読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島カレンダー2012年度版がきました

ウブドの日記

気が付くと、もう10月も終盤。あと、2か月で2012年ですね。
この時期になると、日本でもそうですが、来年度のカレンダーが出回り始めますね。
ここ、バリ島でも来年度のカレンダーが出始めました。
そして、先日「Bali Post」から2012年度の卓上カレンダーを頂きました〜



カレンダーを手にしたら、最初に行うのが休日の確認。


インドネシアは多民族、多宗教国家。
休日も、宗教関係のものが多いのです。


例えば、新年。
西暦では、新年は1月1日なんですが、インドネシアではこの日以外にも「中華暦の新年」「サカ暦(バリ・ヒンドゥーの暦)の新年・ニュピ」「イスラム教の新年」と全部で4つもあり、それらすべて休日になります。


他にも「仏教大祭」「モハメッド生誕祭」「キリスト受難祭」など、宗教関係の休日が沢山あります。宗教に関係ない休日と言ったら8月17日の独立記念日くらいでしょうか?


さらに「政令指定休日」という「え〜、まだ休むの〜?」なんて休日もあります。


しかも、これら宗教関係の祝日は、各々宗教ごとの暦(イスラム暦とか、中華暦など)で決まるので、実際にカレンダーを見るまでは、いつ休みになるのか、よくわかりません。



しかもしかも・・・
今まで紹介したのは、インドネシア共和国全体の休日。
これとは別に各州ごとに休日があります。
これも、ほとんどが宗教がらみ。


バリ島では「ガルンガン」「クニンガン」「サラスワティ」などバリヒンドゥーのお祭りの日が休日になります。


数えてみたら、年間30日も祝日がありました。
もちろん、ホテルやレストランなど観光関連施設には、お休みはありませんが、学校や官公庁がお休みになるので、郵便を出したいとか、観光ビザを延長したい〜なんて時は要注意ですね。


で、2012年度の休日ですが、こちらのページにまとめました。バリ島旅行を計画したら、一度こちらのページでバリ島の休日を確認してみてくださいね。
>>バリ島カレンダー