バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島で地震!びっくりしました

もう、報道でご存知かと思いますが、昨日(10月13日)午前、バリ島で地震が発生しました。


報道によりますと、発生時刻は中部インドネシア時間11時16分頃、震源地はヌサドゥアの南西143km、深さ10kmの地点でマグニチュード6.8ということです。


地震発生の時、私は2階建てのオフィスの2階にいました。最初はちいさな振動が5〜10秒くらい続き、次いでそこそこ大きな揺れが3〜5秒くらいありました。


後で、ネットを見ると
「バリ島で大地震」
「住民はパニック」
「ホテルから宿泊客が飛び出してきた」
と、すごい文字が躍っていますが、地震大国日本に暮らしていた日本人、とくに3.11大震災を経験した人たちは
「このくらいの揺れで、なに驚いているの?」
ってくらいの揺れでした。
多分ウブドで震度2〜3くらいですね。


そうはいっても、めったに地震がないバリ島のことですから、オフィスのおばちゃんたちや近所の人たちは、すぐに表に飛び出してみんな「ヒドゥップ・ヒドゥップ」と言っていました。
ヒドゥップとは「生きる、生きている」といった意味で、地震が来るとなぜかみなさん、この言葉を口にします。


また、20年もウブドに住んでいる在住者の方は「ココに住んで、これほどまでに大きな地震は初めて」と言っていました。それほどまでに、地震が少ないバリ島なんですね。


その後、バリ島各地の被害がTwitterなどで分かってきました。


ウブドエリアでは、中学校の瓦が落ちて、人が怪我をしたそうです。
ジュンジュンガンにある、建設中のヴィラでは、瓦が落ちたり、仮設の壁が倒れたりしたそうです。


南部エリアの方が被害が多く、サンセットロードのカルフールは、外壁の一部がはがれて落ちたそうです。
デンパサールのカシイブ病院では瓦が落ちたそうです。
ングラライ空港でも天井の一部が落ちて来たそうです。
けがをされた方も60名以上と言うことです。


地震大国日本に住む私たちにとっては、そんな驚くべき程の大きさの地震ではなかったのですが、地震が少ない場所ですから、建物は弱くちょっとしたことでも、壁が割れたり瓦が落ちてきたりします。今オフィスの前では新築工事が行われていますが、確かに弱そうな作りです。
また、地震になれていない地域の人ですから、パニックにもなったんでしょうね。


と言うわけで、皆様にはご心配をお掛けしましたが、それほど大きな被害もありませんでしたから、ご安心くださいね〜