読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ウパチャラ(Upacara)は続くよ・・・

11月に入り、一日に一回は雨が降るようになり、いよいよ雨季の到来を感じさせるウブドです。


10月の頭から、下宿先のイブ(お母さん)が、毎日忙しい、忙しいと言っていたのですが、その忙しさがピークに来ています。
普通、バリ島の各村にはシバ、プラフマ、ヴィシュヌをそれぞれ祀る3つのお寺があるのですが、なぜか、私の住むウブド・パダンテガルではこの3つのお寺のお祭りがこの時期順番に行われます。


まず、JL.ハヌマンにあるプラ・デサのお祭り。お祭り初日に私も参加したのですが、まぁ〜お祈りが長いっ!
お寺に行ったら、まだ儀式の最中と言うことで、約1時間待ち。その後、境内に入って、地面に座ってプンデター(お坊さん)のお祈りを見ているんですが、これも1時間〜1時間半まって、やっとみんなでスンバヤン(お祈りです)。
8時前にお寺に行って、帰ってきたら11時回っていました・・・
でも、このお寺のお祭り4日間続き、バッパ(お父さん)とイブは毎晩お祈りに行ってました。



それが終わったと思ったら、今度はモンキーフォレストにある、プラ・ダラムのお祭り。
このときは、ちょっと風邪をひいていたのでお祈りには行きませんでしたが、このお祭りも4日間続き、毎日バッパとイブはお祈りに。
ちなみに、最終日(土曜日でしたが)は、お寺の前の集会所で、バロンダンスの原型と言われている、チャロナラン劇の公演がありました。チャロナラン劇は以前見たことがあるんですが、これも夜9時から始まって、終わるのが2時過ぎ。しかも途中で帰るとと祟られるということなので、今回はパスしました。


もう、お寺のお祭りもないだろうと思っていたら、おとといからまた、家の近所のプラ・パンティーでお祭り。
これも、4日間続くそうです。しかも、家の近所なのでバッパは一週間も前から準備に駆り出され、大変です。
もちろん、毎晩お寺にお参りに行ってます。


さらにさらに、近所で結婚式が何件もあり、イブはお手伝いで飛び回っています。


バリの人って、お寺のお祭りや結婚式、お葬式といろいろな行事(ウパチャラ)があって、本当に大変ですね〜


なんて、のんきに思っていたら、私も大忙しになりました。


まず、オフィスのスタッフ(バリ人)の結婚式。
同じオフィスのスタッフですから、招待されたら行かなくっちゃと、バリ島の正装クパヤを着て、出席しました。


その結婚式の翌日、今度は友人(日本人の女の子)と、バリの男性の結婚式。それも、家からバイクで20分以上行ったちょっと田舎が会場。
仕事が終わって、ダッシュでお風呂と着替えをすませ、バイクにまたがり行ってきましたよ〜


やれやれ・・・とおもったら、今度はお世話になっている方が、急きょ結婚式を挙げるとのこと。
新郎は日本人、新婦はバリ人で、今度はサヌールで結婚式があると言うのです。さすがに、サヌールまでクパヤを着てバイクで行くわけにもいかないので、車で行くことにしました。


結婚式続きで疲れますけど、ご祝儀貧乏にもなりそうです・・・