦に生まれた、最初の子供には「Wayan(わやん)」か「Putu(ぷとぅ)」か「Gede(ぐで)」という名前が付けられます。
二番目の子供は「Kadek(かで)」か「Made(まで)」
三番目の子供は「Nyoman(にょまん)」か「Komang(こまん)」
四番目の子供は「Kutut(くとぅっ)」と言う名前が名づけられます。
なお、この名前に男女の別はなく、男でも、女でも最初に生まれたら「わやん」か「ぷとぅ」か「ぐで」になります。(「ぐで」は、主に男の子に付ける名前で、最初に生まれても女の子に「ぐで」は付けないそうです)
また、子供が5人以上いたら、どうなるかと言うと、また最初の「わやん」に戻って、名前を付けるのです。


最後の「Saudana(さうだな)」が、個人名になります。この個人名は神様の名前や、英雄の名前から取っている人が多いそうですが、私の知人は「クリントン」という名前です。
「クリントンって、なに?」って聞いたら「アメリカ大統領の名前から取った」と言われました。ってことは、そのうち「オバマ」って名前の子も出てくるかもしれませんね。


このような、名前の付け方は、ヒンドゥー教のカスト(身分階層)で、平民階層(スドラ階層)の付け方だそうです。他の階層になると、また違った名前の付け方になります。ですので、バリ島では、人の名前を聞けば、どの階層の人なのかわかります。
例えば、名前に「Ida Bagus(いだ ばぐす)」が付くと、僧侶階層(ブラフマ階層)の人と、分かるのです。


この平民階層は、バリ島の住民の90%に当たり、その中でも最初に生まれた子供には「わやん」を付ける人がほとんどですので、バリ島で「ワヤンさん」が沢山いると言う事になるのです。


ところで「あれ?名前の付け方は分かったけど、姓(ファミリーネーム)は?」と、思われた方もいると思いますが、実はバリ島だけでなく、インドネシアにはファミリーネームがないのです。


しかし、有名な方、王族、政治家などは、家族名を持っている事もあります。


例えば、「デビ夫人」。ご存知ですよね。
元日本人でインドネシアの元大統領、スカルノ氏の奥さんになられた方です。
彼女のインドネシア名は「Ratuna Sari Dewi Sukarno」
夫でもある「スカルノ氏(Sukarno)」の名前が入っています。ちなみにスカルノ氏は「Sukarno」だけでフルネームだそうです。


バリ島の名前に関する秘密がご理解いただけたと思いますが、ワヤンさんばかりだと、いろいろ大変だなぁ、と、思われるでしょう。
そうなんですよね、同じような名前ばかりだし、個人名は長かったり、難しかったりで・・・
そこで、バリ島の皆さんはニックネームを持っていて、普段はそのニックネームを使う事が多いです。
ニックネームも子供のころに付けられた「グンドゥール(坊主)」とか「ボチョール(おもらしくん)」という、情けないあだ名をずっと使っている人もいれば、自分でカッコいいニックネームを名乗っている人もいます。


こんな不思議なバリ島の名前ですが、こちらにもっと詳しく載っていますから、ご覧ください
>>バリ島の人名の不思議